« レナウンを意のままにしようと中国企業「山東如意」が実質買収へ、チャイナ チャイナ! | トップページ | 中国のバブル経済は、そう遠くない時期に破綻崩壊するだろう! »

2010/05/24

ハトヤマの沖縄訪問、「普天間は辺野古へ」正式表明してはみたものの?!

まぁ、お粗末な事に終始した。
これから、再び茨の道だナ!!

結果の分かっていることを、政治家としての不勉強、不感症、無知、無定見、無原則、無責任により、いたずらに「希望」を持たせ弄び、その挙げ句「切り捨て」る。

ハトヤマは、政治家としての言動の罪、政治家としての責任、政治家としての資質、人としての姿勢が問われる。
23日も、沖縄県庁での会談(中継)に映し出されたハトヤマは、いつもどおり「目は力なく宙を彷徨い」言葉は丁寧ながらいつもどおり「空虚」であった。

ここまで、拗らせるだけ拗らせて、挙げ句は「ポイ」だ。

コラコラコラムは、辺野古は忍びないと思いながら、結局の着地点は辺野古以外にないだろうとの判断だった。

「普天間基地」の住民への騒音と危険負担について、報じられる様々な情報はすべて一方的であると言わざるを得ない代物だ。

「普天間基地」は、沖縄戦の後、米軍に占領された上、施政権を米国に占有された状態も原因しらのだろうが、宜野湾市(とりわけ琉球政府および復帰後の沖縄県と日本政府)の「都市計画」がほとんど無かった事を証明しているワケだ。
米軍が「普天間飛行場」を接収し基地強化に向けた建設に着手した時点で、どれほどの住民が離着陸コースに居住していただろうか?

地図を見ても明らかじゃないか。

普天間基地の撤去と辺野古への基地建設に費やす資金全体を考えると、なぜ、ここまで普天間基地に貼り付くように密集住居が生じたのか、また公立教育施設を配置したのか全く理解が及ばない。

勿論、沖縄県民の「戦争および平和と米軍に対する基本的な考え」を尊重した上での事と、お断りするが。

それらを総合的に斟酌した上でなければ、簡単に選挙の争点や政権公約に掲げることは人として大きな問題があると考える。
しかも、ハトヤマは、先日の弁明でも明らかになったように、「沖縄の米軍基地」について足を運んで検証した事もないと言ってのけたワケだから、一瞬「言葉を失った」人も多かったのではないか。
全く誠意の一欠片もないまま、「国外移設、最低でも県外」と言い続けた責任は免れない。

故・橋本龍太郎元首相は、普天間基地が抱える危険性や沖縄県民の米軍への意識に伴う問題を解決しなければ、日本の国家安全そのものが揺らぐと考え、誠意を尽くし、先ずは「沖縄県」へ、次に「米国」と交渉を展開していた記憶がある。
その結果、数々の沖縄振興策を打ち出した。
いま、衆議院の外務委員会で委員長の座にある鈴木宗男は、橋本元首相を支える野中広務の走り使いとして、沖縄北方領土対策を一手にし好き放題に振る舞ってたじゃないか。
ヒドイ話である。

鈴木宗男は、自分自身が一枚噛んだ「辺野古」の件について、所属政党が代わるや否や自ら与党となり政権の側に与し、テメーが支持する政権が国の安全を脅かす大失態を演じているにも関わらず、テメーが構築した事柄(辺野古移転)を攻撃する側へ転じている。
真に奇怪千万「天にツバする」大馬鹿野郎だ!

以前から、例えば「沖縄振興策」に絡み、数々の「霞ヶ関(官僚)に繋がる利権」が指摘され、そのネズミの多さやしぶとさに驚かされたが、どんな国でも政治案件としての巨大なプロジェクトが形成され展開されると、利権を求めて亡者が蝟集するのは同じである。

特に、巨大な産業集積のない地域では、群がる数もハンパじゃない。
しかも、沖縄の場合、巨大資本集積がない事もあり、本土側の基地関連産業と揶揄されるゼネコンを先頭にした亡者ドモには捨て置けない地域であった。

早速、経済特区だの、振興策だのを求め、本土系企業の本格的な沖縄進出が始まった。
これらの動きと軌を一にするように、本土側の「○暴団体」も一斉に進出し、地元の地回り組織と縄張りを巡り「実弾衝突」を繰り広げていた。

これらの中で、故・橋本元首相は、クリントン米国大統領とサシの話で、「普天間基地」の返還および「辺野古移転」を合意させた。

しかしながら、「地元調整」やら「環境アセスメント」やらで時間を要し(作戦だったのでは)た事もあり、ハトヤマが言うように「あなた方は、この10年『辺野古』の海に、杭一本打てなかったじゃないか」との現実もある。

