« 浦安の「地盤液状化」を含め、東京湾沿岸全体で42平方キロで世界最大だとか!? | トップページ | 朝日新聞もNHKも、内閣支持率・政党支持率の世論調査、低空のまま浮上できず »

2011/04/18

政府に尻を叩かれ東京電力が「福島第一原発」事故収拾への工程表を発表してもなぁ~!

信用する人いるだろうかなぁ?
誰か信用するかなぁ?

これまでも右往左往しただけじゃないか?
工程表はホントかなぁ?
(とり敢えず『工程表』を発表しただけじゃないかな)

実際、現在の状況を収拾する事は「最優先事項」だから当然だけど。

でも進行するにつれ、「想定外の事情が発生した」とか言って、煙に巻いちゃうんじゃないかな。

巷間漏れ聞こえるハナシでは、ステップ1の収拾に3ヶ月、ステップ2の収拾に3ヶ月~6ヶ月を要するらしい。
しかしながら、ナンたって「東電・福島原発」の事態を収拾したところで、住民が元の土地へ戻る事ができるのは、土壌改良や生活基盤整備、あるいは住宅の建設、産業の復興などの条件を整える必要がある。
それらを考えれば、1年や2年で解決できるとは考えられない。
かと言って、避難所や仮設住宅で生活する限界もある。

実際の生活環境も去る事ながら、気持ちの上で落ち着かない。
「阪神・淡路大震災」で生き残り、避難所生活・仮設住宅生活を体験した人の多くが、一日も早い普通の生活を取り戻したいと懸命に取り組んだ。

「阪神・淡路大震災」は、東電・福島第1原発のような人災は生じなかった事もあり、被災者の復帰を早める事も難しい条件の中でも(この度に比べ)取り組めた。

この度、特に東電・福島第1原発周辺の皆さんは、目に見えない放射性物質(放射能)の恐怖が先立っている。
それらの被害を示す数値が記録されているワケだから、気が気でない状況が続いている。

しかも、政府も東電も、右往左往するばかりで実質的に機能していないのではないかと、深刻な疑念を持たざるを得ない状況も見える。
従って、東電の首脳陣が収集策の工程表を示したところで「信頼」し「安心」できる状況にはないだろう。

政府と東京電力の信頼性は、既に地に堕ちている。

引用開始→ 原発収束工程表示したが…「東電・政府 信頼できない」
(産経MSN2011.4.17 20:35)

福島第1原発事故の収束に向けた工程表を東京電力が示した17日、福島県内では「目標にすぎない」「避難はもっと続くのでは」といった不信やあきらめの声が相次いだ。放射性物質(放射能)の放出で都内に避難している避難者らも東電や政府に不満をぶつけた。

村民すべてが避難を強いられる「計画的避難区域」に指定される予定の福島県飯舘村。菅野典雄村長は原発事故の対策本部で、東電の会見を伝えるテレビ中継に見入った。

「少し先が見えてきた。今まで言われていた期間よりも短いが、それでも半年から9カ月間というのは大変長い」と菅野町長。「われわれをこれだけ悩ませ、苦しませてきたのは原発。本当に半年とかで収まった場合は来春の作付けに間に合うかもしれない」とかすかな希望も見せた。

一方、同村北部にある佐須地区の佐藤公一区長(62)は「光が見える発表だが、あくまで目標にすぎない。火をつけた張本人が言っていることを簡単に信じてよいものか」と半信半疑。「それよりも今は、間近に迫った計画避難のことで頭がいっぱい。家は自分で見つけることになっているのだから、何とかしないと」と話した。

3人の子供を持つ同村八木沢の会社員男性(44)も「国とか電力会社とかは全然信頼していない。避難のために準備してきたことがこれで変わるわけではなく、子供や仕事に影響の少ない避難先を探していくだけ」とそっけない反応。「たとえ原発が安定しても、避難自体は3年くらい続くのでは」と疲れた表情で話した。

