« 鳩山「徳之島」に詫びる「普天間基地」移設ますます迷走!身から出た錆、口から出任せ自業自得のツケだ! | トップページ | アァ勘違い!策士策に溺れ! 叩き出された「桝添の新党」に怒り心頭か?! »

2010/04/21

泥まみれの「上海万博」遂にPRソングの盗作を認める!

ナンでも盗む事が大好きな「中華饅頭低国」ですが、饅頭低国人民政府の肝入りで繰り広げようという「上海万博」ですが、先頃、このPRソングが盗作であると報じられた事で、国を挙げて「毒饅頭」隠しに躍起でしたが、
「ナッッなぁ~んと、盗作である事を認めた」そうであります。
間違えちゃぁイケマセン!「詫びてはいない」のでありますが?!

さすがの「中華饅頭低国」の人民でも誰の耳にも、「PRソング」は、日出ずる国で著名な岡本真夜の楽曲である事が、明らかに分かるほどの盗作で、申し開きもできない事情だったって事でしょうなぁ

でぇ、このまま、得意の「開き直り」か、「得意の恫喝」かと、考えたワケでしょうが。
それを本当にやってしまえば、世界の国からバカにされ相手にされなくなると考え、実はその恐怖の方が強いワケで、ここは一番「全面的に非を認め、楽曲の使用許諾を得た方がよい」と普通に考える能力を回復したらしい。
「毒饅頭」も喰い過ぎると、躰もオツムも働かなくなるワケで、遂に解毒薬を求めそれが効いたのかなぁ~?

周到に、巧妙な言い訳と、強固な自己主張を準備して「開き直る」のが「中華饅頭低国」の得意技だのになぁ~!

ウソつきは、ドロボウの始まり!
ドロボウは、「中華饅頭低国」への入り口!
「中華饅頭低国」は、ドロボウとネズミの大国!

今回も得意の開き直りを期待したんだけどなぁ~!

それで国際社会の昂然とした批判を受け、それに対し、幼稚なダダと開き直りに恫喝を交えた得意技を繰り出す事で、「中華饅頭低国」のバカさ加減を世界中へ撒き散らし、国際社会で相手にされない「中華饅頭低国」である事を密かに期待したのになぁ!

それで「上海万博」が空転するって事、期待してたのになぁ~!?

アッサリ「盗作」を認められてしまうと、まことに残念無念だよ!

ボケの外務省報道官が、幼稚な弁明を繰り出さないと「中華饅頭低国」じゃ無くなるよな!

でぇ、「日出ずる国」の音楽関係者は大人の対応をしてみせたってワケだな。

引用開始→ 岡本真夜の楽曲、上海万博盗作認めた
(asahi.com 2010年4月20日)

上海万博のPRソング「2010年はあなたを待っている」が、岡本真夜(36)のヒット曲「そのままの君でいて」の盗作ではないかとされる疑惑で、万博事務局から岡本側に同曲の楽曲使用の申請があったことが19日、分かった。PRソングは上海の有名作曲家が手掛けたが、事務局側が事実上盗作を認め、正式に岡本の楽曲使用を依頼したとみられる。また、盗作疑惑の報道後、万博関係者が岡本側に、カバーの許諾と万博限定での全権利譲渡を依頼していたことも明らかになった。

5月1日の上海万博開幕を前に、中国当局は盗作疑惑への処理に素早く動いた。万博事務局は19日、岡本側に「そのままの君でいて」の楽曲使用を申請した。この申請依頼を受けて岡本は19日「世界中が注目するイベントである上海万博に協力させていただける機会をいただき、とてもすてきなお話で光栄です」とコメントした。盗作疑惑には一切触れず、大人の対応に終始した。

岡本の所属事務所によると19日、万博事務局からメールで申請があったという。近く、楽曲使用について打ち合わせを行うが、当初のPRソングには「コメントできない」とだけ話し、事務局が盗作を認めたかどうかについては明らかにしなかった。

中国ではネット上でPRソング作曲者に対する非難や、万博当局への批判が寄せられ、問題が長引けば万博のイメージ低下と、当局批判を助長しかねないとみて異例の対応を取ったとみられる。万博事務局側は共同通信の取材に対し「分からない」としている。

