« 大阪は「梅田歩道橋」で4月7日に熱い闘いがあったらしい?! | トップページ | ハトヤマいわく「米国の言いなりにはならない!」威勢だけはよろしいが »

2010/04/09

クレジットカードのビジネスも基本的に貸金業だし、夏には完全に曲がり角だなぁ~!

ホントは、「米露核軍縮新条約」締結についてスレッドを立ち上げなきゃぁナンナイのだろうけど、いま少し、「米露」だけじゃなく真剣な観点で国際情勢を読まなきゃぁ、スレッドを上げられないと考えるので、後日のお楽しみって事にしたい。

昨年は、クレジットカード会社から「年収証明書」を求めるって、書類が矢継ぎ早に送られてきた。
別にカネを借りてるワケじゃねぇんだから、「関係ねぇだろぉ~」と思っていたら、それぞれのクレジットカードには、キャッシング機能を付けてあるため、一応「年収証明」が欲しいっていうワケだ。

そんなもの、契約した際に申告したじゃないか、とお返ししたが、国(金融庁らしい)から、クレジットカード各社へ会員の「年収証明」を取れって、お達しがあったそうだ。

でぇ、ナンだカンダと年末調整のコピーだの、給与支払い証明(支払い案内)のコピーだのを郵送したよな。実に手間な事だった。

ナンたって、引用記事じゃないけど、商業施設や百貨店にJALのカードやANAのカード、プロパーのカード類(これらは銀行が話を持ってきた)。ETCもあったねぇ~!
改めて、眺め回すと10枚くらいになっていた。
いま思えば、それらの一枚毎に、いわれるまま、求められるまま「書類」を準備したのか?

でも、流通各社は、顧客サービスだとかなんとか言いながら、無理を重ねて顧客獲得競争を展開してきたじゃないか。その結果、「全てを解約しまぁ~ス」って言われた側は、お口はアングリで、気持ちはアングリーだろう!

テメー勝手なカード会社の自己本位な発想は嫌な事った!
顧客の側の信用も低下するかも知れないけど、顧客の側からみた「カード会社」の信用、「提携発行元」の信用は急減するって事だワ。
顧客の個人情報を洗いざらい集めた上で、無責任にも「廃止」「解約」って、よぉ~く言うよ!

引用開始→ 会員大混乱! クレジットカード、提携見直し&廃止相次ぐ
(夕刊フジ2010.04.08)

クレジットカード会社のビジネスモデルが、大きな転換期を迎えている。各社とも、多数の顧客や会員を擁するさまざまな業種の企業と提携して会員数を拡大してきたが、ここにきて提携見直しや廃止が相次いでいるのだ。会員数(=カード発行枚数)がいたずらに増えても実際の利用率は低いままで、手数料収入よりも会員維持のコスト負担のほうが重くなる状態なのだという。

クレジットカード準大手のソニーファイナンスは昨年11月、16ある提携カードのうち、ヨドバシカメラGOLDPOINTカードを除く15カードを今春までに廃止すると発表した。廃止対象となる大手ファッションビルの提携カードを持っていた女性会社員は次のように言う。

「年会費は無料で、提携先のわずか月数百円の会費が自動引き落としできるので入会していましたが、それ以外に使ったことはありません。私のような“非優良会員”にまで明細書を毎月発行したりシステムを維持していたら赤字になるのも無理はないですね」

JCBもここ5年で、約500あった提携カードを300程度まで削減。三菱UFJニコスも同じ傾向という。『クレジットカードまるごと活用術』の著者でジャーナリストの岩田昭男氏はこう語る。

「カード会社は提携先に1枚あたり500-1000円程度のキックバックを支払って会員を獲得してきましたが、その最大の原資はキャッシングの利息です。しかし、改正貸金業法の施行により利息が10%近く下がったため、利用頻度が少ない提携カード会員のコストまで負担できなくなった。そもそもカード業界は、2007年度の3億枚をピークに飽和状態が続き、不況もあって1枚あたりの利用額は激減しています。手数料収入は大きく目減りしているのです」

さらに最近は、どのカードもポイント制を導入し、利用者は公共料金支払いや買い物などを1枚のカードに集約する傾向が顕著だ。そのため、「ユーザーが予備用に“降格”させたカードからは、コストに見合うだけの収入を得られない」(岩田氏)という。

一方、提携先の中にはカード会社から手数料を得るため、強引に加入者を増やすところもある。

「東京都内のある人気私立幼稚園は、指定のカードで月謝を引き落とすことが入園条件でした。そのカードは大手教育企業の提携カードで、入会すると学習参考書などの資料が送られてきます。それを購入すると、さらに幼稚園側に手数料が入るという仕組み。提携相手も収入確保に必死ですよ」(関係者)

顧客が最も混乱するケースは、Suica(JR東日本)など電子マネーとの提携解除だ。今年1月、みずほ銀行のクレジットカードがSuicaとの提携を廃止した際には、多くの会員が新たにSuicaの入手を余儀なくされた。財布に何枚も入っているクレジットカード、本当に使えるのはどれか確かめておこう。←引用終わり
Copyright © 2010 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

|

« 大阪は「梅田歩道橋」で4月7日に熱い闘いがあったらしい?! | トップページ | ハトヤマいわく「米国の言いなりにはならない!」威勢だけはよろしいが »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪は「梅田歩道橋」で4月7日に熱い闘いがあったらしい?! | トップページ | ハトヤマいわく「米国の言いなりにはならない!」威勢だけはよろしいが »