« ベトナムでの原発受注について | トップページ | 3人に1人が「領土紛争の解決には武力行使を」と「中華饅頭低国」での世論調査! »

2010/11/08

内閣支持率急落!オツムテンテンのノーテンキが、まだ35%も支持している!?オドロキだね!

市民運動家は、町内会のゴミ掃除当番でもしていろ!
国政を差配できるほど、世の中は甘くない!
腐ったナットー喰らって不貞寝でもしてろぉ~!

労組お抱え弁護士は、組合の用心棒に囲われ経営相手に喝上げでもしてろぉ!
安田講堂から逃げ出したヤロウが、何をデカイ口を叩いているのか笑わせんな!
阿波へ帰って「泡」でも喰らってろぉ~!

国辱政党「眠主党」に政権を任せたことが間違いなのだ!
政権を担当する心の準備も、政策の整合性も、ナンの準備もしていなかった事が一連の不祥事や売国に繋がってるワケだ。
それでも支持するオツムテンテンが35%もいやがるのはオドロキだ!

これは、仙石由人+菅直人の資質には重大な問題がある。

しかしもっと前に、鳩山由紀夫なんざぁ恐ろしいまでの欠陥がある。

更に言えば、小澤一郎などは政治は手段で「カネ・カネ・ジェニ・ジェニ」亡者に過ぎズ。
擁護するのは、いまや小澤の広報紙ベンジョ紙の「日刊ゲンダイ」だけじゃないか。

オマケの岡田克也も根本的にバランスを欠いている。実家へ戻って野菜でも売ってろぉ!

前原誠一は「つるりんオタク」なだけじゃねぇか、中身は空っぽ、前も後ろもハラハラドキドキの連続だぁ。

原口一博じゃなかった、ホラグチ一博、いやヘラズ口一博、口先風呂敷拡げるだけ拡げて自分で畳めないイイ歳放いてガキそのモンじゃ。

枝野行男ことエダ・コブターも、後ろでゴジャゴジャ、オタクの独り言をゴチてるだけで、正面からモノをいえない。ブタも煽てりゃ木に登る。しかし揚げ足取りの三流弁護士が抜けきれズ。

世迷い言と小澤命だけの輿石東なんて寝技だけが得意の「干からびサル」もいる。

テレビタックルに出る事が議員活動だと誤解してる川内博史なんざぁ~、カストリもできねぇゴミカスだろうが!何が高速道路無料なんだよ!テメーの議員歳費を全部返上してから言いやがれ!

こいつらに共通するのは、国家の前に「テメーの面子」が先立つことだ。
普通は「テメーの面子」なんて、どうでもよくって、「国家の面子」が先だろうが!
こんなヤツラを持ち上げ続けた、マスゴミ各社、とりわけテレビの報道責任は大きい。

これほどまでに体たらく内閣なんざぁ見たことない!
それでも、35%も支持する勢力がいるって事がオドロキだ!
日本は、売国一途のゴミクズドモ集団の手で破壊し尽くされ、「シロアリの巣」と化している。

マスゴミ各社も、方針転換して国辱政党「眠主党」を政権の座から引き摺り降ろす事へ舵を切ったか?
でも、「自分の手は汚れていない」と主張しても一部を除いて認めないゾ!

一日も早く、衆議院解散総選挙へ突き進もう!

自民党は政権奪還を志すなら、怠りなく全選挙区の候補者を精査し抜かりなく準備せよ!
それもできないなら、潔く党を解散せよ!

引用開始→ 菅内閣支持率急落35%、尖閣・経済など響く
(2010年11月8日01時45分  読売新聞)

201011085710381n_yomiuri 読売新聞社が5~7日に実施した全国世論調査(電話方式)で、菅内閣の支持率は35%となり、前回調査(10月1~3日実施)の53%から急落した。

参院選直後調査(7月12~13日実施)の38%をも下回り、発足以来最低となった。不支持率は55%(前回37%)で、支持率を逆転した。

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件や円高・デフレの経済情勢、小沢一郎・民主党元代表の「政治とカネ」の問題への対応などで不満が高まり、内閣支持率を一気に引き下げた。菅首相は厳しい政権運営を強いられることになりそうだ。

政党支持率では民主は28%(前回36%)に落ち込み、自民は23%(同16%)に上がった。

民主党政権の外交・安全保障政策については、不安を感じるという人が91%(同84%)に上昇した。

具体的に聞くと、中国漁船衝突事件を巡る菅内閣の一連の対応を「評価しない」との回答は82%だった。事件の模様を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出したが、政府は事件のビデオを国民に公開すべきだと思う人は83%に上った。公開を避けてきたことへの強い不満が示された。

