« 横浜でのAPEC 胡錦涛の孤独と 「中華饅頭低国」単独記者発表できず敗北に終わる! | トップページ | 仙石由人+菅直人の政権を支持する側の考えや気持ちが理解できない! »

2010/11/16

海上保安官を逮捕できなかった!逮捕されるべきは仙石由人+菅直人だろう!

当たり前の結論だろうが!
日本の大半の国民は「ザマァ~、見ろぉ~!」と、心の中で喝采しているに違いない。

何が正義で、何が正義でないか。
あるいは、
何が不正義で、何が不正義でないか。
または、
何が嘘偽りで、何が嘘偽りでないか。

この度の、粗暴な「中華饅頭低国」漁船が、尖閣海域で意図的に領海侵犯し、海保巡視船に体当たり(公務執行妨害+海上船舶航行危険行為)を冒した事は明白である。
その漁船を拿捕し船長を逮捕し乗組員を連行した。
その後、乗組員を釈放したが、船長の逮捕拘留を続けた。
国家として、当たり前の行為である。

ところが、ならず者国家である「中華饅頭低国」が報復攻撃を仕掛けてきた。
やれ、フジタの社員が軍事施設を無断撮影したと、言い掛かりをつけ逮捕拘留に出た。
また、レアアースの輸出停止に出てきた。
あるいは、観光訪日旅行の全面禁止を打ち出した。
日本の高校生1000人を「上海万博」に招待する約束を反故にし取り消した。
加えて、政府間の交流を停止した。

これに慌てふためいたのが、仙石由人+菅直人のヘラヘラコンビだ。

まず、極悪人の船長を那覇地検の判断だと責任を押し付け釈放した。
次に、小澤一郎の腰巾着である細野豪志をチャンコロと懇ろのビジネス・コンサルタントS某を案内人に設え「中華饅頭低国」へ特別派遣し、「ビデオ映像を公表しない」事を条件(約束)に、まず人質にしたフジタの社員のうち3人を釈放した。

以降、「事件の総べてを記録したビデオ映像」を「裁判の重要証拠品」だと仙石由人が苦しい言い訳で、公開しない理由を大声で主張し始めた。

そして、いつしか「尖閣海域での記録ビデオ」はお蔵入りの運命になった。

しかし、11月1日には、国会で衆参の予算委員会理事に対し、「6分50秒」だかの編集映像を試写した。

その3日後の4日夜半に「You Tube」に件の海上保安官が投稿し公開に至った。

以降、今日まで、「ウソがバレた事による」大慌ての責任論が声高になった。

何よりも、仙石由人+菅直人の「恥知らずなお笑いコンビ」は、「記録ビデオ」は「国家機密」であると主張し、公務員の機密漏洩罪に当たると捜査を命じたワケである。

「国家機密の漏洩」なら「逮捕拘留」であり「起訴」であり「刑事事件」である。
仙石由人+菅直人は、さかんに、この線を画策したが「国内世論」は、逆に醜い仙石由人+菅直人の態度を糾弾する方向へ舵を切った。

後は、ボロボロであった。

逮捕されるべきは、仙石由人+菅直人である!

引用開始→ 海保保安官の逮捕見送り、任意で捜査継続 警視庁と地検
(asahi.com 2010年11月15日17時13分)

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突をめぐる映像流出事件で、警視庁と東京地検は15日、「自分が流出させた」と名乗り出た神戸海上保安部の男性海上保安官(43)について、国家公務員法の守秘義務違反での逮捕を見送り、任意で捜査を続けることを決めた。

保安官の説明に基づいて流出の経緯について裏付け捜査が進み、証拠隠滅や逃亡の恐れが少ないことが主な理由とみられる。

また、保安官が「映像は、ほぼ誰でも見られる状態だった」と語るなど、海保内部で広く閲覧、入手できたことも判明。「秘密性」が薄れてきたことも、任意で捜査を進めることにした理由のひとつとみられる。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 横浜でのAPEC 胡錦涛の孤独と 「中華饅頭低国」単独記者発表できず敗北に終わる! | トップページ | 仙石由人+菅直人の政権を支持する側の考えや気持ちが理解できない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 横浜でのAPEC 胡錦涛の孤独と 「中華饅頭低国」単独記者発表できず敗北に終わる! | トップページ | 仙石由人+菅直人の政権を支持する側の考えや気持ちが理解できない! »