« 東京都知事に適格で相応しい人材が当選して良かった! 石原慎太郎知事4選を祝す | トップページ | 大阪腐恥事ハシゲ・オチルはシナリオどうりに「大阪都構想」を白紙化宣言! »

2011/04/11

統一地方選挙を「コラコラコラム」支持候補の「大勝利」を受けての雑感

2011年の統一地方選挙(前半戦)が幕を降ろした。

「コラコラコラム」が推した候補者は、ひとまず全員が当選を果たす事ができた。
これは、偏に「熱い支持者」が選挙戦の先頭に立ち、それぞれの候補者への支持を呼びかけ、さらに支持を拡げて頂いた結果で、本当に熱い支持を頂戴した事に「深く深く感謝申し上げております」。

先ずは、主宰者の出身地の県議選で、熱い支持者と複層的な協力組織の力強い選挙戦で、安定した戦いを進める事ができ「友人」は見事に三選を果たす事ができた。
9日間の選挙戦の期間、4日にわたり「個人演説会」で惜しみなく応援ができた事を誇りに思っている。

さらに県議選の隣接選挙区で「知人」の選挙戦は、厳しい選挙戦となり、それを反映し激烈な接戦となったが、最後に辛うじて交わす事ができた。
念願の返り咲き、三選目を得る事ができ、県政の議場へ復帰する事を果たした。

主宰者の現住地における選挙戦は、日頃の議会活動を支持者へ細かく報告するなどもあり、安定した戦いを展開した「知人」が開票率50%ほどの段階で当確を得る事ができた。
議員は、日頃の活動が全てである事をこの度も実証した。

知事選挙は、何よりも東京都知事選挙で石原慎太郎知事が、圧倒的な四選を果たした事である。
東京のような大票田における知事選挙は、まるで雲を掴むような展開を想像しがちだが、実際は、一人ひとりの支持者へ支持を拡げ、支持を確認する地道な運動の結果、得られるのである。
東京の場合は、居住地と働き場所が異なる事が多い、東京都民である有権者の一人ひとりから支持を引き出す事ができれば、かなりの票を得る事ができるワケだが、これが実は最も難しいのだ。
勢い、人気に頼る、風に頼る、不埒な選挙戦を展開したがるのである。
それゆえに、甘い、できもしない、裏付けのない「公約」やら「マニフェスト」やらの「無責任政策」を掲げたがるのである。
しかし、状況や環境が変わると、一気に失速するのは目に見えている。
その都度、政治は大揺れに揺れる。

もう一つ、8年前に友人達が引っ張り出した徳島県知事選挙も、飯泉嘉門知事が見事に三選を果たした。嬉しい限りである。
当たり前だとの声もあろうが、最初に決断するのは相当の決意が必要である。
前回も安定した戦いだった。今回も安定した戦いだった。
それは、人柄や行政手腕を支持者が認め、有権者が安心し任せようとの意志を示されたからである。
地道に下支えする多くの運動員の努力があっての賜である。何よりもそれを讃えたい。

知事選挙で、最も重要な事の一つは、三重の知事選挙で最後まで大接戦を展開し、民主党候補を打ち破った事である。
民意は、ハッキリ示されたと考えている。

国辱政党眠主党、「ナメるなよ!」、「国民をバカにするなよ!」。

残念だった事は、大阪府議会で「維新の会(腐振の会)」が過半数を占めた事である。
大阪の府民(有権者)の目を思わず疑ってしまう。
なんて無責任でミーハーな選挙をやってしまったのかと。
これについては、別の機会へ検証を譲りたいと考えている。

次は、24日の投票へ向けて市町村という基礎自治体の選挙戦だ!
これにも、「党」派を超えた「友人」、「知人」が立候補する。
全て勝ちたいと考えている。

|

« 東京都知事に適格で相応しい人材が当選して良かった! 石原慎太郎知事4選を祝す | トップページ | 大阪腐恥事ハシゲ・オチルはシナリオどうりに「大阪都構想」を白紙化宣言! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京都知事に適格で相応しい人材が当選して良かった! 石原慎太郎知事4選を祝す | トップページ | 大阪腐恥事ハシゲ・オチルはシナリオどうりに「大阪都構想」を白紙化宣言! »