« クレジットカードのビジネスも基本的に貸金業だし、夏には完全に曲がり角だなぁ~! | トップページ | バンコクでの反政府デモによる衝突で犠牲者が出た事を憂う!東北部では蜂起へ! »

2010/04/10

ハトヤマいわく「米国の言いなりにはならない!」威勢だけはよろしいが

小澤一郎も同じ事だが、鳩山由起夫も発する言葉だけは「たいそう威勢がよろしい」が、その言葉は、いずれも重みに欠ける点が情けない。
時代がかった「モノ言い」だけに、憐れであるともいえる。

まぁ、下らない幼児の小理屈を主張するのは勝手だが、オノレが主張したその言葉の重みや責任感を根本的に欠き、次々と言い逃れ、あるいは言い訳を繰り広げるのだから、信用できないって考えるのが普通の神経だし価値観だ。

「普天間基地の移転」について、3月中に政府案として結論を示す。
これは、実にアッサリと
「3月中に結論を出す事は法律で定められているワケではない。2~3日遅れたからって別にどうと言う事は無い」と平気でゴールを変えた。
この時、「5月中に『米国』と合意できる(ように進める?)」と言い切っている。

今日は4月10日である。
3月31日から、既に10日が経過した。
"2~3日遅れたからって別にどうと言う事は無い" から、最大に見積もっても既に1週間以上納期遅れを来している。
ビジネスの場では、「納期厳守は必須条件」である。
契約納期を守れない者は、ビジネスを語る資格ナシである。
ましてや、政治家がウソを公然と言う(尤も政治家はウソを公然と言う職業だが)事を、「人後に落ちる」と指弾されても抗弁できないのだ。

「国際社会」とりわけ「国際関係」を、どのように認識するか、できるかは偏に「歴史観」にあると言ってよい。
鳩山の歴史観は、常に口を突いて出る「友愛」に象徴された「夢物語」に過ぎない。
小児の「夢物語」で国際社会を渡りきれるほど、人類は進化していない。
何よりも、人類は鳩山由紀夫がポッポポッポと口にするほど、相互理解や相互信頼を形成し得ていない。

鳩山由紀夫が夢に見る「中国」との友好や、大好きな「ロシア」との友好は、それぞれの国や地域においては、お題目に過ぎず「どうすれば有利に『生き抜ける』かを虎視眈々」と狙い定める状況が連続している。
それを「丸腰」で、「ネェネェ、オトモダチになろうよ!」って言う、小綺麗な服を着せられたお金持ちのバカボンが、対岸から呼び掛けているようなバカバカしい光景に過ぎぬワ。
バカも休み休み言いなさい!

これを、選挙で選び出したのは、自ら民主党の広報機関紙に成り下がった「日刊ゲンダイ」の主張を疑いもなく受け入れる、愚者愚者珍民ドモである。

できもしない「高速道路無料化」に釣られて一票入れたのは愚者愚者珍民ドモである。
どうでぇ、「見事に裏切られたじゃねぇか?! ヘッヘ、ザマー見ろィ!」。

究極のバラマキ選挙投票買収の「子供手当て」の支給だぜ、これに釣られて一票入れたのは愚者愚者珍民ドモだぜぇ!
「見事にゲットしたものの、オカシナ制度じゃぁねぇか」。
海外在住の日本国籍者以外の子供にも支給され、純粋日本国籍者で海外勤務の父親を持つ子供には支給されねぇんだよ!
*元はもう少しマシな「児童手当」だったんだ。
*既に、財源が底を打って一文無しじゃねぇか!

高速道路は建設中止「コンクリートからヒトへ」に欺され、愚者愚者珍民ドモは選挙で支持したんだろ!?
でぇ、結果はどうだ?
「高速道路値上げ」で、「高速道路」は造り続けるワケだよ!
ナンたって、「コンクリートから、ヒトへは、小澤一郎の懐へ」って事だったって分かったかィ?

分かりやすい寝言の代表を陳列しておくからヨォ!
よぉ~く、考えて貰いたいなぁ~!

暗黒大陸へ連れて行かれる事はゴメンだぜ!強制労働もゴメンだからな!
日出ずる国に生きる者として「中華饅頭低国」の風下で、屁の臭いやクソの臭いを嗅がされ、不味い中華饅頭じゃの、ピロシキじゃの闇鍋みたいなボルシチのできそこないを喰わされるのは拒否するゼェ!

ウソは空威張りっていうか、空元気で言わなきゃぁ、ダメだからねぇ~。
一生懸命、不誠実に輪をかけてウソを積み上げる見事な、張り子のお姿に感服致しますですヨ!
一日も早いことヤメロぉ~!鳩の焼き鳥が流行るらしいぜぇ~!

引用開始→ 米タイム誌インタビュー 首相「今まで従属的…米の言いなりならぬ」
(2010年4月10日(土)8時0分配信 産経新聞)

鳩山由紀夫首相は9日までに米タイム誌のインタビューに応じ、日米関係について「日本にとって最も大事な関係」としながらも、「今までは米国の主張を受け入れ、従属的に外交を行ってきた」と指摘した。その上で「一方的に相手の言いなりになるよりも、お互いに議論を通じ、信頼を高めていく」と強調した。

首相はこれまでも、「米国にも言うべきことを言う」などと、対等な日米関係の構築を唱えてきた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題が難航しているだけに、波紋を広げそうだ。

日中両国の経済力に関しては「中国の人口は日本の約10倍で、いつか日本のGDP(国内総生産)を抜くのは当然だ。経済的により良い日中関係を作る方が大事だ」と述べた。

ただ、中国の軍事力に関しては「透明性が十分ではない。軍事力の急速な伸びを、常に注視しなければならない」と懸念を示した。

インタビューは3月30日に行われた。←引用終わり
Copyright (C) 2010 産経新聞社
Copyright(c) NIFTY 2010 All Rights Reserved.

|

« クレジットカードのビジネスも基本的に貸金業だし、夏には完全に曲がり角だなぁ~! | トップページ | バンコクでの反政府デモによる衝突で犠牲者が出た事を憂う!東北部では蜂起へ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クレジットカードのビジネスも基本的に貸金業だし、夏には完全に曲がり角だなぁ~! | トップページ | バンコクでの反政府デモによる衝突で犠牲者が出た事を憂う!東北部では蜂起へ! »