この間に、辺野古を強く打ち出し、V字型滑走路案を強引に推し進めた、防衛省の天皇と呼ばれ続けた次官の守屋武昌も失脚し、その後「大ネズミ」として嫁トモドモお縄になった。
当然、利権まみれの「辺野古」は進捗しないまま、昨夏の「衆議院総選挙」という幕間になったワケだ。
この時、片側の事情だけしか見なかったハトヤマは、「普天間の国外移転、最低でも県外移転」を公約に掲げたのである。
先日は、”党の公約ではなく、党代表としての鳩山の発言だった”と、ヘンテコで論理的一貫性を欠くヘソ茶の言い訳を繰り広げ、散々な失笑を買ったモノだ。

5月末までに決着は、「米国議会と米国の予算執行」の関係で、沖縄の海兵隊を一部でも本当にグァムへ移転させようとするなら、「普天間基地」の件を解決(合意)しないと、二進も三進も行かなくなる状況が待ちかまえているワケだ。

ハトヤマが、ほざいている「負担軽減のパッケージ」の中身は、既に合意済みの在沖縄海兵隊のグァム一部移転も含めた「パッケージ」なのである。
霞ヶ関のワル官僚ドモが苦し紛れに造作した「朝三暮四」の、テキトーな言い逃れに過ぎないイメージ用語である事を指摘しておく。

国家の安全保障観を根本的に欠くハトヤマでも、この事情を官僚ドモから説明され、少しは学習効果が出たのか、「普天間」の移転先は「辺野古」と、現有計画の推進に着地させる途を選んだワケである。

日本経済新聞社が、開催した「アジアの未来」に出席したアジア諸国の首脳から、「日米安全保障条約(日米同盟)」が東アジア地域の安定にどれほど効力があるか、との力説され続けた事もあり、少し(1%程度)は、日本の立ち位置が理解できたかと見ている。

ハトヤマが「友愛」を掲げ寝言で繰り広げる、中国を軸にした「東アジア共同体論」なんざぁ、叩き潰す以外に途はない事も指摘しておく。

引用開始→ 名護市長「首相のやり方、前政権よりひどい」
(2010年5月22日23時09分  読売新聞)

沖縄県の仲井真弘多知事は22日、日米両政府が米軍普天間飛行場の移設先を同県名護市辺野古とすることを大筋で合意したとの報道について、「県内移設はとても受け入れられる状況ではない。鳩山首相がどういう考えなのか、首相の沖縄訪問の際によく聞いてみたい」とコメントした。

名護市の稲嶺進市長は「首相は明日、何をしに来るのか分からない。やり方は前政権よりもひどい」と吐き捨てた。また、「地元は何も知らされていない。そんなやり方で押しつけてきてもできるわけがない」と怒りをあらわにした。

沖縄県議会の高嶺善伸議長は「『最低でも県外』という鳩山首相の言葉に期待していた。それがまた元に戻ることは絶対に許されない。一国の首相、政治家としての資質を疑う」と厳しく批判した。

県議会では、23日の首相訪問にあわせ、所用のある4議員を除く44県議全員が朝から議会前に座り込み、「県内移設」反対の意思表示を行う予定。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→【首相訪沖速報】鳩山首相「辺野古付近にお願いせざるを得ない」
(産経MSN2010.5.23 11:04)

鳩山由紀夫首相は23日午前、沖縄県の仲井真弘多知事と会談し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題について「国内および日米の間で協議を重ねた結果、普天間飛行場の代替地そのものは沖縄県内に、より具体的に申し上げれば、名護市辺野古付近にお願いせざるを得ないという結論に至った」と述べた。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 「県外、守れなかった」首相が沖縄知事との会談でおわび
(asahi.com 2010年5月23日13時46分)

鳩山由紀夫首相が23日午前、沖縄県庁で仲井真弘多知事との会談で語った内容は、以下の通り。

冒頭のあいさつ

「仲井真知事はじめ、県庁の皆様方に、このようにふたたびお目にかからせていただくことができて、たいへんありがたく思っております。5月の上旬に一度おじゃまをさせていただきました。その折にも、沖縄県民の皆様方におわびを申し上げたところでございますが、普天間の返還というものを含んで、沖縄の皆様方のご負担を出来る限り、軽減を申し上げたいと。あるいは普天間の周辺の皆様方のさまざまな危険を出来るだけ早く除去申し上げたいという、そのような思いのもとで、政府の考え方をさまざま模索をして参ったところでございます。いま、仲井真知事からお話がございましたように、日米の間でいまぎりぎりの交渉を行っているところでございます。まだ、最終的・・・」

(仲井真知事「おかけいただけませんか。どうぞ、どうぞ」)

