« 民主党支持(アホ~)団体の会議に招かれ「高速道路料金値上げ反対」を聞かされた! | トップページ | タイの混乱(ほぼ市民の内戦)を、これ以上望まない! »

2010/04/26

本当に、沖縄県民を心底から怒らせてしまった! 普天間も辺野古もナイぞ!

能無しポッポ・トリガラ・ハトヤマ、無責任トツベン・オザワ、茶瓶の蓋でオムライスを喰うアンポンタン・ミズホ、酔っぱらいアカラ・シモジモ、官ボォ~とヒラメノ・ヒラノ、よくもまぁ、これだけアホォ~やら無能なヤツラを集めたモノだねぇ~!
改めて、オドロキ・モモノキ・サンショノキだワ!

いよいよ決定的に袋小路っていうか、デッドロック状態っていうか、朝鮮半島(有事)がいまそこに迫りつつある時に、その認識を欠いたまま、アホらしくなります。国を憂います。

誰だって、自ら進んで米軍基地を引き受けようというワケじゃない。
普天間基地は、確かに、市街地の真ん中を占有しているから手に負えないのは事実だ。
その移転候補地探しは、難産が打ち続いたワケである。
仕方無く、「キャンプシュワブ基地」へ移転収容する事で合意したワケだ。

ここへ、沖縄の地元利権を主張する勢力が現れ、辺野古沖の浅瀬を埋立る方法に異議を唱え、V字型海上案が真淑やかに合意された。これを演出したのは防衛省の天皇と呼ばれ、いまは塀の中に居住する守屋武昌事務次官(当時)である。

それに呼応する形で「辺野古移転反対」「ジュゴンの海を守れ」の大合唱が起きる。
ハトヤマが言うところの「あなた方は、杭一本打てなかったじゃないか」状態に陥った。

ところが、この過程で小澤一郎は辺野古に隣接する土地を、政治資金やら何やら総動員して5000坪だかナンだか買い占めていたって事も暴露されちゃった。

胡散臭いなぁ~!

辺野古を抱える名護市は、受け入れ反対の声が強まる中で、懸命に市政を動かし、ナンとか辺野古(キャンプシュワブ)へ受け入れ、普天間の負担を減じようと藻掻いてきた。

でぇ、昨夏の衆議院選挙で宇宙からのお告げがあったのか、金星からの使者が届いたのか、ポッポ・トリガラのミンチトォは勝ってしまった。

ポッポト・リガラは、宇宙に目を游がせ「普天間の辺野古移転」を白紙に戻すと政権公約でも述べたからと公言してしまった。
多分、この時点では、テキトォーにうっちゃっとけばと考えていたのかも知れない。
だから「トラスト・ミー」なんだ?!

でも、選挙では負けたくせにアンポンタン・ミズホはオムライスを喰いながら、舌足らずのまま「サイテェ~でも県外、できれば国外」へ移転する事を求める。
などと、軍事的無知をさらけ出す。
これも選挙で負けたくせにコクチントォのアカラ・シモジモが、自分は沖縄県選出なんだからと主張し勝手に加わり、売名行為を繰り広げる始末だった。

そして、名護市長選挙が行われ、辺野古反対派の稲嶺(現)市長が当選した事で、事態は決定的に悪化した。

落とし所など分からない。
少なくとも、2014年の「普天間基地返還」だけは無くなった。

間もなく、4月28日がやってくる。
サンフランシスコ講和条約で、北緯27度線を境に、沖縄が日本から切り離され米軍の統治下に高等弁務官を置き、米国政府が統治する事を呑まされた日である。
「4・28沖縄闘争」として位置付け運動を組織し、「沖縄の施政権を取り戻す」ための熱い闘いが1972年の秋のその日まであった。
それまでは、沖縄の辺土岬と与論島の間に国境が敷かれたのである。
日本人は、沖縄県民が強いられた、この屈辱を絶対に忘れてはならない。
この間に「ベトナム戦争(解放戦争)」への戦略的位置もあり、沖縄の米軍基地は強化拡充され続けたのである。
2010年でも、4月28日を前にし、沖縄県民が全党派を挙げ苦渋の立場へ追い込まれるのは、気持ちの上で耐えられない。堪らない。沖縄の心を弄ぶハトヤマを許せない。

