« 神戸は、きょうから2010年の「ルミナリエ」が始まります | トップページ | 国辱政党「眠主党」副代表 「ゴリララ山岡ウソ八」の衆議院選挙は、ヤッパリ買収選挙だった!? »

2010/12/03

受領コメントと公開について「コラコラコラム」の原則を述べます

先般、「コラコラコラム」に届けられ、公開中の「いくつかのコメント」について、さる機関より「著作権の侵害」に当たるのではないかとのご指摘がありました。

「コラコラコラム」は、頂戴したご指摘やご意見を真摯に受け止め、公開中のコメントを含め多くのコメントを精査致しました。
精査の上「コラコラコラム」のブログ編集方針に照らし、コメントを受信し公開中のいくつかについて「コラコラコラム」としての見解をまとめました。

一、確かに最近の一部コメントには、ご指摘のように「抵触する点がある」とも考えられるが、「抵触していると断定するまでもない」ともいえると考えます。

→ 多くの方よりコメントを頂戴しますが、それらの方々は、大筋において不特定多数であり、特定は不可能な場合が多い事実(匿名性)があります。
→ 一人の方ではないかと特定できそうなIPアドレスも見受けられますが、同じような種類のコメントの場合においても、IPアドレスが全く一致しない事実もあります。

二、その上、メールアドレスから送信者を特定しようとしても、コメントを送信される方が残されましたメールアドレスへ、謝辞メールを送信した多くの場合、デリバリー先不明で戻されるケースが目立ちます。

→ メールアドレスは虚為である事が多いように捉えています。
→ その場合、多少のネット技術やネット知識を保つといっても、いわば素人が送信者を特定する事は難しいように考えます。

三、「コラコラコラム」の見解
** ”一部の「公開コメント」は、報道記事を概ね用いているのではないか、それは著作権を侵害している” とのご指摘について。

① 「コラコラコラム」は寄せられるコメントが報道記事を全文引用しているのか否か、世界中の報道記事をウォッチしているワケでもないため確認のしようがありません。

②「コメント」を送信してこられる方々の思考論理というか、「コメント」として送信される方も、その報道記事に共感されあるいは支持されるため、その報道を普及させる目的を保持しておられるのではないか?と考えます。

③そのため学術論文と同様に、「詳細に報じられた記事」は引用数が多ければ多いほど、論理的思考能力を高める上で『有効性』が高いのではないか。
それなら、一定数のアクセスを保つブログでの「引用記事(出典元が明らかな)」は、報道記事の普及に対し積極的な意味で世の中に貢献できるのではないかと考えます。

四、「公開コメント」の多くが引用記事であれば、送信者の意見でもなければ主張でもなく、「二次的著作権」は成立しないとのご指摘やご意見について。

①そのような論理体系で考えますと、そのようになるかと思量致します。

②しかしながら、最近の「TWITTER」にも見られますように、報道記事と相互に力強くネット形成を図り利用する方法で、より力強い意見として幅広く「輿論」を喚起し「世論」を形成する事もあるように考えます。

③それらの観点に立てば、公開コメントをお寄せ下さった方が、程度は別にし、引用された報道記事に「関心があり・強い支持があり・世に問う事」を指向していらっしゃるのではいか、とも考えています。

→ 従いまして、「コラコラコラム」は、ブログ本来の目的や役割を重視するとともに、「言論・表現・思想・信条の自由」を発展的に維持したいと考えています。
これらの観点から、この度のご指摘やご意見につきましては「大切にすると共に」今後の課題として扱わせて頂きます。

→ 現段階において、従来までの「公開コメント」を、削除したり、変更する事はありえません。

五、「コラコラコラム」は、今後の姿勢(原則)を主張公開しておきます。

→ 今後も引き続き公開コメントをお受け致します。
→ できる限り、ご自身のご意見をまとめて頂き、送信願えますと「有象無象」のご心配を惹起することがなくなるものと存じます。
→ 「コラコラコラム」は、「言論・表現・思想・信条の自由」を守り抜く決意です。

六、この度のご意見・ご指摘につきましては重く受け止め、以上の見解を述べると共に、有り難く深謝申し上げます。

|

« 神戸は、きょうから2010年の「ルミナリエ」が始まります | トップページ | 国辱政党「眠主党」副代表 「ゴリララ山岡ウソ八」の衆議院選挙は、ヤッパリ買収選挙だった!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神戸は、きょうから2010年の「ルミナリエ」が始まります | トップページ | 国辱政党「眠主党」副代表 「ゴリララ山岡ウソ八」の衆議院選挙は、ヤッパリ買収選挙だった!? »