« 究極の当て馬 泡沫候補? 樽床伸二!あ~ぁあイヤんなっちゃう、あ~ぁあ驚いた!とは牧伸二だが | トップページ | 表紙を変えた民主党・菅直人、期待57%も「一 カンの終わり」の始まりかな?! »

2010/06/05

民主党は小澤一郎とその一派による党破壊へ暗闘が始まるゾ!菅直人は9月まで。オモシロそうだ!

案の定っていうか、小澤一郎は「面白くない」って腹に据えかね憮然としてるんだろうな。
その気持ち、実によぉ~く分かるネ!

菅直人が最初に手がける党内整理はですね、
鳩山が「オーナー気取りで『民主党』の庇を、小澤一郎に貸したところ、(小澤一郎に)母屋を乗っ取られ、床の間に居座られている状態」をもとの正常な姿に戻す事だ。

小澤一郎は、自民党を占領した時もそうだが、テメーの子飼いを軸に「党中党」を形成し、数を頼りにモノ申し居座り続け、批判を加えようモノなら「恫喝」を見舞う。
これで、「借り受けた庇から、母屋の乗っ取り、床の間占領居座り」を完成させるってワケだ。

その本質は、「政治利権の獲得」であり「私腹を肥やす」ためである。
小澤一郎にとり、政治はカネ儲けの手段に過ぎない。
カネ儲けは、小澤一郎の「私腹」を増大増強させるために行うのである。
ナァ~ンでか?
それはネェ、日本を独裁支配したいため!
それが、小澤一郎の夢だから。

民主党に告ぐ!
政党再編に舵を切れ!
小澤一郎一派を追い払え!

自民党に告ぐ!
政党再編に舵を切れ!
自民党内の小澤一郎一派を追い払え!

ピュアな「自民党」+「民主党」で政界再編を決断せよ!

政界の敵は、ゾンビ小澤一郎でありその子飼いと手下ドモである!

小澤一郎は、民主党内で反抗の狼煙を上げた。
9月政変を宣言したワケだ。
菅直人打倒宣言である。

菅直人は、小澤一郎一派に打倒されよ!
それを機に、日本の政治に巣喰うシロアリでありゾンビである小澤一郎を9月に追放せよ!
まぁ、永田町の9月革命だな!

この間に、東京地検は小澤一郎を引っ捕らえる事をセヨ!

菅直人が二番目に取り組むのは永田町の再編だ!
政治から「政治利権」と「私腹拡大」を廃絶せよ!
関わった、政治家と官僚を「厳罰」に処する法律「政治家と行政官による斡旋利得禁止法」を刑事厳罰明記で制定せよ!
「斡旋利得禁止法」に関連し、利得全額を「民事と行政面から求償請求」できる事を明記せよ!
これを遡り適用できる法体系として整備せよ!
菅直人は、政治の信頼を取り戻したいなら、小澤一郎と小澤一郎的政治屋を一掃するには、この法律制定が不可欠と考えよ!

引用開始→“反、脱”小沢の流れ加速も「樽床氏の129票無視できぬ」
(夕刊フジ2010.06.04)

民主党の小沢一郎幹事長(68)が苦境に立たされている。4日の党代表選では小沢包囲網を築かれ、「脱小沢」を明言した菅直人副総理兼財務相(63)有効投票420票の3分の2を超える291票をさらわれた。しかし、小沢氏に近い樽床伸二衆院議員(50)が、大逆風のなか3ケタを獲得。小沢氏に近いベテラン議員は「小沢グループを軒並み排除すれば、9月に予定されている正規の民主党代表選が大変になる」と警告した。

小沢氏は4日の代表選で、グレーのスーツに黄色いネクタイ姿で現れ、淡々とした表情で投票に臨んだ。ただ、今回の代表選では、150人規模を誇る最大勢力「小沢グループ」に誤算が続出した。

小沢氏は菅氏への対抗馬として、田中真紀子元外相(66)に2日午後電話をかけて「出ないか?」と出馬を促した。だが、「私の出る幕じゃない」と断られた。続いて、海江田万里選対委員長代理(61)にも側近議員を通じて打診。代表選前日の3日夕には、原口一博総務相(50)の擁立に動いたが、いずれも固持された。

最終的に、小沢グループは樽床氏の支持も検討したが、意見集約は難航。結局、3日夜になって「自主投票」に落ち着かざるをえなかった。

ただ、「闇将軍の小沢氏が簡単に影響力を手放すわけがない」(自民党関係者)との見方は強い。

民主党関係者は「樽床氏の推薦人に、小沢氏最側近の樋高剛衆院議員と佐藤公治参院議員の名前があり、その樽床氏が100票以上取った。これはそのまま小沢氏直轄の影響力とも取れる。菅氏はこの力を無視できない」と話す。

また、民主党中堅は「新代表でも参院選の苦戦は変わらない。菅氏の責任論が浮上する可能性もあり、代表任期切れに伴う9月の代表選が勝負どころをみているのでは」と指摘する。

小沢氏も、次期代表選には積極的に関与する意向を示しているというが、捲土重来はあるのか。←引用終わり
Copyright © 2010 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

引用開始→「本番は9月だ」小沢氏が独自候補擁立に意欲
(2010年6月5日00時09分  読売新聞)

民主党の小沢幹事長は4日夜、東京都内で開かれた小沢グループの会合で、菅新首相が選出された同日の代表選について「今回は自分が表に立てなくて申し訳なかった。しかし、本番は9月だ」と述べた。

菅氏の任期(鳩山首相の党代表としての残任期間)満了に伴う9月の代表選で、独自候補擁立を目指す考えを示したものだ。

同グループは今回、独自候補擁立を見送り、自主投票となった。出席者からは小沢氏の立候補を求める意見も出た。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 究極の当て馬 泡沫候補? 樽床伸二!あ~ぁあイヤんなっちゃう、あ~ぁあ驚いた!とは牧伸二だが | トップページ | 表紙を変えた民主党・菅直人、期待57%も「一 カンの終わり」の始まりかな?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 究極の当て馬 泡沫候補? 樽床伸二!あ~ぁあイヤんなっちゃう、あ~ぁあ驚いた!とは牧伸二だが | トップページ | 表紙を変えた民主党・菅直人、期待57%も「一 カンの終わり」の始まりかな?! »