沖縄の地政学的な位置関係からして、海兵隊の徳之島移転などは、あり得ない。
朝鮮半島にやや近づいても、台湾海峡から遠ざかる。
海軍と空軍の兵站と遊離するため、軍を効果的に統合運用できなくなる。

そんな事を米軍が呑むか?

仮に、米軍を分断して誰が喜ぶのか?
「中華饅頭低国」が喜び、人民解放軍が我が物顔で「東シナ海」の通行権を手に入れるだけじゃないか。
それで、東シナ海のガス田を共同開発などできるだろうか?
「米軍はグァムまで後退しても大丈夫だ」、こんな寝言を脳天気に主張するのは、能無しハトヤマへ入れ知恵したがる寺島実郎だけだ。

フィリピンから米軍が撤収して、一番喜んだのは「中華饅頭低国」である。
一番の危機に襲われたのは、台湾であり、ベトナムである。
そしていままた、タイである。
*タイの混乱は「中華饅頭低国」が、後ろから操っているとする説が専らの噂である。
*中国はタイの王制型国家を破壊すべくタイ王国の打倒を狙っているらしい。

米軍の撤退が完了すれば、日本へも、もっと目に見える形で猛烈な仕掛けをしてくる事だろう。
いま、中国に乗せられた「売国奴ドモ」が、日本の威信を傷つけ公然と弱体化に向けたバラマキを続けている。

ミンチトォを打倒しなければ、日本は「中華饅頭低国」の「東海省」を強いられる事になる。誰が、その先頭で操りを繰り広げているか、目をガッと見開き真実を見抜く能力が試されている。

辺野古の皆さんに土下座してでも「普天間移転」の受け入れを、お願いする以外にないように考えるが。

とは言え、沖縄県民(本島で)約70万人のうち、9万人が党派を超えて集結し沖縄県民としての意志表示をした事の意味は重く大きい。

引用開始→ 普天間の県外・国外移設求め9万人大会 知事「公約通りの解決を」
(産経MSN 2010.4.25 20:13)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県外・国外移設を求める大規模な県民大会が25日、同県読谷村で開かれ、約9万人(主催者発表)が参加した。仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事も出席し、鳩山由紀夫首相に対し「公約通りの解決策」を示すよう要求した。

首相は昨年の衆院選時に、移設先について、「少なくとも県外」と述べており、知事はこの発言を現政権の「公約」と位置づけているとみられるが、知事は「県外」という直接的な表現は用いずにあいまいな表現にとどめた。ただ、以前は現行案を容認する立場をとっていた知事が県民大会に出席した意味は大きく、「5月末決着」に向け、政府は一層厳しい状況に追い込まれた。

知事は大会で、(1)一日も早い普天間飛行場の危険性除去 (2)沖縄の過剰な基地負担の大幅な軽減-を政府に要求。「公約に沿ってネバーギブアップでやってもらいたい」と強調した。

この日の大会は移設問題をめぐる初の超党派による開催で、前政権下で同県名護市への県内移設を容認してきた自民党県連、公明党県本部も参加した。代理を含め県内全41市町村長も出席した。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 民主党支持(アホ~)団体の会議に招かれ「高速道路料金値上げ反対」を聞かされた! | トップページ | タイの混乱(ほぼ市民の内戦)を、これ以上望まない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党支持(アホ~)団体の会議に招かれ「高速道路料金値上げ反対」を聞かされた! | トップページ | タイの混乱(ほぼ市民の内戦)を、これ以上望まない! »