« 表紙を変えた民主党・菅直人、期待57%も「一 カンの終わり」の始まりかな?! | トップページ | 小澤一郎+田中真紀子の「民主党」乗っ取り作戦 近日大公開 乞うご期待! »

2010/06/07

「鳩山の退陣」 腰抜け谷垣・自民党は錯誤で 政権奪回のチャンスを見逃し三振!

自民党の総裁・谷垣禎一は「鳩山」以上の無能である。
大島幹事長も誠実そうな受け答えだけはジェントルマンだが、政治を読むセンスがないっていうか、根本的に「政局観」に欠ける。

本当に「参議院選挙」に勝ちたいのか?
勝つための仕掛けはどのように考えているのか?

鳩山の退陣という一連の茶番劇を高みの見物で遣り過ごし、最大最高のチャンスで見逃し三振しちゃった。

「普天間基地」の移設先は「辺野古」と5月28日に日米共同声明を示し、元の鞘に収まったその瞬間に、「鳩山内閣不信任案」を衆議院へ提出すべきであった。
時をおくことなく、参議院へも「鳩山内閣問責決議案」を提出すべきだった。
少なくとも福島瑞穂の罷免に関係なく、5月31日には速攻提出すべきであった。

民主党らの与党は、当然ながら「鳩山内閣不信任案」を否決するだろう。
社民党がどう出るか、そんな事を忖度する必要はない。

衆議院で「鳩山内閣不信任案」を否決したその足下で、鳩山に退陣を迫る事はできるワケがない。こんな事は当たり前のハナシである。

すれば、鳩山由起夫の内閣が続くワケで、小澤一郎の民主党幹事長も続くワケだ。
それを受け、大は、①普天間の失敗、②政治資金の不正、③組織的選挙違反、④中国擦り寄り、などを繰り返し激しく批判し攻撃し続ける事ができた。
小は、政治技術や国会戦術などを批判し攻撃を加える展開で、支持率低下に拍車をかけることができた。
どんな展開になっても、民主党は鳩山を降ろす事ができないまま国会も幕引きとなり、ことごとくイメージは低下し、参議院通常選挙と相成るワケで、民主党は満身創痍でオタオタするばかりという事になる。

参議院通常選挙は、民主党らの与党は壊滅的な敗北を喫すことになる。

どうせ、「鳩山内閣不信任案」を衆議院に提出しても、民主党らの数の力で「否決」されるから効果が薄いと、勝手に決めつけたのではないか。
自民党は、本当に選挙に勝つつもりもなければ、政権奪回なんて事は考えもしなかったって事が、今回の「鳩山退陣」を指を咥えて見守るだけに堕した事で鮮明になった。

鳩山も育った家庭環境が良すぎたようだが、谷垣も育った環境が良すぎるようだ。
ケンカの勘っていうか、ケンカを仕掛け一度は負けると見せかけ「その後に勝つ」という勘が働かないのか、「平和でお人好しの坊や」に過ぎない。

自民党も、政局観を欠いた総裁を後生大事に有り難がって頂いている限り「政権奪回」なんて、寝言であり戯れ言に過ぎぬワ。

凡ミス連発の谷垣+大島の自民党は、本気で再生する考えがあるのか否か疑ってしまう。

|

« 表紙を変えた民主党・菅直人、期待57%も「一 カンの終わり」の始まりかな?! | トップページ | 小澤一郎+田中真紀子の「民主党」乗っ取り作戦 近日大公開 乞うご期待! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表紙を変えた民主党・菅直人、期待57%も「一 カンの終わり」の始まりかな?! | トップページ | 小澤一郎+田中真紀子の「民主党」乗っ取り作戦 近日大公開 乞うご期待! »