« 民主党の応援メディア "日刊ゲンダイ" が、「ハトヤマの閣僚」批判を展開中! | トップページ | 普天間基地移転、鳩山の政治決断は「日米同盟」よりも「社民党」を選ぶ!? »

2009/12/04

オープンスカイ・日米航空自由化協定で、全日空は日米路線へ大胆に切り込む

ついにくるべき時がきた、ついにくるべきモノがきた。
ギリギリでもナンとか元気な「全日空」は、スターアライアンスの主力メンバー、ユナイテッドおよび、その配下同然のコンチネンタルを含め、日米路線(太平洋線)の航空旅客事業部門を統合し運航するという。

ホォ~!ヤルねぇ~!
予想し続けたとはいえ、とうとう、その時期がきたってワケだ。

強力メンバーが運航統合すると、更に路線競争力は強くなるだろうし、それにより運航体制を合理化できるから、収益の低下を防ぐ事ができるだろう。
侮れない事になるだろうなぁ~。

まずは、利便性が高まる事は、利用者として大賛成だ。
実際の中身を見た上で、利用するかどうかを判断したい。
機材繰りで、全日空機材なら最良だが、コンチネンタル機材ならご免被りたいと考える。ユナイテッド機材でも機材繰りによるよねぇ~。

例え、経営面で苦労していても、太平洋線のJAL機材は満足できる。
全日空の機材は更に満足度が高い。

やはり、結果的には、全日空機材を探して利用する事になるのかな?
それなら、いまと同じって事かな。

引用開始→ 全日空・ユナイテッド・コンチネンタル、日米航空路線3社統合
(日経NET 2009/12/03. 16:00)

全日本空輸と米航空大手のユナイテッド航空、コンチネンタル航空の3社は、日米間の旅客航空事業を事実上統合する方針を固めた。同じ航空連合に所属する3社は路線や便数を効率的に割り当てたり、営業や空港窓口業務などを集約したりして、収入増とコスト減を狙う。日米政府が来週にも合意する見通しの航空自由化(オープンスカイ)協定をにらみ、航空会社の合従連衡が本格化してきた。

3社はオープンスカイ協定の締結合意後、今月末にも米国運輸省と日本の国土交通省に独占禁止法の適用免除を申請する方針。日米当局は約半年の審査の後、協定が発効する2010年10月にも申請を認可するとみられ、同時に3社は一体運営に乗り出す。←引用終わり
Copyright 2009 Nikkei Inc. / Nikkei Digital Media, Inc. All rights reserved.

|

« 民主党の応援メディア "日刊ゲンダイ" が、「ハトヤマの閣僚」批判を展開中! | トップページ | 普天間基地移転、鳩山の政治決断は「日米同盟」よりも「社民党」を選ぶ!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党の応援メディア "日刊ゲンダイ" が、「ハトヤマの閣僚」批判を展開中! | トップページ | 普天間基地移転、鳩山の政治決断は「日米同盟」よりも「社民党」を選ぶ!? »