« 中国は、株価低迷や金融危機に陥っても「厚顔」と「したたか」を貫くと考える | トップページ | 「安保闘争」50年か?!長い歳月か、短い歳月か? 激しく劇的な日々が連続したな »

2010/06/16

不思議政党「国民新党」のヤカマシ・カメと摩訶不思議政党「社民党」アンポンタン・ミズホが「そして誰もいなくなった」と吼えたとか?!

コクチントォ代表選手のヤカマシ・カメさん。
ダミントォ代表チャンプのアンポンタン・ミズホ姉さん。

寄り集い、切り捨てられた者同士が、得意の舌足らずの毒舌で「ミンチトォ」扱き下ろしを繰り広げたとか?!

コクチントォは、なんと「郵政ファミリー」の丸抱えだって?!
そうか?! ガンバルなぁ~! ご主人様の意のままに、突撃できるんだ!

でも、チョッと異様な金額だよな?!
凄いね! コチトラ「日々、金が廻らない、首も回らない」って状態の側からすりゃぁ、真に実に羨ましい限りだね!

「郵政民営化」に疑問を持っていた側としても、コクチントォに対する郵政献金は箍が外れてるって、言ってやりたい! 「バカにするな!」と。

ヤカマシ・カメさん、小選挙区でカメさんの近隣選挙区に変更されちゃった、カメさんを長年にわたり熱く支持してきた応援者も、少々、嘆いておられましたよ!

丸抱えは、どうかと思いますけどね?!

引用開始→ 全国郵便局長側、国民新党に8億円資金提供 「露骨な利益誘導」指摘も
(産経MSN2010.6.14 02:00)

郵政改革法案の可決を目指す国民新党側に、全国の郵便局長らが過去3年間で総額8億1973万円を資金提供していたことが13日、産経新聞の調べで分かった。「全国郵便局長会」(旧「全国特定郵便局長会」)の会員やOB、家族らでつくる政治団体「郵政政策研究会」がパーティー券購入や寄付を行い、郵便局長らは国民新党の職域支部「国民新党憲友会」にも納金していた。国会議員9人の小政党に特定の団体側から8億円もの資金が流れていた事実に、識者からは「露骨な利益誘導」とする批判の声も出ている。(調査報道班)

国民新党は郵政解散直後の平成17年8月に設立。18~20年の政治資金収支報告書によると、郵政研はこの間、全国の郵便局長らから個人献金計約7億5738万円を受領。党の衆参両院議員の現職や元職、候補者ら計12人の政治団体にパーティー券購入や寄付で、計2億5500万円を支出した。

国民新党への寄付と、国民新党側が年1回開催する政治資金パーティー「国民新党総決起大会」でも、郵政研は計2350万円を支出しており、国民新党側への支出は3年間で総額2億7850万円に上る。

国民新党側は、全国に12ある郵政研の地方組織「郵政研地方本部」からも3年間で計5750万円を受領した。

また国民新党の職域支部「国民新党憲友会」は、郵便局長やOB、家族ら約21万3900人が党員登録し、3年間に党費として約6億1559万円、個人献金として9992万円を集めていた。このうち2億3178万円は郵政研側に環流。憲友会の代表は、日本郵政を監督する総務省の長谷川憲正政務官が務める。

巨額の資金に基づく利益誘導の有無について、国民新党と郵政研はともに「まったくない。法的にも問題はない」としている。

独協大法科大学院の右崎正博教授(憲法学)の話

「特定の勢力から巨額の資金提供を受け、その勢力の望む政策を実行するのは、露骨な利益誘導といわざるを得ない。小政党の国民新党は、大政党と比べて資金量も大きく劣ることから、郵便局長会側の資金への依存度は相対的に高く、より露骨だ。郵便局長が中心となった職域団体の代表が総務政務官というのも、公平性に疑問がある」←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

毒舌についてですが、言い得て妙というべきでしょうかナ?
アガサ・クリスティの小説みたいに「そして、誰もいなくなった」って言う方が洒脱だよね。
「いなくなる運命だったのさ」って指摘してやろうじゃないか。

引用開始→“脱民主”の男女2人が毒舌会談 「3党首は全部いなくなった」
(産経MSN2010.6.15 17:36)

郵政改革・金融担当相を辞任した国民新党の亀井静香代表と消費者・少子化担当相を罷免された社民党の福島瑞穂党首が14日、都内で会談した。夏の参院選に向け、国民新党が社民党の3候補に推薦状を渡すためだったが、会談はさながら民主党に対する毒舌ショーとなった。

亀井氏は「(鳩山由紀夫前首相を含め)連立政権の最初の3党の党首が全部(内閣から)いなくなっちゃった」と民主党への恨み節を交えつつ、福島氏に「うちはどっかの党と違って約束を破ったりせんから。(選挙支援は)全力投球でやらせる」と強調。

福島氏が、社民党の連立離脱で鳩山政権崩壊が加速したことを念頭に、「私、菅内閣の生みの親とか言われています」とブラックジョークを放つと、亀井氏はすかさず「良い子が生まれた?」と切り返し、郵政改革関連法案の今国会成立を見送った菅直人首相を揶揄(やゆ)した。

亀井氏は11日未明、民主党が郵政改革法案の今国会成立を見送ったことに反発して郵政改革・金融相を辞任。福島氏は、鳩山政権が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設先を同県名護市辺野古(へのこ)崎地区に決めたため閣僚を罷免され、社民党は5月30日に連立離脱を正式決定した。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

コクチントォでヤカマシ・カメさんの草履取りを担当してた、アカラ・シモジモは確か、
「普天間基地の移転先が『沖縄県内』だったら、自分は『議員辞職』して抗議する」
と舌足らずで非論理的、感情剥き出しの大見得を切ったはずだが、一向に辞職する気配もなければ決意もないようだ!
ホントに言った者勝ちっていう、その場限りで、無責任の言いたい放題、こんなヤロウが跋扈しすぎだよ。
アカラ・シモジモは、自らの発言に責任を持てぇ~!
宣言どおり「衆議院議員」を辞職せよぉ~!

何が、コクチントォ幹事長だ?!
アカラ・シモジモは、便秘で血圧が高いのか知らねぇが、浣腸でもして血圧下げた方がイイぞぉ~!
だから、(幹事長じゃなくって)浣腸の間違いじゃねぇのか?

「チッとは、ハジを知れ!ハジを!」。

引用開始→ 国民新党幹事長に下地氏 自見氏は副代表
(産経MSN2010.6.14 14:56)

国民新党は14日、郵政改革・金融相に就任した自見庄三郎幹事長の後任に、下地幹郎国対委員長を兼務させる人事を決めた。自見氏は副代表に就く。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 中国は、株価低迷や金融危機に陥っても「厚顔」と「したたか」を貫くと考える | トップページ | 「安保闘争」50年か?!長い歳月か、短い歳月か? 激しく劇的な日々が連続したな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国は、株価低迷や金融危機に陥っても「厚顔」と「したたか」を貫くと考える | トップページ | 「安保闘争」50年か?!長い歳月か、短い歳月か? 激しく劇的な日々が連続したな »