« サッカーWカップ日本代表チームのプレイへ、中国で「絶賛の声」多数とか?! | トップページ | 日本振興銀行いわゆる”木村銀行”は「ヤブの中のカネ貸し業務」が得意だった?! »

2010/06/27

竹原信一阿久根市長の傍若無人は、投票した側に責任がある!「愚者愚者珍民」ドモの選挙での無責任な投票行動は恐怖だ!

阿久根市長に竹原信一を選んだのは、阿久根市民だ、市長は言語道断で手に負えないようだが、阿久根の市民は自ら選んだ責任を感じないのだろうか。

厚顔無恥な竹原市長は、自分は選挙で直接「市民」から選ばれたのだから、市政を執行する上で自分の信念を貫き通すのは当然だと、開き直り、裁判所の判決も無視する無法ぶりを繰り広げている。

勝手放題、好き放題ってのは、阿久根の竹原市長にピッタリのようだが。

阿久根の市民は、おそらく「此処まで酷い市長だとは思わなかった」と言うのだろうな。
しかしながら、選んだ責任があるのだ。
投票した責任があるのだ。

もはや、阿久根市はコミカル・マンガの領域にあると言って過言ではない。
全く以て話にならない。

裁判所が判決を出し。
上位に位置する、鹿児島県知事が「市政の正常化」を助言し、場合によれば「是正勧告」を出すとも言われている。
しかし、当の本人は馬耳東風で、裁判所や知事が何するモノぞという姿勢らしい。

こうなれば、国が乗り出すのか?
総務省が「ホラグチ・ダイジン」に命令されて事態の収拾に乗り出す?
それでも一蹴されたら、「総務省も、ホラグチ・ダイジン」も立場がないワな?!

竹原某は、ホラグチの程度じゃぁ、引っ込まないだろうよ。

後は、阿久根の市民が、一度「私憤や私怨を忘れ」て、竹原某をリコールする事だナ。
傍若無人を市長に担ぐと、真にっていうか本当に高く付いたネぇ~!

大阪腐恥事にハシゲを選んだ、大阪府民も間もなく巨大なっていうか莫大なツケを払わされるコトになるだろうな!
オモシロイ事になりそうだ!興味津々で見物させてもらおうか?
大阪府民も阿久根市民も、本質的には変わらないから「あの低度のヤロウ」へ投票し「最悪・サイテー」のをワザワザ選び出したワケだから。

責任は、当たり前の事だけど、降りかかるよナ?!
その責任の代償は支払う義務があるよナ?!

選挙って、恐ろしいネぇ~!
「市井の志民」が自分自身は、正しく選び出し「投票」してもサ、世の中の「愚者愚者珍民」ドモが徒党を組み集団で「(無自覚に)自殺的選択」をしちゃうと、その時点でアウトだよナ。

世の中は、「参議院議員通常選挙」で「民主党ら」の過半数阻止だって、大声で騒いでいるけど、「まぁ、その主張は正しいし、阻止せにゃぁナラヌ」けどさ、参議院で過半数を取れなくしたからって、議院内閣制の根源である衆議院は「民主党ら」の勢力が65%以上の勢力なんだから、あと3年も待たなきゃ「菅・官内閣」は消えないってコトだ。

去年の夏に、「民主党」へ投票した「愚者愚者珍民」ドモは責任をとれ!
売国一直線に手を貸し染めたワケだ!

阿久根の市長竹原信一と大阪腐恥事ハシゲの選ばれ方と、その後を見て、ポピュリズム(大衆迎合)政治の恐ろしさを見せられている。

「民主党」を選んだ事も同じ構図だ!
無能のハトヤマが出てきて、こんなハズではなかったって言ったところで遅すぎだ!

阿久根の市民が、「シマッタ、竹原みたいなヤロウに投票すんじゃなかった」と今さら言っても後の祭りってモノだ。

さて「参議院選挙」である。
同じ轍を踏まないように、シッカリ目を見開き、最良の選択がなされるコトをささやかに望みたい。

引用開始→ 阿久根市長と会談の知事「法の土俵で相撲を」
(2010年6月25日21時33分  読売新聞)

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が市議会を開かずに専決処分を繰り返している問題で、伊藤祐一郎知事と市長は25日、県庁で会談した。

非公開で約1時間10分行われ、知事が臨時議会の招集などを強く求めたのに対し、市長は持論を展開して物別れに終わった。

知事は22日、市長に適切な事務処理を求める助言を行った。知事によると、会談ではこれを踏まえ、〈1〉臨時議会または定例会の招集〈2〉専決処分した固定資産税率引き下げの廃止〈3〉議員報酬、職員給与改正の撤回――を再度求めた。

臨時議会は反市長派の市議が地方自治法に基づいて請求しており、知事は「法の土俵の上で相撲を取るべきだ」などと強く求めた。また28日までに招集しない場合は「法に抵触する。しかるべき対応をとる」として是正勧告を含めた強い措置に出ることを示唆した。

これに対し、市長は「反市長派市議から不信任を受ける異例な状況にあるため議会の意向を諮ることなく私なりの判断をしている」などと主張したという。市長は取材に応じなかった。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→ 阿久根市長に職員9割“反乱”…法令守れと上申書
(2010年6月26日08時50分  読売新聞)

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長に対し、同市職員180人が25日、連名で法令を守るように求める上申書を提出した。

幹部職員約20人も近く、同様の上申書を提出する構え。215人いる市職員の9割強が賛同することになり、関係者は「市長の違法な行動は看過できない。団結して異を唱えることにした」と話している。

職員によると、同県の伊藤祐一郎知事が22日、竹原市長に対し事務処理の適切な運営を求める助言をしたことを受けて提出に踏み切った。上申書では〈1〉臨時議会の早急な招集〈2〉専決処分した固定資産税率の引き下げの撤回〈3〉法令を順守した市政運営――などを求めている。

署名したのは、一般職員190人のうち、休職や出向している10人を除いた180人と、課長級の二十数名のうち、竹原市長が民間から登用した数人を除いた20人。一般職員の上申書は25日、総務課長が受け取った。幹部職員の上申書は28日に直接竹原市長に手渡すという。

市長は昨年7月、人件費の張り紙をはがした元係長の男性(46)を懲戒免職にし、今年1月の仕事始め式では「命令に従わない職員には辞めてもらう」と公言。3月議会への出席を拒否する一方、課長らにも答弁しないよう命じるなど職員への締め付けを強めている。

ある職員は「このままでは阿久根の恥になると思っていたが、処分が怖くて市長に意見を言うことができなかった。今回、知事が改善に乗り出してくれたので署名した」と話した。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« サッカーWカップ日本代表チームのプレイへ、中国で「絶賛の声」多数とか?! | トップページ | 日本振興銀行いわゆる”木村銀行”は「ヤブの中のカネ貸し業務」が得意だった?! »

コメント

大阪のハシシタ新党みんな次の選挙でハシシタの人気を当て込んでなだれを打って参加。
ぐちゃぐちゃになってからでは遅いのにその程度の知事を選んだのはその程度の府民だということ。
阿久根も無法市長を選んだ質は阿久根の市民の質を表しているから、質という入れ物がいっぱいならそれ以上の質は入らないということだね。

投稿: ゆきぼー | 2010/07/01 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サッカーWカップ日本代表チームのプレイへ、中国で「絶賛の声」多数とか?! | トップページ | 日本振興銀行いわゆる”木村銀行”は「ヤブの中のカネ貸し業務」が得意だった?! »