市内中心部が「緊急時避難準備区域」に指定され、子供などの立ち入り制限が求められている南相馬市。数日前に避難していた都内の長女の家から自宅に戻ってきたという同市原町区の小島幸子さん(60)は発表を聞き、「そんなに続くの。すぐには収まらないんだなという感じ。その間にどんなことが起こるかわからないし、そうなったらまた娘を頼ることになるのかも」と困り顔を見せた。

 ■  ■  ■

東京都足立区の東京武道館では、福島第1原発事故で避難を余儀なくされた福島県の被災者ら143人が武道場の畳の上で避難生活を続けている。17日の東電の発表を受け、被災者は「いつになったら帰れるのか」「補償問題はどうなるんだ」と不安や怒りの気持ちをあらわにした。

原発から約30キロ離れた屋内待避地域から避難した同県南相馬市の漁師、濱田卓也さん(35)は妻、洋子さん(38)と2人の子供と同館へ避難した。「政府の発表はこれまで二転三転してばかりで何も信用することができない。原発の状況を事細かに発表し、安心させてほしい」。19日からは東京都千代田区の旧グランドプリンスホテル赤坂に移動する予定といい、「ホテルの受け入れ終了までに自宅に戻ることはできないのだろうか」と不安を漏らした。

事故翌日、原発から6キロ離れた同県大熊町の自宅から着の身着のままで車で避難した新妻義治さん(61)は同館で一人きりの生活が約1カ月続く。「自宅は原発の目の前。補償問題はどうなるんだろうか」と疲労の色をにじませた。

原発から約10キロ離れた南相馬市の原発作業員、佐藤恒安さん(54)は「東電は話にならない。プールから燃料棒を抜かなければ放射能は出っ放しだ。早い解決は無理だ」と述べ、いわき市の作業員、西本一弘さん(54)は「政府は放射能被害を受けた子供の将来を真剣に考えてほしい」と訴えた。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

引用開始→ 原子炉冷温停止まで6~9カ月 東電が見通し
(asahi.com 2011年4月17日20時56分)

工程表の主な内容
深刻な放射能漏れを起こしている福島第一原子力発電所について、東京電力は17日、事故収束への工程表を示し、原子炉を安全な状態で停止するのに6~9カ月かかる、との見通しを明らかにした。東電が事故の収束の見通しを示したのは初めて。また工程表の中で、2号機の格納容器の破損や、4号機の燃料プールを支える建屋の壁の損傷による強度不足などを認め、対策を講じる方針を示した。

工程表によると、第1段階(ステップ1)で、確実に原子炉を冷却し、放射性物質の放出を減少に向かわせるのに3カ月程度かかる、とした。第2段階(ステップ2)では、原子炉を100度未満の安定状態に保つ「冷温停止」にし、放射性物質の漏出を大幅に抑えるのに3~6カ月程度かかる、との目標を示した。

原子炉や建屋などの現状も明らかになった。1~3号機の原子炉は、異常な温度上昇を起こさない程度にしか冷やせておらず、再び水素爆発する危険性が消えていない。2号機は格納容器が損傷、高濃度の放射能汚染水を漏出している、とした。大気中に放射性物質を放出している4号機の使用済み燃料プールは、爆発や地震で強度が十分に保たれていないとの認識を示した。

この実態をふまえ、ステップ1では水素爆発を起こさせないため、原子炉格納容器に窒素注入を続け、さらに格納容器内を水で満たして安定的に冷やす。2号機は格納容器の破損部分の周囲をセメントで固めて漏れないようにする。ステップ2では水を循環させて原子炉を冷やす装置を稼働させ、100度未満の冷温停止状態の保持をめざす。

4号機の燃料プールは、ステップ1で底の空間部分にコンクリート製の支柱を造る。ステップ2では、放水車で水を入れつつ、水を循環させる冷却装置を復旧させる。中期的な課題として、燃料を取り出して保管することも盛り込んだ。

