« 第11回(2011春夏)JFW「ジャパン・クリエーション」と「東京コレクション」は終わりましたが | トップページ | 衆議院「北海道5区」補選で町村信孝が勝利した事を、自民党は再生出発の礎にせよ! »

2010/10/25

「中華饅頭低国・人」に慎み深さを求めても無理だと、留学生が真実の感想を述べる!

尖閣諸島への侵攻を狙う「中華饅頭低国」が仕掛ける緊張が一方的に高まる中、「コラコラコラム」は一貫して「中華饅頭低国」批判やら揶揄するカラカイを展開してきた。
今後もこの姿勢を堅持すべく、改めて強い意志を表明しておきたい。

既に、「中華饅頭低国」が「コラコラコラム」へのアクセス禁止に踏み切ってから1年を超える月日が過ぎ去った。(実際には、党の機関と政府機関からのアクセスは可能)
以前、香港で維持していたブログもイロイロ様々な妨害を受けてきた。
結果は、香港での維持が難しくなり、敢えなく撤退という羽目になった。
まぁ、簡単に妨害って表現しておくけれど、並や大抵の妨害ではないから、体力も必要だけど何よりも気力が必要だった。
まぁ、簡単に言えば「体力と気力」で負けたワケだね。

だって、こっちは少人数で、攻めてくる側は圧倒的に大量で時間を構わず攻撃しかけてくるワケだから、ナンと言っても対抗できなくなるワケだ。

そんなこんなの状況を乗り越え「コラコラコラム」は、現在「中華饅頭低国」批判のボルテージを上げている。
”いつの間に「中華饅頭低国」批判ブログに変身してしまったのか”との質問メールが届けられるようになった。

きょうのテーマは、日本にいる「中華饅頭低国」国籍で「漢族」のヒトに、いくつかインタビューした内容を紹介しておく事だ。

その1)
Aさん:山東省青島市出身(留学生・某大学の某学部)

自分は、「反日デモ」は国か党の機関が組織していると考えている。いわば「官製デモ」と見る方がよい。政府も党も「国内の不満を『反日デモ』でガス抜きさせている」に過ぎない。
どこの国でもそうだが、常に「政府」に不満を持つ勢力は存在する。
しかし、「中華饅頭低国」(Aさんは正しく呼んだけど)では、「反政府」や「反共産党」を口にするだけで投獄される危険性があるから、誰も口にしない。
しかし、毎日のように不満は高まっている。
だから、政府は「不満のハケ口」の口実を設ける必要があった。その上手いネタとして「尖閣諸島」の事件が起きたため、「反日デモ」をさせる口実ができ大衆組織を通じて「反日デモ」を組織させた。
政府や党の機関が組織している事を巧妙に隠し、インターネットを利用し不満を持つ若者へ直接アプローチしたと考えている。
その「反日デモ」が始まると、非組織ながら不満を持つ同世代が合流し、日頃の不満を爆発させ直接的な破壊行動に出たのだろうと見ている。
だから、政府も党も、大慌てで態度を一転させ今度は「反日デモ」を規制するようになった。
それでも、「反日デモ」を口実に、日頃の不満をデモで爆発させようとする若者が集まるようになった。
いま、政府も党も「公安」を総動員し「反日デモ」と称するデモの組織者を、炙り出し誘き寄せ「一網打尽」にしようと罠を仕掛て待ちかまえている。
悪いヤツラに扇動されて「反日デモ」に参加する若者の多くが「公安」と「武装警察」の犠牲になる事だろう。
「中華饅頭低国」(Aさんは正しく呼んだけど)は、未だに政治的には未開の国である。

その2)
Bさん:上海市出身(某大学院へ留学中)

