« 北朝鮮を支配する憐れな金ブタは、中国・大連と北京へ物乞いの旅! | トップページ | 米国は鳩山を軽蔑しているそうだ!侮蔑の間違いではないか? »

2010/05/05

鳩山の「軍事戦略観と沖縄観」を沖縄の側から眺めると、通過儀礼とはいえ鳩山の無知と無責任が残される!

普天間基地の移転は迷走に次ぐ迷走である。
その原因を作り出したのは、勿論、首相の座にある鳩山本人の無知による軽口発言が主因である。
これに、政治的には既に終わりの社民党・福島瑞穂は連立しているからと無責任発言に輪をかけ、更に、社民党や福島とは思想的にも対極に位置する国民新党の下地幹郎が、沖縄県知事の座を狙う(選挙鞍替え出馬)ため、選挙目当ての売名行為とパフォーマンスを繰り広げ、軍事的無知を棚上げし政治的な軽口発言を重ねた結果である。

国家の安全と地域社会の安全を弄び、日米同盟を危機に追い込んだワケである。

無理偏に「無理」と書いてナンと読む?
ナンと読めばよいのだろうか?
真正面から問われると「難渋」してしまい、最早「お手上げ」だ。

根本的な国家観を欠く鳩山の軽口っていうか、口から出任せっていうか、軽いノリの発言に期待を持たされ振り回された挙げ句が、沖縄の側は、鳩山の腹案「少なくとも県内、多い場合は全て県内」という結果を総理自らの口(言葉)により直接公式に示されたワケだ。

「ワケが分からない」と怒るヒトが多いのも理解できる。
一方で、「ホッ!」としたヒトもいることだろう。
(報じないだけの話だ)

沖縄に散々ぱら、期待をバラ撒き、期待を煽り、期待を持たせ。
結果は、「この一年はナンだったのか?」という事になった。

鳩山は、公約というか、党の代表としての発言というか、これまでの発言(責任)について問われ、(発言の)経緯について追究された。
その弁明というか言いぐさが、さすがに鳩山に相応しい噴飯モノの「言い訳」である。
このヤロウに「恥」とか「責任」という言葉も概念も存在しない事を顕している。

外側からも内側からも日本国を壊し、率先して再起不能化工作を進める人物がいる。
しかも内閣総理大臣という職位職責に就いての上である。
日本国の国民は、この低度のヤロウに政権の運営を委ね、ノウノウと暮らすワケにはいかないところへ追い込まれている。

外側から日本を破壊する行為は究極に達しようとしている。
いま、その危機が迫っているのだ!

一方、内側ではネズミどもが、大量に国債を刷り増し、(小澤と亀井は)手に入れたカネを貪り喰っている。
鳩山は、内側からも確実に国を崩壊させている。

時間の制約もあり短時日の海外だったが、
「東アジアの安全と日本の役割を政治・経済・軍事の面から研究」する友人達と、雑談し議論しながら「日本を外から眺める」事ができた。
そして戻り着く途上でキャッチした報道は、「予想どおりの展開」だ。
子供に火遊びをさせてはならない。

引用開始→「首相の無知のツケ」=自民・石破氏
(JiJi.com 2010/05/04-13:41)

自民党の石破茂政調会長は4日のテレビ朝日の番組で、鳩山由紀夫首相が仲井真弘多沖縄県知事に対し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の全面県外移設は難しいと伝えたことについて「なぜ沖縄に海兵隊が要るのか全く理解しないまま、『国外、県外(移設)』と言ってしまったツケが全部回っている」と批判した。

その上で、石破氏は「(首相は)現行案に戻すしかない。『経緯を理解しないまま、つい言ってしまった。ごめんなさい』と心からおわびする以外、事は前に進まない」と述べた。←引用終わり
Copyright (C)時事通信社.

石破茂の指摘というか主張は正しい。
石破茂は、「普天間基地」の移転先を「辺野古」受け入れを受け継ぎ推進した防衛の当事者である。
それを「無知・無定見・無原則」がウリの鳩山に、さほどの戦略観も軍事観もないまま、「可哀想だろう」程度の安っぽいヒューマニズムや取り留めのない「友愛」なんて、へんてこりんな小理屈で、日本の安全保障の観点や東アジア地域全体の安全保障のために、心血を注いだ移転案をアッサリ引っ繰り返されたワケだから、石破茂の批判は正鵠を射ている。

引用開始→「最低でも県外」党の考えではない…首相
(2010年5月4日(火)18時17分配信 読売新聞)

沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場移設問題で、同県を訪問中の鳩山首相は4日午後、移設先について「最低でも県外」と発言したことについて、「公約というのは選挙時の党の考えということになる。私自身の代表としての発言だ」と述べ、党の公約ではないとの考えを示した。

稲嶺進・名護市長と会談後、記者団の質問に答えた。

地元記者から「県外移設が困難な理由として日米同盟や抑止力の重要性を強調していたが、認識が浅かったのではないか」と問われたのに対し、首相は「海兵隊そのものは抑止力として沖縄に存在する理由にならないと思っていたが、学ぶにつけ、駐留米軍全体の中で海兵隊は抑止力として維持されるという考えに至った。『(認識が)浅かった』と言われれば、あるいはその通りかもしれない」と認めた。

今回の沖縄訪問について、首相は「もっと早く来いという(県民の)気持ちも含めておわびにうかがった」とした上で、「大変厳しい1日だった。『最低でも県外』との思いは、ほとんどの方からうかがい、厳しさを改めて実感した。私の考えはなかなか理解されなかったが、対話できて、(沖縄に)来て良かった」と感想を述べた。←引用終わり
Copyright (C) 2010 読売新聞社
Copyright(c) NIFTY 2010 All Rights Reserved.

引用開始→【首相訪沖】首相「海兵隊が抑止力と思わなかった」
(産経MSN2010.5.4 18:44)

鳩山由紀夫首相は4日、米軍普天間飛行場の移設問題に関し「昨年の衆院選当時は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど(海兵隊の各部隊が)連携し抑止力を維持していることが分かった」と記者団に述べた。また、昨年の衆院選で沖縄県外、国外移設を主張したことについて「自身の発言に重みを感じている」とも語った。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

あとは、日本国民が、自国の安全保障をどのように捉え考えるかにかかっている。
米国の問題ではない。日本の問題なのである。

やはり、参議院通常選挙に合わせ衆議院を解散し総選挙で国民に意思を問うべきだろう。
一応、選挙日程は7月11日との線が濃厚になりつつある。
すれば、7月11日に「衆参同日選挙」で信を問う事が望ましい。
田中角栄が創出した「金権腐敗の政治」に対して、最終決着をつけるべきだ。
小澤のクビを取るべきだ!
(もちろん、小澤一郎とその子分ドモや手下ドモを含め一蓮托生だ)

引用開始→ 普天間、全面県外移設は困難=鳩山首相、沖縄知事に表明-名護市長は拒否
(JiJi.com 2010/05/04-20:02)

鳩山由紀夫首相は4日、就任後初めて沖縄県入りし、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)移設問題をめぐって仲井真弘多知事、稲嶺進名護市長と個別に会談した。首相は仲井真知事に「すべて県外にというのは現実問題として難しい。沖縄の皆さんにご負担をお願いしなければいけない」と述べ、県内に移設する政府方針を正式に伝えた。これに対し、仲井真知事は「(首相の)公約に沿った納得のいく解決策を示していただきたい」として、県外移設に努力するよう要請。稲嶺市長は、移設受け入れを拒否する考えを示した。

政府は、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)を埋め立てる現行計画をくい打ち桟橋方式に変更し、ヘリ部隊などの一部を鹿児島県・徳之島に移転する案を組み合わせる方針を固めている。首相は沖縄県を再度訪問し、県民に理解を求める考えを示したが、県内では政府方針への反発が強まっており、首相が目指す「5月末決着」は一段と遠のいた。

仲井真知事は県庁での会談で「普天間飛行場の危険性を一日も早く除去してほしい」と要望、「県民の間では県外移設の期待が高まっている」と訴えた。首相は、昨年の衆院選での「最低でも県外」との自らの発言について「県民におわびしなければいけない」と謝罪。その上で、抑止力維持のためには全面的な県外移設は困難と説明し、「県民負担をパッケージの中でできる限り軽減したい」と述べた。

首相は会談後、7日の徳之島3町長との会談を「お願いのスタートにしていきたい」と記者団に述べた。

首相はこの後、名護市で稲嶺市長と会談し、くい打ち桟橋方式を念頭に「海を汚さない形での決着を模索していくことが大事だ」と理解を求めた。稲嶺市長は「これ以上の負担は受け入れられないというのが名護市民の切なる思いだ」と拒否した。 

仲井真知事は「(首相の認識は)県民とのズレがかなりある」と記者団に語った。一連の日程を終えた後、首相も「移設は最低県外にしてほしいとほとんどの方からうかがい、厳しさを改めて実感した」と記者団に述べた。

首相は、米軍基地・施設を抱える県内19の市町村長とも懇談し、「5月末と期限を切らずに粘り強く県外移設の公約を追求してほしい」と要望を受けた。また、普天間飛行場の周辺住民との対話集会に出席、同飛行場とキャンプ・シュワブを視察した。←引用終わり
Copyright (C)時事通信社.