大気や海への放射性物質の漏出対策は、ステップ1で高濃度の放射能汚染水をためるタンクなどを確保。ステップ2で、原子炉建屋をテント状のシートで覆う計画を示した。中期的には、原子炉建屋の周囲にコンクリートの建物を造るという。住民にわかりやすく迅速に放射線量を知らせるシステムも拡充する。

勝俣恒久会長は「計画は100%できるというものではない。とにかく事態を収束させるためにやれることから行い、原子炉の冷却を達成したい」と話した。(坪谷英紀)←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 浦安の「地盤液状化」を含め、東京湾沿岸全体で42平方キロで世界最大だとか!? | トップページ | 朝日新聞もNHKも、内閣支持率・政党支持率の世論調査、低空のまま浮上できず »

コメント

【カンさんよ新税などいらん!「原発」と「子供手当」を切れ!(2)】
◎今日本の隠れた最大の争点は、「今後の原発政策をどうするか?」だ!
(現状分析)日本産の「農作物」と「原発」は、どう考えても今後ブランドは当分無理!
工業製品ですら、放射能汚染として、敬遠されかねない。
◎カンさん、2つの選択のどちらをとるのか?
(選択A)これを機に、新エネルギー政策=原子力以外のクリーンエネルギー(太陽電池、自然エネルギーなど)に、死にものぐるいで取り組んで新しい日本のブランドで世界一に。復興財源は子供手当(国民だれも望んでいない)をあてる。
(選択B)大連立、原発政策推進。子供手当と原発推進に固執。民主党は国民の支持を失い消滅。
(選択A)→「新エネルギー政策」は「子供手当」に代わり新マニフェストに!日本は、新エネルギーで世界の黎明となり、フロンティアに!(工夫すれば太陽電池で2割は行く!)市民運動宰相よ、今こそ天がこの時期に貴君を宰相に据えた天命に気がつくべき。党と日本を再建できるのか。エネルギー政策の抵抗派は強力だぞ。成功すれば、民主党は存続、日本史上、カンは「薬害エイズ」「新エネルギー」の二枚カンバンで日本を救った名宰相として長く名を残すだろう。
◎いまカン降ろしを策動する者は、「原発」と「子供手当」を守ろうとするヤカラ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「11年度予算組み替えに反対=民主・川内氏らが申し入れ」(時事2011/04/18)民主党の川内博史衆院議員らが18日午後、首相官邸・・・を訪ね・・・本予算の組み替えによる財源捻出に反対する決議書を手渡した。・・・内閣だけで一方的に進めるならば、内閣を交代するための両院議員総会を要求しなければならない」と語った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「燃料棒の溶融、保安院が初めて認める」(朝日2011年4月18日)福島第一原発1~3号機の核燃料棒は、溶けて形が崩れている、との見方を経済産業省原子力安全・保安院が初めて示した。・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「首相、原発増設計画を凍結」(日経QUICK2011/4/18)菅直人首相は18日午後の参院予算委員会で・・・「(事故の)検証を経て安全性を確かめることなしに、このまま計画を続けていくことにはならない」と述べ、原子力発電所の増設計画に関し慎重な姿勢を示した。・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「首相、原発増設の凍結示唆」(朝日2011年4月18日)菅直人首相は18日の参院予算委員会で、今後の原子力政策について「安全性をきちんと確かめることを抜きにして、これまでの計画をそのまま続けることにはならない」と答弁した。・・・政権中枢も首相に同調する。枝野幸男官房長官は・・・「普通、白紙で検討する、と言ったらまさに白紙ではないか」。民主党の岡田克也幹事長も会見で「総理のご発言を受けて党の検討体制を考えなければいけない」と語り、党内でも原子力政策の見直し論議を進める考えを示した。・・・

投稿: 【カンさんよ新税などいらん!「原発」と「子供手当」を切れ!(2)】 | 2011/04/18 22:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 浦安の「地盤液状化」を含め、東京湾沿岸全体で42平方キロで世界最大だとか!? | トップページ | 朝日新聞もNHKも、内閣支持率・政党支持率の世論調査、低空のまま浮上できず »