一方、万博関係者は水面下で、盗作疑惑の収拾に動いていた。疑惑が報じられた14日、岡本が所属するレコード会社に、中国人女性プロデューサーが「岡本さんの楽曲をカバーしたいが、許諾をもらいたい。万博限定ですべての権利を当局に譲ってくれないか」と連絡を入れた。さらに「15日にもクリアしたい」と一方的に申し出たという。関係者は「カバーの許諾は難しくはないが、権利の譲渡はあり得ない話。楽曲の指定もなかった」と説明した。

関係者によると、同社はカバーの依頼は承知したが、権利譲渡は承諾していない。しかし、既にPR曲が公開されており、同社は万博事務局に権利保全と類似楽曲ではなく、100%岡本の楽曲であることを認めるように要求したという。

万博事務局は盗作疑惑を表ざたにされたくなかったようだが、16日に疑惑が報じられると、同社に謝罪するために来日したいと非公式に連絡してきたという。17日には公式サイトで「PRソングの使用を暫定的に停止する」と発表した。著作権については「調査中」と、ドタバタぶりを露呈したが、岡本の楽曲と認めることで収拾を図ったようだ。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

「中華饅頭低国」人民にも「恥」という概念や言葉があり、少し小マシな民草は理解し知っているって事も少し漏れてきている。にわかに信じがたいけれどなぁ~!
楽曲盗作騒ぎは、「中華饅頭低国」では一切報じられていないって事らしいが。
(日出ずる国の在住者と電話で話したところによる)

インターネット上では激しい意見が交錯するって事になっているけど、にわかに信じがたい本当かな?

引用開始→ 岡本真夜さんの好感度上昇 疑惑の作曲者には「死刑に」の声も
(産経MSN 2010.4.20 18:21)

中国・上海万博のPRソングがシンガー・ソングライター岡本真夜さんのヒット曲「そのままの君でいて」の盗作とされる疑惑をめぐり、万博事務局の依頼で同曲の使用を認めた岡本さんが中国のインターネット上で「素晴らしい」と評価される一方、PRソングの作曲者には「死刑にすべきだ」などと非難が強まっている。

疑惑は中国でほとんど報道されていないものの、岡本さん側が事務局の依頼を承諾したとの発表がネットで伝わり、「気前がいい人。私なら曲の使用を認めない」「中国に来て万博PRソングを歌ってほしい」と好感度が上昇した。

半面、作曲者の繆森氏には国民の怒りは強く、「13億人の中国人の恥。厳罰に処すべきだ」「市中を引き回して死刑にすればいい」と過激な書き込みも多い。

過去に繆氏が手掛けた中国人歌手の曲が「韓国人歌手の曲とそっくり」などと次々に疑惑が浮上している。(共同)←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 鳩山「徳之島」に詫びる「普天間基地」移設ますます迷走!身から出た錆、口から出任せ自業自得のツケだ! | トップページ | アァ勘違い!策士策に溺れ! 叩き出された「桝添の新党」に怒り心頭か?! »

コメント

上海万博、パクリもみ消し工作判明―現代中国の崩壊の兆しか?

ブログ名称:Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理

こんにちは。上海万博のPRソングがパクリであり、しかも、そのもみ消し工作が明らかになりました。中国相変わらずですね、北京オリンピックでの数々の偽装工作は、真摯に反省はされていません。いずれにせよ、他国それも、万博やオリンピックを開催するような国では考えられないことです。これは、一担当者のミスなどとして軽く見るべきものではないと思います。現代中国は、わたしたちが漢文の世界で親しんだ中国とは異なります。現代中国は建国のときに、導入した共産主義が国の思想や精神の背景となっています。しかし、ご存知のように共産主義は崩壊しました。さらに、悪いことには、現代中国は、建国のときに宗教も廃止、その他の伝統的文化も排斥しました。さらに、悪いことには、国民をまとめる共通の英雄なども存在しません。現代中国の規範は、その時々で政府が出す移ろいやすいものと、経済的尺度しかありません。こうした体制が長続きすはずはありません。いずれ崩壊します。おそらく段階的に崩壊していくでしょう。まずは、間近に迫った経済崩壊です。次に、思想や精神的支柱の完全崩壊です。それに続く社会的不安・混乱による社会崩壊です。最後に,どうしようもなくなって、現体制の完全崩壊へと続きます。詳細は是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2010/04/21 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩山「徳之島」に詫びる「普天間基地」移設ますます迷走!身から出た錆、口から出任せ自業自得のツケだ! | トップページ | アァ勘違い!策士策に溺れ! 叩き出された「桝添の新党」に怒り心頭か?! »