”かりゆしウェア” さえ着れば、鳩山は沖縄で歓迎されると考えたのか?
全く似合っていないじゃないか?
”かりゆしウェア” に、黒のビジネスシューズはナイだろう!
言葉も空振りしているが、服のセンスも、政治センス同様に、空振りしているゾ!
どんな、センスをしているんだ?
この一つをしても、沖縄を小バカにしているとしか思えないゾ。

引用開始→【首相訪沖】「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”
(産経MSN2010.5.4 20:25)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題をめぐり、就任後初めて沖縄を訪問した鳩山由紀夫首相。昨夏の衆院選で移設先を「最低でも県外」と繰り返し、沖縄の期待感を自ら高めておきながら、迷走したあげく、ついに県内移設の方針を示す結果に陥り、ひたすら低姿勢の「おわび行脚」に終始した。「絶対に納得できない」。県議会や地元市町村長、地域住民からは首相の「軽すぎる言葉」に怒りと不信の声が上がった。

午後2時半すぎ、普天間飛行場に隣接する普天間第2小学校の体育館。地域住民約100人を招いて開かれた対話集会では、鳩山首相への怒りの声が渦巻いた。

ベージュを基調とした、アロハシャツに似た沖縄独特のかりゆしウエアに身を包んだ鳩山首相に対し、同小PTA会長の女性は悲痛な声で訴えた。

「保護者が願うことはただ一つ。住宅地に近接する世界一危険な基地をなくしてほしい」

これに対し、鳩山首相は「北東アジアを考えたときに日本とアメリカの安全保障を考えざるを得ない。沖縄の皆さんに負担をお願いせざるを得ないのが今の政府の考え方。できる限り負担が過重にならないよう努力したい」と低姿勢を貫いた。

同小教諭の下地律子さんは「騒音をどうにかしてほしい」と話し、6年生10人が書いた首相への手紙を直接手渡して直談判。鳩山首相は「しっかり読ませていただく」と応えるだけだった。

不信がピークに達したのは、鳩山首相が硬い表情で「しばらくの間、沖縄の皆さんにご負担をお願いしなければならないのは本当につらい。皆さんも本当につらいと思うが…」と話した瞬間だった。

「当然です」。突然、言葉を遮るように女性の鋭い声が上がった。

「もう来るなといわれるかもしれないが、また皆さんの気持ちを学ぶ機会をいただきたい」。目を力なく泳がせ、集会を締めくくろうとする鳩山首相。納得いかない様子の女性が首相に詰め寄り、スタッフから制止された。

退場する鳩山首相の背には「しっかりしろ」「友愛政治はどこにいった」などと住民からヤジと怒号が浴びせられた。

集会に参加した会社員、宮城靖英さん(45)は「会場に来るまで実は県外移設案があるのではと期待していたが…。絶対に納得がいかない」と話した。

集会に先立ち鳩山首相はこの日朝、仲井真弘多知事や高嶺善伸県議会議長らと面談するため那覇市の沖縄県庁に入った。入り口周辺に集まった約500人が「基地のたらい回しは許さない」とシュプレヒコールを上げる中、鳩山首相は車内から外に目をやる様子もなく敷地内へ。高嶺議長との面談では、歓迎の花束贈呈の際、司会者がわざわざ「慣例なので」と断りを入れるなど、歓迎ムードとはほど遠い冷ややかな空気が流れた。

普天間飛行場の早期返還と国外・県外移設、そして名護市辺野古沿岸地域への新基地建設反対を求める要望書を高嶺議長から手渡された鳩山首相は「『最低でも県外』と申し上げたことは事実。その言葉の重みはしっかりとかみしめなければならない」。

「公約」を実現させる展望が全く描けなかった沖縄訪問。言葉だけが“空回り”を続けた。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 北朝鮮を支配する憐れな金ブタは、中国・大連と北京へ物乞いの旅! | トップページ | 米国は鳩山を軽蔑しているそうだ!侮蔑の間違いではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮を支配する憐れな金ブタは、中国・大連と北京へ物乞いの旅! | トップページ | 米国は鳩山を軽蔑しているそうだ!侮蔑の間違いではないか? »