« 「H&M大阪・戎橋店」開店かどうか知らねぇが、デカイ態度さらすんじゃねぇヨ! | トップページ | 鳩山内閣の支持率36%(共同通信)になり、迷走する「普天間基地」移設で北澤防相、自民党に助け船を求め! »

2010/03/07

与謝野馨・元財務大臣が自民党・谷垣総裁に辞任要求!心から賛意を送る

残念ながら厳しい意見で申し訳ないが、谷垣氏では、いまの状況を打破できない。つまり自民党を力強く再生できるとは思えない。

ひ弱だし、可愛すぎる。

何よりも「迫力不足」だ!

森喜朗、古賀誠、青木幹男のように腹に一物あるオ・オ・モ・ノ・ギ・イ・ンには、実に手綱のさばき具合がよろしいのだろうけれど、それでは体質転換も政策転換もできない。
これらのオヤジドモはそれをしたくないから谷垣禎一を総裁選挙で押したのだ。
谷垣禎一と河野太郎の一騎打ちになれば、キワモノ河野が自民党総裁に選出されかねない。そこで泡沫候補を承知で西村康稔を引っ張り出し若手の期待と売り出し、キワモノ河野の集票を分断したワケだ。

でぇ、与謝野馨、桝添要一が次の総裁候補と目されるワケで、その二人が公然と谷垣の辞任を要求する一方では「新党」というウワサが流される状況にある。

旧弊な自民党の自民党的思考によると、
「与謝野馨も桝添要一も、昨秋の総裁選挙には立候補しなかったじゃないか、そのくせ、今の時点で『谷垣』批判をできるのか」という事らしい。

考えても見よ、与謝野馨も桝添要一も、麻生太郎を支える内閣の一員だったじゃないか。
麻生の内閣が掲げた政策が一定程度「否定」されたワケだから、その内閣の一員が麻生の後釜を選ぶ自民党の総裁選挙に手を挙げる事は慎むべきは当然だろう。

それもあり基本的には、谷垣支持へ舵を切り「キワモノ河野」の選出を阻止できたじゃないか。
しかし、半年後、民主党らの内閣が、ここまで体たらくでスキャンダルを抱え、国の根幹を揺るがし続けているにも関わらずである、自民党総裁が日曜日に自慢の自転車でサイクリング中に多摩川の土手で転び顔面に傷を負った事が話題に上るだけでは話にならない。
何よりも、国会で「党首討論」をと言いながら、党首討論になっていない、資料不足や論理展開力の弱さ、「迫力不足」でハトヤマを追い込めないのだから、国民のフラストレーションは溜まる一方だ。

ハトヤマとオザワによる「タイムリーエラー」につけ込めない。
しかも、国の根幹を揺るがすテーマに対し、いたずらに手を拱いているだけでは、最大野党のリーダーに相応しいとは言えない。
とにかく政策を論争する以前のリーダーシップが欠けている。
だから、辞任せよ! という論理である。

この状態では、参議院通常選挙は戦えない。
戦えなければ、勝利はない。
勝利がなければ、明日もないし未来はない!

引用開始→ 与謝野氏の辞任要求、「谷垣降ろし」誘発も
(2010年3月7日10時01分  読売新聞)

自民党の与謝野馨・元財務相が月刊誌への寄稿で、谷垣総裁の辞任を求める考えを明確にした。

同党では、今月に入って舛添要一・前厚生労働相も谷垣氏の辞任に言及している。「ポスト谷垣」に名前が挙がるような大物議員からの相次ぐ批判で、党内にくすぶっている谷垣執行部への不満が、具体的な動きになる事態も出てきそうだ。

与謝野氏は6日、都内で記者団に、「普段なら内閣が倒れるような(政治とカネの)事件が起きているにもかかわらず、自民党の評価が高まっていないことには、深い反省、思いを抱かないといけない」と執行部を批判した。ただ、執行部交代を求めたり、新党を結成したりする可能性については、「慌てる話ではない。そんなところまで一足飛びに話が行くわけではない」と述べるにとどめた。

与謝野氏の執行部批判は、「政治とカネ」に絡む多くの攻撃材料を生かせず、参院選を控えて反転攻勢のきっかけをつかめない谷垣執行部への党内の不満を代弁したものだ。与謝野氏は2月12日の衆院予算委員会で、首相を「平成の脱税王」と称し、激しく辞任を迫った。ところが、5日後の党首討論で谷垣氏の追及は中途半端に終わり、党内では失望が広がった。与謝野氏は6日も記者団に、「谷垣氏に物足りなさを感じたか」と聞かれ、「それはみんな持っているのではないか」と述べた。

舛添氏は1日の講演で、「民主党の支持率は自民党の2倍で、致命的だ。この点を党内の良識派が考慮すれば、谷垣総裁を降ろす方向に動くだろう」と語った。党内には、先に衆院でとった審議拒否戦術への反発も強い。こうした「反執行部勢力」が足並みをそろえれば、谷垣体制の足元は大きく揺らぎかねない。

ただ、審議拒否戦術の失敗を理由に大島幹事長らの刷新を主張している河野太郎国際局長は6日付のブログで、「(谷垣氏が選出された)去年の総裁選に名乗りも上げようとしなかった人が、いきなり総裁に辞めろというのを聞くと、違和感がある」と与謝野氏を批判し、「総裁の進退をうんぬんするよりも、総裁に党内の体制を一新するよう求める」などと訴えた。

谷垣氏は6日、長崎市内で記者会見し、執行部批判に対し、「党内で議論していないことを外に向かって言うのは好ましくない」と不快感を表明した。同時に、「中で議論して、風通しを良くすることに尽きる」と語り、今後は対話を重視する考えを示した。

党内には「少なくとも夏の参院選が終わったところで執行部刷新だ。そうでなければ党が分裂するかもしれない」という声も出ている。谷垣氏にとっては、苦しい党運営が続きそうだ。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 「H&M大阪・戎橋店」開店かどうか知らねぇが、デカイ態度さらすんじゃねぇヨ! | トップページ | 鳩山内閣の支持率36%(共同通信)になり、迷走する「普天間基地」移設で北澤防相、自民党に助け船を求め! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「H&M大阪・戎橋店」開店かどうか知らねぇが、デカイ態度さらすんじゃねぇヨ! | トップページ | 鳩山内閣の支持率36%(共同通信)になり、迷走する「普天間基地」移設で北澤防相、自民党に助け船を求め! »