« 狂権 力ダフィー独裁のリビアは正念場を迎えている! 国際社会は無力無策か? | トップページ | 国会で形だけの「党首討論」を行ってみてもだねぇ~!? »

2011/02/23

痛ましいニュージーランドの巨大地震 憎々しい小澤一郎の闇将軍指向

掲げたタイトルについて、その相互関連性は限りなくゼロである。

ニュージーランドの地震で被害を受けられた皆様に対しお見舞いを申し上げます。

まず、ニュージーランドの地震について、富山県の外国語専門学校の学生が短期留学中の学校が崩壊し7名だかが不明との事は痛ましい限りである。
ほかにも、日本の大学、短大、専門学校の学生が短期語学留学中で被害を受けている可能性があるという。

ニュージーランドは、日本と同じ「地震国」である。
インド洋プレートと太平洋プレートの境目に、国土を構成する南北二つの島が位置するのだから「地震」が絶えない事だろう。

報じられる映像を見る限りでは、煉瓦の建物が大きな被害を受けているようだ。
全てが煉瓦で建造された建物は、もろい事がよく分かった。
全て煉瓦の建物っていうのは、耐震化が難しいのだろうか、研究してみる必要がある。

友人が代表のNPOは、地震被害を抑制するために様々な手立てを研究し、その普及促進に取り組んでいる。
年度末に、今年度研究してきた成果を発表できるよう、それを踏まえ市民への啓発事業に取り組む予定との事である。

21日は、チリの政府機関が、昨年経験した地震被害からの復興過程で、日本(神戸)の経験を学びとる目的で、訪日する事が決まり、そのミッションへの協力要請を受け諒解の返事をしたところだった。
その矢先っていうか、チリからのミッションが訪日を果たす前に、ニュージーランドで巨大地震発生との事になった。

地震の被害軽減(事前抑制)についての共同研究を進めているところだが。
いつも何事にも先進的な東京消防庁は、早速、ニュージーランドの被災地へ救援隊を派遣するとの事だ。迅速で真摯な救援活動に頭が下がる。

それに引き換え、憎々しいのは小澤一郎と民主党である。
日々、政治を弄び、存在する事そのものが無駄の象徴で、まさに事業仕分けの対象であろう。
小澤一郎に対する民主党の処分が決まり発表になった。
「党員資格停止」という、噴飯モノの話でしかない。

永田町クラブ(国会=衆議院)から「小澤一郎」を永久追放処分にしなきゃぁ、日本の政治の混乱は収拾できないよ。
「党員資格停止」まで、何日かかったのか?
この間、国政を忘れ放置し停滞させ続けたのは「民主党」である。
一兵卒宣言した小狡いゴミ野郎を、公党として葬り去る事が出来ない。
ここまでバカげた話があるか?
ナメちゃぁイケナイ!国民をコケにしちゃぁイケナイ!

早速、子飼いのホラグチ・イチバン(原口一博)をカシラに、大阪腐恥事ハシゲ・オチルにオワリ名古屋のドエリャァ・ヒクシに加え、”マンマ山ザル”をも咥え込み、実に珍奇な「日本維新の会」(実は「日本不振の会」)って、ワシズム・ファシズム脅迫概念政党を設立させ「闇将軍」に収まるのだという。

狂ったヘタレ野郎ドモを糾合し、ヘタレ野望を実現せんと悪業の限りを談合するらしい。
「葉隠屋」が「陸山屋」を持ち上げ、「浪速屋」と「尾張屋」を貢ぎ物として差し出し、「陸山屋」から「お主もワルよのぉ~!」と囁かれたので、もう少し足下を固めるために「日向屋」を退いた”マンマ山ザル”を、江戸詰職として差し出す構図のようである。
しかし、「陸山屋」は「日向屋」の”マンマ山ザル”が、口は災いの素で退いた事を重視しているため、表もワルけりゃぁ口も軽いって評判を考え、受けとうろとしないようで、アタマを悩ませているって寸法だ。
江戸詰職の占領を狙っているらしい。

元々、「陸山屋」は「葉隠屋」を認めていないのだが、「葉隠屋」が揉み手絡め手で、貢物を絶やさずご機嫌伺いに来るものだから、ついつい気を許すようになった。
最近は、「使えるかも知れぬ」とまで考えるようになった。(それだけ思考力が低下した証拠だ)

「葉隠屋」の歩いた後は、昔から「ぺんぺん草も生えぬ」と散々言い続けられた事を深く考える必要があるのだが、思考力の低下した「陸山屋」には、世間の強面評判とは相容れず、もう思い致す能力も余力もないらしい。
それにしても、内閣支持率が20%を切った民主党は解体される事を待つばかりの、憐れな政権政党と成り果てた。(ヘッヘ、ザマァ~見ろ!)

さてさて「日本不振の会」は大旦那が「陸山屋」のトツベン・オザワで、大番頭が「葉隠屋」のホラグチ・イチバンで小番頭が「尾張屋」のドエリャァ・ヒクシと「浪速屋」のハシゲ・オチルの二人である。
手代見習いに「日向屋」で元番頭だったマンマ山ザルを予定し、上手くいけば江戸詰職に就けようとの事らしい。
そうすると、後はいくらでも丁稚を集める事ができると考えているらしい。
まぁ、「陣笠議員」は掃き捨てるほど余っているらしいからナ。

|

« 狂権 力ダフィー独裁のリビアは正念場を迎えている! 国際社会は無力無策か? | トップページ | 国会で形だけの「党首討論」を行ってみてもだねぇ~!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 狂権 力ダフィー独裁のリビアは正念場を迎えている! 国際社会は無力無策か? | トップページ | 国会で形だけの「党首討論」を行ってみてもだねぇ~!? »