« 北朝鮮の金ブタ、中国に泣きつくも北京訪問を許されず、成果なく追い返される! | トップページ | 茶番政党「民主党」代表選 ガチンコ勝負で分裂回避の密室談合の握り合い!? »

2010/08/30

民主党、代表選は「菅・仙」VS.「小・鳩」のガチンコ勝負で崩壊せよ!

日本の危機を救うのは、民主党が音を立てて崩壊する事だ!
その道こそは、代表選挙で「菅・仙」と「小・鳩」が公開の場で大激突を繰り広げる事だ。
妬みに基づく「罵詈雑言」が飛び交い、足を引っ張り合い、憎しみを増大させ、お互いの腹の底へ手を突っ込み全てをブチ撒け、消耗してしまう事である。

そして、元々、存在する理由がなかったワケだから、崩壊消滅する事である。
民主党こそ究極の泡沫政党である。

市井の志民は、民主党がガチンコ勝負で崩壊する事を期待し待っている。

だのにである、
連合のゴミ古賀が、足下に縋り付く小澤に、「党が割れる」と懸念した事が漏れ出すと、今度は一転して、「裏で手を握り合う」事へ雪崩を打つワケである。

「小・鳩」陣営のルーピー・ハトヤマは、ロシア無責任大旅行から帰り着いたら、ネコ背の菅直人と密室談合に及び、ガチンコ勝負を避けようと画策中との事だ。

所詮は、論理的に考える能力がないルーピー・ハトヤマが、民主党のオーナー気取りでアレコレ画策するからオカシクなるのである。
この未熟者!バカにするな!

民主党、一日も早く崩壊せよ!解散せよ!それこそが日本を救う途である!

引用開始→【主張】政権交代1年 未熟さが作り出した惨状
(産経MSN2010.8.30 03:20)

昨年8月30日の衆院選で民主党が308議席を獲得し、政権交代を実現してから1年が経過した。政権が交代することに意味はあるが、今の日本の惨状の多くは、政権担当能力が欠如している政党が国政を担ったことによるといえる。

ばらまきによるポピュリズム政治、急激な円高に何ら有効策を打てないでいる対応のまずさ、米軍普天間飛行場移設問題の迷走と日米同盟の空洞化などをみれば、政権交代に裏切られた思いを抱く国民も少なくないだろう。

外交・安全保障の基軸を共有してこなかった、この国の二大政党制が、いかに問題をはらんでいたか。自民党政治を踏襲しないとした民主党は未熟さを直視し、国益と国民の利益を実現する現実路線に大きく転換することが求められている。

だが、その民主党の代表選は、不毛な選択ともいえる様相を見せている。

ばらまき政治の張本人であり、政治とカネの問題で開き直っている小沢一郎前幹事長と、参院選大敗の責任を取らずに政治空白をつくり上げている菅直人首相との一騎打ちの構図は、日本を再生する道をふさいでいる。

なぜ候補は、この2人だけなのか。とくに、検察審査会で刑事責任の有無が検討されている小沢氏は、候補者としての適格性が疑われる。それぞれの支持勢力は、何の疑問も抱かずに代表選へ臨む愚かさに気付くべきだ。「恩返し」などの発言には耳を疑う。

多くの失政の一方、予算執行のあり方に迫った事業仕分けは注目を集めた。不十分な知識による独断的な結論や、パフォーマンス先行の印象を与えた点は問題だが、予算の使い方を公開の場で議論する手法は、国民と政治の距離を近づけたともいえる。

しかし、どのような国家戦略に基づいて予算を配分するかという根本は定まっていない。「政治主導」の象徴ともいえる国家戦略室を、菅首相は提言機関に格下げした。国をどうするかを明確にしない限り、この政権の政治主導は空回りを続けるだろう。

参院選で勝利した自民党も、政権復帰が近づいたとは言い難い。受け皿となるよう信頼回復に全力を挙げるしかない。健全な保守勢力を再結集する核となることに強く期待する。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→【民主党代表選】全面激突回避で、仙谷官房長官の更迭論が急浮上
(産経MSN2010.8.30 01:29)

民主党代表選(9月1日告示、14日投開票)の対応をめぐり、菅直人首相は29日夜、首相公邸で鳩山由紀夫前首相と25日に続き再会談した。代表選で小沢一郎前幹事長と一騎打ちとなる公算が大きくなり、党内に「党分裂」への懸念が高まる中、首相は全面対決回避に向け、土壇場の調整を求めたとみられる。「脱小沢路線」を主導してきた仙谷由人官房長官の更迭論も急浮上しており、首相と小沢氏の直接会談が実現するかどうかが焦点となる。

会談で鳩山氏は、小沢氏の処遇を含め、「挙党一致」態勢の構築を重ねて要請するとともに小沢氏との直接会談による事態打開を求めた。併せて仙谷氏の更迭を求めたとみられる。

首相は鳩山氏に小沢氏との会談の調整を要請した。首相と小沢氏は31日に出馬会見を予定しており、会談が実現するならば30日夜となる公算が大きい。

会談後、鳩山氏は記者団に「挙党態勢でまとまったか」と問われ、「挙党態勢は挙党態勢だ」と答えた。側近には「言いたいことはすべて言った」と伝えた。

鳩山氏は29日午後、都内のホテルで仙谷氏とも会談。仙谷氏は会談後、記者団に「深刻な事態にならないように私も努力したい。(無投票の可能性は)十二分にある」と述べた。

仙谷氏が所属する前原グループ(凌雲会)にも仙谷氏更迭を条件に小沢氏の出馬回避を模索する動きが出ている。仙谷氏本人も周辺に「オレの首を差し出して収まるならば、いつでも辞めてやる」と漏らしているが、仙谷氏の更迭は政権の命取りになりかねないため慎重論も根強い。

一方、小沢氏サイドでは枝野幸男幹事長の更迭を求める声も強い。これに対して仙谷氏は、参院選大敗を念頭に「幹事長に小沢氏が就くのはダメだが、向こう(親小沢派)に渡してもいい」との考えを周囲に漏らしたとされる。

首相との会談に先立ち、鳩山氏は29日午後、都内のホテルで鳩山グループ幹部と対応を協議。鳩山氏は「首相は党内の厳しい情勢を把握しているのか。誰でも代表選に立候補する権限はある。まずは首相と小沢氏が話し合うことだ」と語った。グループ幹部は「党分裂を避けるため、首相が小沢氏に頭を下げるべきだ」と要請し、鳩山氏は首相に伝えたとみられる。

鳩山氏は25日の会談でも小沢氏の要職での起用を求めたが、首相は拒否した。鳩山氏は周辺に「子供扱いされた」と首相への不信感を漏らしたという。

鳩山氏に近い中山義活前首相補佐官は29日、「民主党には新進党のトラウマがある。両巨頭がぶつかれば『ひょっとしたら』とみんな思っている」と語り、党分裂の可能性を危惧(きぐ)した。←引用終わり
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 北朝鮮の金ブタ、中国に泣きつくも北京訪問を許されず、成果なく追い返される! | トップページ | 茶番政党「民主党」代表選 ガチンコ勝負で分裂回避の密室談合の握り合い!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北朝鮮の金ブタ、中国に泣きつくも北京訪問を許されず、成果なく追い返される! | トップページ | 茶番政党「民主党」代表選 ガチンコ勝負で分裂回避の密室談合の握り合い!? »