« 平山郁夫先生のご冥福をお祈り申し上げます | トップページ | オープンスカイ・日米航空自由化協定で、全日空は日米路線へ大胆に切り込む »

2009/12/03

民主党の応援メディア "日刊ゲンダイ" が、「ハトヤマの閣僚」批判を展開中!

ヘェ~?!
そうですか?
不思議ですねぇ~?!
「日刊ゲンダイ」は民主党の大衆向けの機関紙じゃぁなかったっけ?
そこで「ハトヤマの閣僚が批判されちゃぁ、オシマイだよねぇ?!」。
しかも、批判内容というかポイントが、どこかのブログやコラムと同じスジってぇのはねぇ?!
っぇて事は、日刊ゲンダイも同じスジってこったなぁ~?
少しは、進歩が見えますねぇ~!拍手、拍手!パチ・パチ・パチ!

とにかく、モォロク・フ~ジィジィについては全く同じ見解だよ。
コイツの批判てぇいうか、扱き下ろしについちゃぁ、一緒にやろうぜぇ!

ヒラメ・ヒラァ~ノは、最初からこの程度のヤロウだ!
だから、ポッポ・トリガラはダメなんだよ!

経済政策無能の、モォロク・フ~ジィジィ、イッカン・ナットォ、ナオシマ・ハタラメイワクなんてぇのは、全部まとめてクビだぁ~!

いま、何かの勘違いで勝ち誇っているエダノ・コブタも、
脳天気ネェの蓮舫は腰でも振ってろぉ~!クビだぁ!
(バッカ丸出しの脳天気なアッホォ~ヅラは見たくもネェよぉ!)

日刊ゲンダイも、多少は、分かってきたのかな?
一応、この進歩は認めてやろうじゃネェか。

ポッポ・トリガラは、母親に、オネダリして「母親の財布で『日本国内閣総理大臣』の椅子」を買って貰ったワケで、その絡繰りもバレちゃった。
まとわりついた腰巾着ドモは無能のテイタラクだ。頼みの(バカ)世論は、まだ高支持率を見せているけれど、所詮は「ポピュリズム(大衆迎合)」なんだから、ドバイの積み木と一緒で「砂上の楼閣」に過ぎないワ!

このままじゃ、ホントに日本を売国してしまうから、一日も早く、政権を投げ出し「亡命する」なり、ナンなりして日本から消えて貰いたい。
どうしてこさえたのか知らないけれど、「オジェジェ」は腐るほどあるんでしょ!
だったら、早く、どこか他の国へ行くなり、宇宙へ帰るなりして貰いたいねぇ~。

あぁ、この際、歳末の事だから、窮極の闇将軍トツベン・オザワもセットでねぇ~!
頼みますよぉ~!お願いだからねぇ~!

市井の市民も、愚者愚者珍民も、そろそろ「夏の昼寝」から目覚めた方がよいですよ!
だって、間もなく冬が来ようとしてんだからねぇ~!
このままでは、凍死しちゃいますよぉ~!

引用開始→ 歳出削減と増税だけの財務大臣なんて不要だ
(2009年12月03日10時00分 / 提供:ゲンダイネット)

ここは内閣改造に踏み切るときだ。鳩山政権には非力な大臣が多すぎる。だからモタモタしていて景気対策ひとつ打てない。内閣発足から2カ月経ち、大臣たちの能力とヤル気は見えてきた。大臣の仕分け作業こそ必要だ。

不要大臣の筆頭は、大型景気対策をジャマしている藤井財務相だろう。政権を取るまでは「マニフェスト実現の財源なんていくらでもあるんです」なんてテレビで調子よく語っていた。大蔵官僚出身だから“知恵”と“秘策”があるんだろうと期待され、念願の財務大臣を射止めた。だが、就任以来、口を出すのは概算要求を削ることばかりで、自分から埋蔵金を探し出すこともしない。大口たたきだったということだ。

「大蔵官僚は、歳出削減と増税しか頭にない。藤井さんの体にもそれが染み付いている。財務省解体とか脱官僚依存を藤井さんに期待したことが間違いなのです」(エコノミスト・紺谷典子氏)

藤井財務相では、大型補正や緊急景気対策なんて永久に出てこない。鳩山首相は藤井の経験を買って、引退を撤回させてカムバック起用したが、こんなモーロク元官僚はもう限界だ。

事業仕分けでなかなかの手腕を見せた枝野議員とでも交代させた方がいい。

●挙党一致の強力内閣改造を急げ

平野官房長官もただちにクビにしないとダメだ。内閣の要、首相の女房役なのに、何の仕事もしていない。普天間基地移転なんて、本来は官房長官が調整するものなのに、毎日の会見では他人事のようなコメントを吐き続けている。官房機密費の公開問題でも逃げ回り、改革の意気込みもない。

「鳩山総理が平野を重宝がって側近にしているのは、党内屈指の情報通であり、“趣味は鳩山”を公言しているからです。しかし、情報通といっても、出身の労組が集めた情報が上がってくる程度のもの。また鳩山献金疑惑では“私が鳩山を守る。大丈夫だ”と言っていたのに、火消しの先手を打てず、総理を火ダルマにしてしまった。最近は官邸内の事務方にもソッポを向かれ、孤立していますよ」(民主党関係者)

せいぜい小役人の器なのだ。それなら、押しが強くて官僚とのケンカの仕方も知っている菅直人・国家戦略担当相を官房長官兼務にして、鳩山首相を補佐させた方がいい。

大体、小沢幹事長や菅国家戦略相とロクに相談もしないで鳩山首相は財務相や官房長官を決めたが、それが失敗だったのだ。「党は小沢さん、内閣は私が」なんて言っていないで、もう限界が見えてきたんだから、小沢に副総理で入閣してもらって、一致団結、強力で迫力ある仕事師内閣に改造しないと、このモタつきは解消できない。

この調子では、満足な子ども手当支給や高速道路無料化にだって、民主党はたどり着けない。一般予算と特別予算の一体化なんて夢の夢。官僚と大不況に足を引っ張られて、沈没していく可能性の方が高い。それでは国民が困るのだ。←引用終わり
(日刊ゲンダイ2009年11月30日掲載)
Copyright (C) 2009 Nikkan Gendai. All rights reserved.

|

« 平山郁夫先生のご冥福をお祈り申し上げます | トップページ | オープンスカイ・日米航空自由化協定で、全日空は日米路線へ大胆に切り込む »

コメント

大不況に足を引っ張られて、民主党は沈没していく可能性が高い。それは国民が望むところだ。

投稿: 馬鹿きっこまるこ姫 | 2009/12/03 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 平山郁夫先生のご冥福をお祈り申し上げます | トップページ | オープンスカイ・日米航空自由化協定で、全日空は日米路線へ大胆に切り込む »