« 「尖閣ビデオ」公開で、いよいよ強まる菅直人内閣打倒の輿論・世論が渦巻いている! | トップページ | 米国議会の中間選挙 オバマの民主党は大惨敗 チェンジからリ・チェンジへ! »

2010/11/03

マエ・ハラハラ、後ろもハラハラ!口先で戦うなら誰でもできる!

今は昔、ゴミズミ・ドンイチロォ~が権勢を誇った頃、一方のパートナーだったブタリオン・タケベを攻撃するメール(永田メール)を手に、スキャンダルを引き起こそうと企んだものの、そのメールが偽造された全くのニセモノだった事が暴露され、ブタリオン・タケベに対する深刻な名誉毀損事件を引き起こし、進退窮まりマエ・ハラハラがミンチトォの代表辞任へ追い込まれた事は、まだ記憶に新しい。

その後を継いだのが何を隠そうトツベン・オザワだった。

マエ・ハラハラの特徴は口先だけだ。
思った事、感じた事を「口にする」。それで問題は解消されると考える甘さにある。
マエ・ハラハラの最大の欠点は、口先で全てが解決し解消され「ノープロブレム」を連発できると思い込んでいる点にある。

その発言を聞かされる側に位置する、単純思考の「愚者愚者珍眠」には勇ましく聞こえるだろうが、発言には当然の如く次のリアクションが待っている。

外交は「ヘラヘラ笑う」表の部分と「力をぶつけ合う」裏の部分がある。
最も大切な事は、表面上の「へらへら笑い」で覆い隠した「力のぶつかり合い」、つまり「国益」を如何に守れるかが勝負なのだ。
そのためには「外交戦略と一体の軍事力」が必要な事はいうまでもない。
日本は、第二次世界大戦後から今日まで一貫して「外交戦略・軍事力」の中枢を米国に依存してきたではないか?
その点を無視した、一人で「口先外交」を連発してもハナシにならないとしか言いようがナイ。
その意味で、マエ・ハラハラとしか呼びようがないのだ。

マエ・ハラハラは、何か一つでも体系的に一貫して成し得た事はあるか?
テレビカメラの前だけで勇ましい事を口にしても全くダメ!ハナシにならない!
中身が伴わない発言は空疎なだけである。

マエ・ハラハラが発する発言は、「口先だけだ」と本質的に見破られているから、「中華饅頭低国」も「ブタロシア」も、カラカイ挑発を連発するし、「辞任要求」すら繰り広げるのだ。
マエ・ハラハラがいかにも「国士気取り」で、発言を繰り広げても「中華饅頭低国」も「ブタロシア」も無視するし、揚げ足取りに精を出す事だろう。

まず、「北方領土(歯舞・色丹・国後・択捉)」の奪還に向けた輿論をどう構築し、運動して盛り上げ、世論として形成したか?
それに向けて、北部方面の軍事力をどのように構築形成したか?
海上保安庁の巡視艇をどのように配備し、周辺海域の漁業者の保全に務め対峙させたか?
国際社会へ向け「ブタロシア」の悪逆非道を提訴し訴求したか?
ミンチトォが大好きな「国連」の場で問題提起したか?

日本国の断固たる意志として、それらの表明を国際社会に示したか?
何もせずに、口先だけで「報復措置を採る」と警告しても中身がなければ笑われるだけだ。

この種の問題提起をすると、ミンチトォの大多数は、前政権は60年にわたり「何も講じなかった」とだけ述べ立て、批判し非難する。

自民党の政権下で何もしなかったと考えるなら、既にミンチトォは悲願だった政権の座に就いて1年1ヶ月が経過した。
それでは、この1年1ヶ月の間に、北方領土(歯舞・色丹・国後・択捉)について、何かミンチトォとしての政策や戦略を打ち出したのか?
何もしなかったではないか?

