« 大阪府知事・橋下 徹へ、擦り寄る「維新の会」クズ議員ドモに政策はあるのか? | トップページ | 辻元姐さん、離党表明 アンポンタン・ミズホの「オムライス」で食中毒が原因か? »

2010/07/27

パリの街には「ベリブ」(自転車)がよく似合う!

パリは平坦な街だ。小高いのはモンマルトルの丘くらいだ。
パリの街は、少し頑張れば、街を楽しみながらほぼ歩いて移動できる。
そんなパリの街を縫うようにメトロは路線を敷いている。
更に、路線バスも網羅されている。
経験からいうと、パリの移動でさほど苦労する事は無い。

生活空間という距離感の中で、多くの所用を済ませる事もできる。

時間があれば、セーヌ川沿いに歩いてみるても興味深い経験を得られる事だろう。

「ルーブル美術館」の館内を隈無く歩くには一日で足りないように、パリの街を知るにも一日では足りない、できれば歩いてパリをゆっくり楽しむ事をお勧めしたい。
ルーブルの横にある、リヴォリ通りを歩くのではなく、一本隣のサントノーレ通りを歩くとルーブル付近からマドレーヌ寺院まで目を楽しませてくれる事を確約できる。

少し遠い距離の移動には自転車を使えば快適だろうと思っていた。
赴任できた頃、行きはメトロで帰りは歩いてパリの街を覚えた。
パリの臭いを、街の臭いを知ろうと、歩きながら目と耳と鼻で、パリの街を捉えようと挌闘した事を想いだしている。

パリの街には「2CV」がよく似合っていた。
プジョーもよいけれど、「2CV」が実に見事にハマってたナ。
でも、ヤッパリ自転車が一番だろうナ。

その頃は、自転車に乗らなかった。

3年前にパリ市が実験的に「ベリブ」を提供するってネタを知ったとき、「オォ~!さすがはパリだ」と少しばかり感動した。
もし、行けば必ず「ベリブ」を使用したいってスレッドを立てたような気もする。

しかし、パリへ送り込んだ弟子が日本へ帰って来る事の方が多くなった。
「そうだよな」。
「ナンのために、弟子を送り込んだのか」。

で、「ベリブ」は使っているか?
と質問してみると、「イエ、自分のオリジンで往き来しています!」。
「ナルほど」って返すしか能がないけど、やはり自転車がパリには似合う。

引用開始→【Viva!ヨーロッパ】パリ 誕生から3年 新名物になったベリブ
(産経MSN2010.7.26 19:50) 写真は割愛します

パリの街に賃料が格安のベリブ(自由自転車)が誕生してこの7月で3年になった。街中をスイスイと走るグレーの車体は、今やエッフェル塔や地下鉄と並んでパリ名物だ。

■健康・環境志向と合致

ベルトラン・ドラノエ・パリ市長(60)=社会党=が社会党とともに市議会与党を構成する環境政党、緑の党と組んで温室効果ガス排出量を抑える手段としてベリブを発足させたのは2007年7月。ベリブは「ベロ(自転車)」と「リブ(自由)」の合成語で色はグレー。発足当時は7500台で駐車場は750カ所だった。専用のウエブサイトで1年間有効の利用券(29ユーロ=約3200円)を買うか、駐輪場で1週間の有効券(5ユーロ=約550円)か1日券(1ユーロ=約110円)を買うが、最初の30分までは1日に何度乗っても無料だ。

地下鉄やバスなど公共交通網のストで通勤に利用者が一挙に増えたほか、24時間利用可能なので地下鉄やバスの終電後のタクシー代わりとしても重宝で、健康志向、環境尊重志向などと相まって、「一度、利用したらやみつきになる」(フランス男性)と、たちまちブームに。観光客にとっても、「パリに行ってベリブに乗るのも目的」(ドイツ人学生)という人気者になった。

■故障、事故が急増

3年後の現在、自転車数は2万600台、駐輪場は1205カ所に増え、3年間の利用回数は8000万回に上る。男性の利用者が52%で女性が48%。年齢別では26~35歳が40%で最も多い(数字は10年7月、パリ市発表)。

ただ、利用者が増えるに従って、ベリブの欠点も目立ってきた。まず車体が22・5キロと重い。私自身も試してみたが、腕力がないせいかヨロヨロし、バスが横を通ったときは風圧で倒れそうになったので残念ながら利用を中止した。

壊れている自転車も増え、1日に修理を必要とする自転車数は平均1500台。このうち200台はブレーキの故障など重度の故障だ(09年度)。

ベリブの普及で自転車による交通違反が増えたとの指摘もある。06年に3904件だったのが、07年には1万1267件に急増したからだ。自転車による交通事故死は稀(まれ)だったが、ベリブによる交通事故死も09年7月段階で4人に上る。

■値上げも検討中

パリ市の交通行政を批判した「レーダー、大いなる嘘」(ジャンリュック・ノブロー著、09年刊行)によると、ベリブの盗難車総数は8000台に上るという。また、ベリブによる赤字も市の財政を圧迫していると指摘している。故障や盗難、交通違反の中には犯罪に利用した結果とみられるものも多い。

1年間の有効券利用者数は08年の20万から10年は7月現在で16万に減少した。市は目下、1年間有効券を29ユーロから43・5ユーロ(約4800円)に、30分以内無料を45分以内無料にする価格変更を検討中だ。(パリ 山口昌子、写真も/SANKEI EXPRESS) ←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 大阪府知事・橋下 徹へ、擦り寄る「維新の会」クズ議員ドモに政策はあるのか? | トップページ | 辻元姐さん、離党表明 アンポンタン・ミズホの「オムライス」で食中毒が原因か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪府知事・橋下 徹へ、擦り寄る「維新の会」クズ議員ドモに政策はあるのか? | トップページ | 辻元姐さん、離党表明 アンポンタン・ミズホの「オムライス」で食中毒が原因か? »