「反日デモ」は起きるべくして起きたと自分は考えている。必ずしも日本の責任ではないが、「中華饅頭低国」(Bさんは正しく呼んだけど)では、一部の特権階層が「日本」と組んでやりたい放題を繰り広げている。その人達はとても横柄で慎み深さがない。尤も「漢族」に慎み深さを求める事は高級フレンチレストランでスパイス臭に満ちたインド料理を出せと言っているようなモノだけど。
多くの庶民は、度過ぎた言動を繰り返す横柄な「外資と組んで得た成金(大半は党の実力者)に反感を持っている。
党や政府に反対できないから「日本」や「日本人」あるいは「日本の製品」に反発する感情が生まれている。
多くの「中華饅頭低国・人」(Bさんは正しく呼んだけど)は、「日本」に追いついても勝てない悔しさを抱えながら暮らしている。
殆どのヒトは、問題なく自分自身を冷静に認めているけれど、情熱的なヒトは常に「反日」の気持ちで毎日暮らしている。
しかし、上海に暮らす日本人の多くは、そのような「中華饅頭低国・人」(Bさんは正しく呼んだけど)の心や気持ちを理解していない。
だから、少し刺激されると、すぐ「反日」の感情に火がつき暴動化するのではないか。
ただ、上海のように、ある程度の生活環境が整い個人財産も持つようになると、「反日」を唆されてもそう簡単には「反日デモ」に飛びつく事はないだろう。
ヒトは一定の資産を持つようになると、政治的に抑圧されていても分別を弁え辛抱するようになる。
日本も日本人に対し、「中華饅頭低国・人」(Bさんは正しく呼んだけど)は知識人を中心に、日本が隣国であり「小さな国土」でも経済発展した事に敬意を持っている。しかし、自分達の祖先が過去に多くの事を日本に紹介した交流の歴史を知っている。その事を想うと少々鬱屈した気分を持っている事も事実だ。
だから、日本に学びたいと考えるヒトも多いが、鬱積させられた事でプライドを傷つけられたと考えるヒトも多い。
これらの事を考え、「中華饅頭低国・人」(Bさんは正しく呼んだけど)もそうだが、日本も日本人も言動は慎重にし注意する方が、摩擦を起こさなくてよいと自分は考えている。

その3)
Cさん:四川省成都市出身(某機関に所属)*あくまでも個人としての見解である事を断る。

日本との関係は、常に深刻な問題でデリケートなテーマだ。
慎重にモノを言う必要がある。
いずれの国でも隣国関係は難しい。日本は圧倒的な力を持つ「米国」にねじ伏せられた事で現在の体制を構築した。しかも、国土防衛の多くを「米国」に依存している。
「中華饅頭低国」(Cさんは正しく呼んだけど)は、周囲の国から常に攻囲されている。
何よりも、欧米諸国と日本の帝国主義者から植民地支配を受けた。この点について傷つけられた事実は否定しようがない。
特に、隣国で兄弟のような日本に簒奪され支配された屈辱は消す事ができない。
少しの事でも、油断すると手に負えない大火になる事が十分に予想される。
沿海海域の問題でも、日本には当然の事として主張もあろうが、「中華饅頭低国・人」(Cさんは正しく呼んだけど)にも、国際社会へ向けた当然の権利として主張がある。
しかし、双方が妥協のない主張を繰り広げても解決を得る事はできない。
今回の事件は、その状況の中で生じた実に不幸な事件と言わねばならない。
いま、「中華饅頭低国」(Cさんは正しく呼んだけど)は、国内に多くの課題を抱え慎重な政治が求められている。
その状況の中で、愛国的な若者が「反日デモ」を呼び掛け、統制を失った際に一部のでも参加者の暴徒化を招いた。不本意である。

と、まぁ、それぞれの立場でそれぞれの意見を述べた。
もっと、聞いたが、どれも大きく変わらないため、それなりに意見として主張力のある三人の意見を紹介しておく。
多くの日本人には、腹立たしい主張に聞こえる。
「コラコラコラム」も同様に勝手な主張に聞こえた。

しかし、要約したものの全容を伝える事にした。
オモシロイ点は、「中華饅頭低国・人」に「慎み深さを」求める事はナンセンスだと、「中華饅頭低国・人」が言ってのけたのだから、この点は実に興味深い事だ。

|

« 第11回(2011春夏)JFW「ジャパン・クリエーション」と「東京コレクション」は終わりましたが | トップページ | 衆議院「北海道5区」補選で町村信孝が勝利した事を、自民党は再生出発の礎にせよ! »

コメント

【日本国民はバカだからビデオは見せられないと我々民主党は考える!】(2)
尖閣衝突ビデオ 国会提出は27日か28日 民主が自民に通知
産経2010.10.26 11:11
このニュースのトピックス:国会
 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ画像について、民主党の中川正春衆院予算委員会筆頭理事は26日午前、自民党の武部勤同理事に対し、国会への提出は27日か28日になると通知した。ただ、ビデオを公開するかどうかを含め、提出後の取り扱いについては同委理事会で今後協議する。
 武部氏は中川氏に対し「対応があまりにも遅い。取り扱いは理事会で協議するが、国民は公開を求めるのではないか」と述べた。
 自民党の逢沢一郎国対委員長も国会内で記者団に対し「党としては国民に公開し、わが国領海内で何が起こったのかを確認してもらうのが基本方針だ」と公開を求める姿勢を強調した。

投稿: 【日本国民はバカだからビデオは見せられないと我々民主党は考える!】(2) | 2010/10/26 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第11回(2011春夏)JFW「ジャパン・クリエーション」と「東京コレクション」は終わりましたが | トップページ | 衆議院「北海道5区」補選で町村信孝が勝利した事を、自民党は再生出発の礎にせよ! »