「それも失礼かと」

(知事「いや、どうぞ」)

「では、座って恐縮でございます。ぎりぎりの交渉中でございまして、最終的なところには至ってはおりませんが、かなり詰まってきているところもございます。きょうは、政府の考え方を率直にお伝えを申し上げ、また、沖縄の皆様方にご負担もお願いをしなければならないというところも正直にお伝えさせていただきながら、この交渉の今、経緯ではございますが、正確にお伝えを申し上げなくてはなりませんので、実は、私の考え方を正確にお伝えさせていただきたいという思いで、読み上げさせていただければと思っております」

辺野古を明言

「このいま冒頭に申し上げましたように、政府の取り組みの目的は、沖縄の皆様方の負担の軽減と危険性の除去でございまして、それをどう実現をするかということでございます。そのためのもっとも確実な方法は、普天間の飛行場の県外の移設であると、そのように考えて、政府はその可能性を真剣に探って参ったところでございます。与党三党で沖縄の基地問題検討委員会を作って、政府与党挙げて努力を申し上げて参ってきたのもその一環でございます。ただ、国内および日米の間で協議を重ねた結果、普天間の飛行場の代替地そのものはやはり沖縄県内に、より具体的に申し上げれば、この辺野古の付近にお願いをせざるをえないという結論に至ったところでございます。代替施設の詳細を決める際には、言うまでもありませんが住民の皆様方のお暮らしや、あるいは環境への影響というものに最大限配慮をいたすことは当然でありますので、地元の皆様方ともしっかり協議をしながら、進めて参らなければならないと考えております。このことは言うまでもないことだと思っております。この方針というものは、人口密集地にございます普天間の飛行場の返還を実施するために、どうしても代替施設を探していかなければならないという現実をふまえて、断腸の思いで下した結論でございます」

抑止力維持の必要性

「これに伴いまして、普天間の飛行場の返還や、あるいは海兵隊員の8千人あまりのグアムへの移転など、従来の日米合意を確実に実施するよう、日米で再確認することは、これはもう言うまでもないことでございます。私はこれまで、ぜひ普天間の代替施設は県外にと考えて、実際にそれも追求して参ったわけでございます。それがなぜ県内なのだ、という皆様方のご懸念、お怒りはもっともなことだとも思っております。これは、ま、昨今の朝鮮半島の情勢からもおわかりだと思いますが、今日の東アジアの安全保障環境にまだ不確実性がかなり残っているという中で、海兵隊を含む、これは在日米軍全体の抑止力を、現時点で低下をさせてはならないということは、これは一国の首相として安全保障上の観点から、やはり、低下をさせてはならないということは申し上げなければならないことでございまして、そのうえで、普天間の飛行場に所属をしております海兵隊のへリの部隊を、沖縄に存在する他の海兵隊部隊から切り離して、国外はもちろん県外に移設すると、海兵隊の持つ機能というものを大幅に損なってしまうという懸念がございまして、従いまして、現在の、現在のでありますが、安全保障の環境のもとで、代替地は県内にどうしてもお願いせざるを得ないという結論を私どもとすれば、結論になったのでございます」

改めておわび

「私自身の言葉、出来る限り県外だということ、この言葉を守れなかったということ、そしてその結論に至るまで、その過程の中で、県民の皆さん方にご混乱を招いてしまいましたことに関して、心からおわびを申し上げたいと思っております」

訓練の県外移転

「ただ、政府の今回の決定というものは、沖縄に在日米軍基地の約75%が集中しているという現状を放置するということでは決してありません。今は、基地そのものが無理でも、基地の機能、わけても沖縄で行われております米軍の訓練をできる限り県外に移していくことによって、沖縄の皆様方の負担と危険性の除去の実を挙げていくことは、大変大事なことだ思っております。訓練の移転には日米で共同で行うものと、それから米軍単独のものが考えられるわけでありますが、もとより訓練移転をすべて万能視するつもりはありませんけれども、沖縄の危険性の除去とか、あるいは騒音の軽減に、それなりの一定の効果はあろうかと思っております。県外への訓練移転を促進するためには、一時的であっても他の自治体が米軍などの訓練を受けてくれることが当然、必要でございます。27日に全国の知事会を開くことにしておりまして、全国の知事の皆さん方に対して、沖縄の皆様方のご負担を全国で受け止めていただけるように、協力をお願い申し上げたいとも思っております。ただ同時に、沖縄県外に住む日本の国民の皆様方に対しても、基地問題と安全保障の問題について、自分自身のこととして考える機会を、ぜひ少しでも作っていただきたいとお願いをいたすところでもございます」

