« 「ホンダの部品工場(日系企業)」の労働争議に比べ、「鴻海精密工業」の苛酷強制労働放置を糾す! | トップページ | 「鳩山由起夫退陣」「小澤一郎」も道連れ、最初から最後まで実にみっともない! »

2010/06/02

温家宝の滞日中に、鳩山の辞任表明はない! 日本の体面を考えよ!

まぁ、普通に考えても見よ!
重要な客人を招き、その客人と今後の展開について、一応「ご亭主」としての立場で「モノを言い、モノを聞いた」側が、その客人が滞留している最中に、様々な政治責任を取り「辞任」すると表明できるワケがないだろう。
それが普通の常識だと考えるが、マスゴミ各社が報じるところでは、民主党内の声を拾う形の記事の体裁をとりながら「まだ辞めぬ」と非難を重ねるばかりなりだ。

「鳩山は辞めるべし」と「コラコラコラム」は鳩山の内閣成立時点から一貫し主張している。
しかしながら、同時に日本国の体面を汚す事は許さない。
従って、温家宝の滞留中に鳩山が辞任を表明する事はありえないと考えている。
それこそ本当に「面汚し」である。

どうして、ここのところが民主党の議員ドモは理解できないのか?
テメーが落選しそうな選挙などどうでもよいではないか?

マスゴミ各社も、本当にマスゴミである事を露呈し続けている。
全体に日本国の報道機関としての「矜恃」に欠ける。残念でならない。

「コラコラコラム」は「鳩山」を擁護するワケではない。
しかしながら、「客人を招いたご亭主を、客人が滞日中に『辞任表明』へ追い込む事は、末代までの恥である」と考えている。
今日(2日)の午後、温家宝が離日した後に、じっくり鳩山を攻撃すればよいのである。
再三再四、散々、温家宝の「中華饅頭低国」をコケにしている「コラコラコラム」は、日本国の体面を護る上から「鳩山」の辞任表明への追い込みは、武士の情けもあり「留保中」である。

引用開始→ 首相進退持ち越し、小沢・輿石氏と協議 2日にも再会談
(asahi.com 2010年6月1日21時47分)

鳩山由紀夫首相は1日夕、国会内で民主党の小沢一郎幹事長、輿石東参院議員会長と前日に続いて会談した。首相の進退を含め、今後の政権運営について意見交換したが結論は出ず、2日にも改めて協議することになった。民主党内には内閣の支持率下落を踏まえ、参院を中心に首相退陣論が強まっているが、首相は続投意思を変えておらず、協議は難航していると見られる。今国会の会期末が16日に迫る中、野党側は内閣不信任決議案や首相の問責決議案の提出を検討しており、首相の政権運営も厳しさを増している。

首相と小沢氏らとの会談は1日夕、約30分間行われた。途中からは平野博文官房長官も加わった。

会談後、小沢氏は「今日は3人で国会情勢を中心に意見交換した。明日以降、継続して協議するということで今日は別れた。協議の結果を受け、必ず記者会見という形で皆さんにご説明する」とのコメントを出した。平野氏も記者団に「昨日、短時間で3者で状況分析をしたが、今日改めて意見交換をした。引き続き話し合う」と語った。

会談に先立ち、小沢氏は国会内で国民新党代表の亀井静香金融相と会談した。席上、亀井氏は「国民新党としては全力を挙げて鳩山政権を支え続ける。参院選についても全力を挙げてやる」と語り、首相の続投支持を表明した。

ただ、参院民主党の首相退陣論は収まっていない。この日、輿石氏や高嶋良充参院幹事長、平田健二参院国会対策委員長らは国会内で参院常任役員会を開催。桜井充参院政審会長が「現場で戦っている候補者たちの声をきちんと総理に届ける場所をつくってもらいたい」と主張。会合では首相批判が続いたという。

高嶋氏は会合後の記者会見で「選挙戦が展開できるような局面打開をここで図っていくべきではないか。そういうことを進言している」と指摘。そのうえで「表紙を代えれば支持率は上がる可能性が高い」と語り、首相交代に言及した。

これに対し、首相を擁護する声もある。岡田克也外相は同日の記者会見で「トップを代えれば済むと考えるのは私は違うと思う。特に選挙が近くなるとそんな声が出がちだが、国民は見ている」と批判。参院選の改選組の一人も「自分の選挙で都合が悪いからこれまで支えてきた鳩山さんを降ろそうという動きは卑怯(ひきょう)だ」と語った。

一方、社民党の政権離脱で参院の与党系会派は過半数を1議席だけ上回る122議席となり、国会運営は厳しくなっている。郵政改革法案を審議する参院総務委員会と、労働者派遣法改正案を審議する参院厚生労働委員会は、いずれも社民党議員が反対に回れば、与党系議員だけでは過半数に達しない。

さらに、自民党など野党側が参院で首相の問責決議案を提出すれば、与党系議員に造反者が出れば決議案が可決されかねない状況だ。民主党沖縄県連代表の喜納昌吉参院議員は同日、記者団に「筋の通っている問責ならいいが、党利党略ならば困る。まず中身を吟味する」と語り、場合によっては賛成もあり得るとの姿勢を示した。

問責決議案には法的拘束力はないが、可決されれば政権運営への打撃は大きい。自民、公明両党は今週中にも、内閣不信任決議案と首相問責決議案を衆参両院にそれぞれ提出する構えを見せている。社民党幹部の一人はこの日、記者団に「不信任と問責は賛成の方向で調整している」と語っており、社民党が野党色を鮮明にすれば終盤国会が緊迫するのは必至だ。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 「ホンダの部品工場(日系企業)」の労働争議に比べ、「鴻海精密工業」の苛酷強制労働放置を糾す! | トップページ | 「鳩山由起夫退陣」「小澤一郎」も道連れ、最初から最後まで実にみっともない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ホンダの部品工場(日系企業)」の労働争議に比べ、「鴻海精密工業」の苛酷強制労働放置を糾す! | トップページ | 「鳩山由起夫退陣」「小澤一郎」も道連れ、最初から最後まで実にみっともない! »