« 「日韓併合謝罪」菅と仙石・民主党の売国政治を許すな! シッカリしろ自民党! | トップページ | 「民主党」の政治 菅直人+仙石由人の政権は、当に素人の手慰みだ! »

2010/08/11

菅直人+仙石由人が率いる「民主党売国政権」による「日韓併合お詫び談話」のウソが暴かれる!

「密室政治」は、民主党のお家芸だから多少の事では驚きもしない。
「民主党の密室政治」は、小澤一郎でも鳩山由紀夫でも菅直人+仙石由人でも、何ら変わることがない。
もともと互いの思想を始め政治基盤や主張が根本的に異なるのだから、それを突き崩されずに個人的野望を達成するには、密室政治が最も効果的だから、反対者に気づかれず賛意を持つ者だけで都合良く秘密裏に決定するワケだ。
そもそも「密室政治」は、小澤一郎の得意技で民主党のお家芸である。

これまでも「民主党の政策」やら「民主党の政権公約」は、①いつ、②どこで、③だれが、④どのように、⑤どういう方法で、検討し決定したのか全く分からない状態で、さみだれ的に公表されいつの間にか政府の方針に化けるのが常態化してきた。

それを含め、「民主党の透明性の無さ」に対し、国民は先の参議院選挙で「NO」と意志表示したのである。

それを反省する事もなく、これまでの積み上げ(民主主義の過程)を全く無視し、個人的な癖とも云える思想に基づく思考主張の実現を図ろうと姑息な手段を用いたのが「日韓併合お詫び談話」である。

何ら、公開性のない個人的な集まりで起草した文案を閣議決定し発表したワケだ。
玄葉光一郎行政刷新担当相は閣僚懇談会で苦言を呈したとキレイ事の言い逃れをしているが、発表談話に閣議決定の場で署名しているのである。
これが民主党のというか民主党議員の小狡さであり本質である。
反対なら、閣議の場で反対の論陣を張り署名を拒否し内閣を辞する事が正しい途である。
それもしないで、自分は一応、懸念を表明したと述べ立て「自らの手はキレイ」のだとの主張を試みる浅はかさを露呈するのである。

コッラ、玄葉!バカも休み休み言いやがれ!

菅直人と仙石由人は、傲岸不遜のヤカラそのものである。

一日も早く、仙石由人に操られた菅直人の政権を打倒し、2010年8月10日発表の首相談話の無効声明の発表と無効確認の国会議決が求められる。

「コラコラコラム」は、先んじて声明する、
菅直人が勝手に発表した「2010年8月10日発表の首相談話」は、正当な手続きを経ていないため日本国および日本国民は、その内容について責任を負う立場にない。

引用開始→【首相談話】密室で決められた談話 大きな禍根残す
(産経MSN2010.8.10 23:14)

政権が再び“暴走”を始めた。菅直人首相が10日発表した日韓併合100年に関する談話は、十分な議論もないまま閣議決定され、平成7年の「村山談話」と比べても大きく踏み込んだ内容となっている。先の参院選で、その暴走傾向に「NO」を突きつけられたはずの菅政権だが、今度は歴史認識問題で大きな禍根を残そうとしている。

今回の首相談話は、まさに密室の中で決められた。

政府側が民主党サイドに「首相談話を10日に閣議決定」との方針を伝えたのは9日午後。福山哲郎官房副長官が党政調幹部を国会内に集め、談話の骨子を説明した。一部の出席者は「いつまで謝罪を続けるのか」と反対論を唱えたが、首相は黙殺するように側近議員と首相公邸にこもり、ひそかに文案を練り続けた。

こうして作成された談話は10日午前の閣議にはかられ、全閣僚が署名した。ただ、民主党政調会長でもある玄葉光一郎行政刷新担当相は閣僚懇談会であえて苦言を呈した。

「すべての段取りができあがって『こういう風に』と言われても大きな変更はできない。今後は早い段階で相談してほしい」

首相談話の内容に驚いたのは民主党議員だけではない。ある外務省幹部は「官邸にだまし討ちされた」と憤る。

もともと外務省は今回の談話に重大な懸念を持っていた。補償問題は昭和40年の日韓基本条約によって「完全かつ最終的」に解決済みというのが、日本政府の一貫した立場だが、仙谷由人官房長官が新たな補償に前向きな姿勢を示していたからだ。

外務省側は仙谷氏らに新たな謝罪・補償には応じないよう「ご説明」を繰り返した。官邸側は「参考にさせてもらう」と返答してきた。安心した外務省は7月21日、文化財等の韓国への引き渡しを「検討している事実はない」(児玉和夫外務報道官)とする“公式見解”を出したが、結果は違った。

今回の談話には、韓国政府への過剰な配慮も見え隠れする。

日韓併合100年にあわせた談話ならば、併合条約が発効した8月29日や終戦の日の8月15日の方がふさわしい。

だが、政権にとっては8月15日より前の談話発表が絶対条件だった。8月15日は韓国にとって植民地支配から解放された「光復節」にあたり、大統領が国民に演説するのが通例だ。今年は併合100年の節目であり、韓国国民の期待は例年に増して高いという。

李大統領は10日、菅首相との電話会談で「真心のこもった談話だ」と称賛した。菅談話は当然、李大統領演説で取り上げられるだろう。菅首相が談話発表を急いだ理由はここにあるのではないか。

菅談話で韓国国民が最も留飲を下げたのは、次のくだりだろう。

「当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました」

日韓併合をめぐっては、その出発点となる併合条約の合法性に関し、両国で見解が対立している。日本の立場は「(条約は)両者の完全な意思、平等な立場において締結された」(昭和40年、佐藤栄作首相答弁)という合法論で、これを歴代政権が引き継いできた。

菅談話の先の言葉は、朝鮮半島統治の「違法性」に踏み込み、併合条約の「無効性」を認めかねない危険をはらむ。これは村山談話にもなかった内容だ。

「国民の意見を反映した民主主義。私の言葉で言えば『参加型の民主主義』がこのねじれ国会という天の配剤の中で誕生しつつあるのではないか」

首相は記者会見でこう語り、胸を張った。だが、言葉とは裏腹に、談話策定の経緯を追うと「密室政治」の到来を予感させる。(船津寛)←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 「日韓併合謝罪」菅と仙石・民主党の売国政治を許すな! シッカリしろ自民党! | トップページ | 「民主党」の政治 菅直人+仙石由人の政権は、当に素人の手慰みだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日韓併合謝罪」菅と仙石・民主党の売国政治を許すな! シッカリしろ自民党! | トップページ | 「民主党」の政治 菅直人+仙石由人の政権は、当に素人の手慰みだ! »