負担軽減のパッケージ

「この新たな日米合意によって、政府が目指しておりますのは、代替施設の建設による普天間の飛行場の返還や県外への訓練移転の促進だけではありません。従来の日米合意をもっと広げた負担軽減のパッケージに合意をするために、いま懸命に協議をしているところでございます。新たな合意で目指したい負担の軽減策は、地元の沖縄の皆様方の声を出来る限り反映したものにして参らなければならないと思っておりまして、沖縄の県の皆さん方から政府に対しまして提起をして頂いた項目を実現をしたいと思っておりまして、真摯(しんし)に努力をしておるところでございまして、それが政府の基本的な考え方でございます。前回、5月の上旬に知事をご訪問申し上げたときに、知事から特に五つのご要望をちょうだい致しました。その四つの部分は、米国の協力が必要な項目でございますので、いま、政府は現在、それらを米国との協議のテーブルに載せているところでございます。具体的には、航空機の騒音の軽減策、グアム移転と嘉手納以南の米軍の施設区域の返還促進、さらには米軍基地関連の環境面での協力、ホテル・ホテル訓練区域の一部解除などでございまして、現時点ですべて結果を予見するわけには参らないところではございますが、同盟国である米国の協力を求めながら、日本として最善を尽くすつもりでございますし、いま、それなりの感触をそれぞれちょうだいしているところでございます。もうひとつ知事からご要望頂いております与那国島にかかる防空識別圏の問題につきましては、沖縄県民のみなさん、および、与那国の町民の方々が安心して生活をしていただけるように、早急に見直すことにいたしたところでございます。なお、前回知事の方から、これまで政府が前向きに取り組んでこなかったと、のれんに腕押しだというふうにおっしゃられましたけれども、確認と対応を求められました沖縄県に所在する米軍基地に関する二十数項目の諸課題についても、関係省庁に対してしっかりと対応するように指示をいたしたところでございまして、精査をいたしまして今月末までに回答をさせることに致しております。普天間の飛行場の危険性の除去につきまして、飛行場返還までの間、できるかぎりの措置を講じていきたいと思っておりまして、その一環として、本年1月からは継続的な回転翼機の飛行状況を調査しているところでございますが、この問題に対しては今後ともしっかり取り組んで参りたいと思っております」

むすび

「以上、ご説明申し上げましたけれども、日本政府の対応、方針にたいして、まだまだ足りないところもあろうかと思っております。また政府のこれまでの対応によって、県民の皆様方に大変なご迷惑をおかけしてしまっていますことも、私自身、痛いほどよく分かっておるつもりでございます。批判、ご批判をちょうだいしておりますことから、逃げるつもりもございません。同時に、ただ、今回の政府の方針の中には、これまで実現はおろか、米国と本当に交渉をしてきたんだろうかと、まったく交渉さえしてこなかったのではないかという点も含めまして、沖縄の負担軽減と危険性の除去を前進させる要素が含まれていることもお認めいただければたいへんにありがたいとは思っております。ただ、いずれに致しましても、これからも知事とは、特に沖縄の県民の皆様を代表しておられる知事とは緊密に協議を続けさせて頂きたいと思っておりますし、また、県民の皆様方とも真摯に向かい合いながら、ご理解をいただけるように努力をすることを約束を申し上げるところでございます」

「たいへん、長くなりましたが、私の方から読み上げさせてもいただきましたけれども、正確に現在の状況をお伝え申し上げたところでございます。どうぞよろしくお願い申し上げます」←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

引用開始→ 「辺野古は断固反対」名護市長、首相と会談
(2010年5月23日13時11分  読売新聞)

鳩山首相は23日昼、名護市内で稲嶺進・同市長ら沖縄北部市町村長と会談した。

稲嶺市長は、首相が米軍普天間飛行場を名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに移設する方針を正式表明したことについて、「『ようこそ』という気持ちにはとてもなれない。これまでの思いを裏切ることで怒りを覚える。断固反対する」と述べ、受け入れを拒否する考えを表明した。

これに対し、首相は「私もかつては『辺野古の海を汚してはいけない』という思いで頑張ってきた。『できれば最低でも県外』といったのは事実だ。みなさんの気持ちにそえない結果になっていることをお詫びしたい」と陳謝した。その上で、「稲嶺市長が『認められない』と言われたのも理解している。訓練移転を含め、負担軽減を考えていきたい」と述べ、改めて名護市への移設への協力を要請した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« レナウンを意のままにしようと中国企業「山東如意」が実質買収へ、チャイナ チャイナ! | トップページ | 中国のバブル経済は、そう遠くない時期に破綻崩壊するだろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レナウンを意のままにしようと中国企業「山東如意」が実質買収へ、チャイナ チャイナ! | トップページ | 中国のバブル経済は、そう遠くない時期に破綻崩壊するだろう! »