この間にミンチトォの政権が代表的に冒した事といえば、「日米安全保障体制」を危機に追い込んだ事だけである。
「日米安全保障体制」を危機に追い込もうと破棄しようと構わないが、それに代替する「安全保障体制」を明示せず、ただ単に危機的状況へ追い込んだだけである。
これほど無責任なハナシはないのである。

その間隙を突くように、「中華饅頭低国」は「尖閣海域」での衝突を意図的に創出し、「ブタロシア」は「北方領土(歯舞・色丹・国後・択捉)」の実効支配を国際社会へ示し、北と南から挟撃する挑発を同時的に繰り出した。

「日米」の反応を探るように仕掛けている事を重視しなければならない。

これらの諸点を深く考えた上で、政府としての統一見解を定め、国際社会へ訴求する事、加えて実効力を伴う「戦略」が対峙を為し得るのである。

基本的な構図もないまま、マエ・ハラハラが一人ゴチても何の解決にもならない。
「三つ児の魂百まで」といわれるが、基本的に「孤立し、周囲との必要な関係性を構築できない」まま、成長し政治屋になったのではないかと思い致している。

引用開始→ 駐露大使一時帰国 “戦う”外相、孤立無援 官邸、なお首脳会談に期待
(2010年11月3日(水)8時0分配信 産経新聞)

ロシアのメドベージェフ大統領が日本の北方領土・国後島訪問を強行したことを受け、前原誠司外相は河野雅治駐露大使の一時帰国を決め、ロシア政府に抗議の意思を示した。だが、鼻息が荒いのは前原氏だけ。仙谷由人官房長官ら政府首脳陣はなお波風立てることを嫌い、日露首脳会談の実現に淡い期待を抱き続ける。沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件後の「外交敗戦」の愚をまた繰り返すつもりなのか。(加納宏幸)

菅直人首相の頭の中は、今月13、14両日に横浜市で開くアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議でいっぱいだ。議長国としてひのき舞台を成功裏に収めたい。それだけにメドベージェフ大統領との首脳会談は中国の胡錦濤国家主席との会談に勝るとも劣らない重要なイベントなのだ。

仙谷氏は2日の記者会見で大統領との会談について「当方は予定通りです」と語り、実現に自信を見せた。

≪日本への「踏み絵」?≫

前原氏の言動はこれと微妙に温度差がある。2日の記者会見では「領土問題は決着を付けないといけない。ロシアに申すべきことは申す」と断じ、首脳会談については「行われるかどうかはまだ決まっていない」とにべもなかった。松本剛明外務副大臣も1日の会見で首脳会談見送りも排除しない考えを示している。

前原氏らは大統領の国後島訪問を棚上げにしたままで首脳会談を行えば、ロシアの不当な実効支配を追認することになりかねないと危惧(きぐ)しているのだ。

前原氏は昨年10月、国交相兼沖縄・北方対策担当相として洋上から北方領土を視察した際も「北方領土は終戦のどさくさに紛れて(旧ソ連が)不法占拠した」と発言。ロシア側は激しく反発した。

こういう経緯を考えると、ロシア側は、前原氏が外相である今こそ日本政府に「踏み絵」を迫るべきだと判断したフシがある。

だが、しなやかでしたたかな「柳腰外交」を身上とする首相官邸に前原氏の考えへの理解はない。首脳会談の内容いかんにかかわらず、にこやかに握手を交わすことこそが友好と協調の証しだと考えているようだ。

≪事なかれ主義限界≫

だが、仙谷氏らの「事なかれ主義」は周辺国に見透かされている。

「過去数十年間でかつてないほど日本側の動きがエスカレートし、中日関係を大きく傷つけている。しかるべき条件と雰囲気づくりに努めなければいけない」

来日中の中国の唐家●元国務委員は2日、有識者による「新日中友好21世紀委員会」中国側座長として外務省で記者会見し、衝突事件での日本の対応を批判した。ロシアと足並みをそろえて日本政府を屈服させようという思惑がにじむ。

前原氏は、中国側がハノイで菅首相と温家宝首相の会談を拒んだことについても「なぜ首脳会談がなくなったのか、理解しかねる」と不満を表明した。だが、理不尽な圧力に正面から抵抗する前原氏への中露包囲網はジワジワと縮まっている。外相の任命権者である菅首相がどんな態度で両国に臨むか。もはやこの一点だけが問われている。←引用終わり
●=王へんに旋
Copyright 2010 The Sankei Shimbun & Sankei Digital
Copyright(c) NIFTY 2010 All Rights Reserved.

|

« 「尖閣ビデオ」公開で、いよいよ強まる菅直人内閣打倒の輿論・世論が渦巻いている! | トップページ | 米国議会の中間選挙 オバマの民主党は大惨敗 チェンジからリ・チェンジへ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「尖閣ビデオ」公開で、いよいよ強まる菅直人内閣打倒の輿論・世論が渦巻いている! | トップページ | 米国議会の中間選挙 オバマの民主党は大惨敗 チェンジからリ・チェンジへ! »