ロシアのメドベージェフ大統領が北方領土の国後島を訪問したことを「問題だ」と思う人は68%だった。政府は駐ロシア大使を一時帰国させたが、「さらに対抗措置をとるべきだ」と思う人は48%で、「この程度でよい」26%、「その必要はない」15%となった。

菅内閣が今の経済情勢に適切に対応していると思う人は12%で、「そうは思わない」が79%を占めた。

小沢氏の「政治とカネ」について聞くと、民主党の対応は不適切だと思う人が84%を占めた。小沢氏が国会で説明すべきだと思う人は84%に上っている。

小沢氏が、検察審査会の議決により、強制起訴されることになったのを受け、どう対応すべきか聞くと、「衆院議員を辞職する」が55%、「議員は辞職しないで民主党を離党する」21%、「辞職も離党もする必要はない」19%だった。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 尖閣・北方領、菅外交へ不満鮮明…内閣支持急落
(2010年11月8日08時47分  読売新聞)

201011085714611n_yomiuri 読売新聞社が実施した全国世論調査で菅内閣の支持率が30%台に急落し、菅首相の政権運営にとって打撃となった。

内閣支持率はジェットコースターのように乱高下しており、外交政策などに対する国民の強い不満が鮮明に表れた形だ。政府・与党内では、菅政権の先行きについて閉塞(へいそく)感が漂うばかりだ。

「国民感情を刺激」

民主党の岡田幹事長は7日、水戸市内で記者団に対し、内閣支持率の急落について、「前に向いてやるべきことを進めていくことが重要だ」と述べた。急落の理由については、「いろいろな困難に直面し、特に尖閣の問題や北方領土の問題などが、国民感情を刺激した面はあると思う」と指摘した。

枝野幸男幹事長代理は視察先の鹿児島県大和村で記者団に「一喜一憂しないが、国民の皆さんから『もっとしっかりしろ』という状況であることは強く感じている」と語った。

一方、輿石東参院議員会長は「(国民の要望は)景気をよくして、ということだ。2010年度補正予算を通し、外交政策や情報管理面でしっかり問題を処理することが大切だ」と強調した。

今回の調査結果について、首相官邸や民主党執行部は、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関連して先月末に中国から首脳会談を拒否されたことや、今月1日のロシア大統領の北方領土訪問などが影響したのに加え、漁船衝突事件の状況を撮影したビデオ映像がインターネット上に流出した問題が追い打ちをかけたとの受け止めだ。

菅首相の周辺には、「理由は外的要因に過ぎず、いずれ支持率は落ち着く」と支持率の下げ止まりを期待する向きもある。

「統一選勝てない」

これに対し、9月の民主党代表選で小沢一郎元代表を支持した勢力には、「外交、内政で首相の指導力不足が露呈し、国民が期待した民主党の政治主導に疑問が生じた結果だ」として、菅政権の先行きを危ぶむ声が広がっている。

小沢グループの中堅議員は「このままでは来春の統一地方選は勝てない。菅政権は早晩行き詰まるだろう」と語った。

政権の浮揚策について、首相や民主党執行部は、外交では、今月13、14日に横浜で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を乗り切り、内政では、10年度補正予算案の早期成立や、11年度予算案の編成を12月末までに着実に終えることで、潮の目を変えたいともくろむ。

しかし、APECで日中、日露の首脳会談が行われても、目立った成果がなければ逆効果となる可能性が高い。また、11年度予算編成も財政事情が極めて厳しい中で有効な施策をどう盛り込むか政権が苦慮するのは必至の情勢だ。内閣支持率を引き下げた要因の一つとされる、小沢氏の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件への対応にも、首相は引き続き頭を悩ますことになりそうだ。

野党は攻勢

一方、野党は内閣支持率低下を踏まえ、「民主党の政権担当能力欠如」を国民に印象づけていく構えだ。

自民党の石原幹事長は7日、「菅内閣に統治能力がないと国民が感じていることが支持率減につながっている」と語った。石破政調会長は、「漁船衝突事件などの外交事案で責任回避した結果が数字にはっきり表れた」と述べた。

野党は8日以降も、10年度補正予算案を巡る衆院予算委員会の質疑などで、▽ビデオ流出事件の真相究明▽ビデオの全面公開▽小沢氏の国会招致――を強く求めていく方針だ。(政治部 杉田義文、大田健吾)←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« ベトナムでの原発受注について | トップページ | 3人に1人が「領土紛争の解決には武力行使を」と「中華饅頭低国」での世論調査! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベトナムでの原発受注について | トップページ | 3人に1人が「領土紛争の解決には武力行使を」と「中華饅頭低国」での世論調査! »