« 2011年の党大会に向け「ベトナム共産党・中央委員会」総会(次期指導部人事)が始まる | トップページ | グーグルVS中国ではないが、民主党の言論封殺も凄いモンだねぇ?! »

2010/03/24

中国政府(中国共産党)VSグーグル(米国政府)の「検閲は当然」VS「表現の自由」戦争は、とりあえずグーグルの中国撤退という事に!

グーグルも、「ストリートビュー」なんぞについては、少々腹立たしい事もあるが、「検索エンジン」の能力については秀逸である。
それが、中国の(悪徳)政治には、真に都合の悪い事情へ発展する事に相成る訳で、ウソで塗り固め、中国共産党が、都合良く人民を抑圧するために考え出した「人民共和国」のウソが、グーグルの検索エンジンで一発解明されると、政権の正当性が問われるワケだから、絶対に「自由な検索」はさせないと、勢い「怒り肩」になるワケだ。

まぁ、食傷気味のネタだけど、ネットユーザーとしては採り上げないワケにはいかない!

まぁ、早い話が、人民解放軍が「自由を求める人民」を戦車で踏みつぶした「天安門事件」の映像を始め、真実が暴露されると「中国共産党」が一党支配する「中華饅頭低国」が敢えなく崩壊する危険性を孕んでいるから、ウソが暴露される事を避ける必要がある。

チベットでのウソもバレる!
ウイグルでのウソもバレる!
内モンゴル自治区でのウソもバレる!
その他、イロイロな悪事がバレる!

という事で、「自由な検索」で「答え一発!それはグーグル!」なんて事は、余計なお世話ってワケで、真っ平ゴメン之助って事だ。

これは、一説によると「米国政府」と「中国共産党」の代理戦争だったって悪いウワサも乱れ飛んでいる。

でぇ、グーグルは、とりあえず中国に見切りをつけ撤退する途を選んだってワケ!

今後の延長戦を見守りたい。
「中華饅頭低国」の程度は、文字どおり、この「低度」って事が、世界に知れ渡ったって事で、グーグルを中国から追い落としてみたモノの、「中華饅頭低国」は、世界の笑いモノになれば良いのである。

引用開始→ グーグル、中国本土での検索撤退 自己検閲の継続を拒否
(asahi.com 2010年3月23日18時17分)

【ニューヨーク=丸石伸一】米インターネット検索最大手のグーグルは22日、中国本土でのネット検索サービスを同日から停止したと発表した。検索を制限する検閲の撤廃を中国政府が認めないことがはっきりしたため、中国本土では検索事業からの「撤退」を決めたという。

表現の自由が制限されていることを理由に、中国外の大手企業が中国での事業を閉鎖するのは極めて異例。この問題では米政府も中国政府を批判しており、米中間の摩擦がさらに強まる可能性がある。

グーグルによると、同社は22日、中国当局が望まない検索結果の表示を自主的に削除する「自己検閲」をかけていた中国版の検索サービスを停止。中国版のサイト「Google.cn」にアクセスしようとすると、香港版の「Google.com.hk」に自動的に転送されるようにした。香港版は、グーグルが香港にあるサーバーを使って運営しているサイトで、中国語の画面が表示され、自己検閲なしに検索できるようにした、としている。

23日夜の時点で、北京から香港版への接続は不安定で、検索結果が出る前につながらなくなる場合もある。また「天安門」が検索できた場合には、1989年の天安門事件に関するサイトも検索結果リストには表示されるが、サイト本体を見ようとしても多くがつながらない。中国当局が接続を遮っている可能性がある。

今回の措置について、グーグルは22日の声明で「合法的であり、中国の人々が情報にアクセスする機会を増やすものだ」と説明。「中国政府が我々の決定を尊重することを望む」としている。一方で、香港版への中国本土からのアクセスについて「いつでも妨げることができることは十分承知している」とし、中国政府が今後、香港版を中国本土では見られないようにする可能性を示唆した。

グーグルは今年1月、中国版の検索サイトへのサイバー攻撃が激しくなっていることや、検閲が続いていることを理由に、中国版検索サイトや中国の現地法人を閉鎖する可能性があると発表。人権関連サイトの表示をしないようにするなどの自己検閲を中国側の要請で実施し続けることは、これ以上受け入れられないとして、中国政府の対応の見直しを求めていた。

だが、グーグルによると、自己検閲の撤廃について、中国政府が「交渉の余地のない法的な要件であることを非常に明確にした」ため、中国本土で検閲なしの検索サービスを提供することを断念せざるをえなくなったという。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 2011年の党大会に向け「ベトナム共産党・中央委員会」総会(次期指導部人事)が始まる | トップページ | グーグルVS中国ではないが、民主党の言論封殺も凄いモンだねぇ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年の党大会に向け「ベトナム共産党・中央委員会」総会(次期指導部人事)が始まる | トップページ | グーグルVS中国ではないが、民主党の言論封殺も凄いモンだねぇ?! »