« 東電・福島原発の危険度判定 国際社会は「レベル7」、日本政府は渋々認める! | トップページ | 「東電福島原発」の廃炉計画が示されたとか!? »

2011/04/13

大阪腐恥事ハシゲ・オチルが描く「大阪都」構想の未熟なシナリオ

政治で人事の話が漏れるのは禁じ手だが、この話は「事前構想」でもあり、最初から仕組まれた未熟なシナリオでもある。

オトモダチで「大阪の政治を仕切ろう」が合い言葉だ。
これほどナメた話はないのだが、そこは、最初から狂っているハシゲの事だから仕方がないとも言える。
シンボォ・デケンは、これまでも「Yチャンネル」のヅラでもある。

ミヤケ・オッハゲィも後方からイロイロ様々な援護射撃を繰り広げているのだろう。

後ろに控えているのは、トツベン・オザワであり、その子飼いのホラグチ・イチバンである。
お仲間には横浜市政を途中で投げ出し平気な無責任オトコのナカタ・セマシも控えている。

基礎自治体も、中間自治体も、政治はテレビ画面での言いっぱなしではないのだから、相当の自覚と決意が必要だ。

シンボォ・デケンが、ハシゲ・オチルの呼びかけを受け入れ、転身を志すかどうかが当面のポイントである。

シンボォ・デケンが転身を宣言すると、その瞬間に、これまでの民主主義は終わり、醜いテレビ画面民主主義に堕ちるのである。

大阪の政治風土や、選挙民の風土から考えると、ハシゲ・オチルのシナリオは案外しぶとく受け入れられてしまうだろう。
ハシゲ・オチルは、その点を鋭く感じ取る皮膚感覚を持っている。
実に巧みな扇動する術、とりわけレッテル貼りに長けている。
その意味で、究極のポピュリスト、ポピュリズム政治家といえる。
従って、ハシゲオチルの煽りは危険度100%であるともいえる。

しかしながら、オッチョコチョイがウリの大阪腐眠は、無責任にも「コワイモノ見たさ」の誘惑に負けるため、これまでハシゲ・オチルの主張に共感してきたのである。

以前にも紹介したが、
「私、ハシゲ恥事、よぉ知ってるモン」
「そうですか、よくご存知ですか?」
「そやでぇ、私、よぉ知ってんね! あのヒト、ハッキリもの言わはるやろ、それがエエねん、ハッキリもの言わへんヒトはアカン」
「よく、お話しされるのですか」
「いぃやぁ~、私、ハナシ、しとぉても、ハナシでけへん」
「まぁ、恥事は忙しいですからねぇ」
「そんな事ないでぇ、毎日みたいに、テレビ出てはりまっしゃんか、私、毎日みたいにテレビでハシゲ恥事みて、言うてはること聞いてるもん」
「はぁ?テレビの画面でのお話ですか」
「当ッたり前やんか、兄ぃちゃん、ナニ言うてんのぉ」
「よく知ってるのも、テレビの画面のお話しですか?」
「よぉ言うワぁ、この兄ぃちゃん、当ッたり前の事やんか」。

これが、大阪の選挙民全てとは言わないが、ハシゲ・オチルは、これらの無責任を地で行くオバハン層をガッチリ握って離さない。
この点は「実に巧みである」と言うほかに言葉がないと。

稚拙、拙劣でも、勝てばヨイとの発想は、理想はともかく政治家のセンスとしては一級であるいえる。
4月12日「コラコラコラム」の参照をお薦めします!

引用開始→ キャスター辛坊氏を大阪市長選擁立も…橋下知事
(2011年4月12日21時46分  読売新聞)

大阪府の橋下徹知事は12日に放送された読売テレビの報道番組で、今秋の大阪市長選について、自らくら替え出馬するか、テレビキャスターの辛坊治郎氏(55)を擁立し、地域政党「大阪維新の会」(代表=橋下知事)の候補者としたいとの考えを明らかにした。

くら替え出馬の場合は、後継の知事候補に辛坊氏を充てる意向も示唆した。知事が辛坊氏の擁立に言及するのは初めて。

番組は11日夕に収録された。橋下知事は「市役所のあり方を変えないと、大阪は良くならない。辛坊さんと一緒にやりたい」と語った。辛坊氏を市長候補とするか、くら替え出馬の場合に同日選となる知事候補にするかに関しては、「どっちでも(いい)」とした。中田宏・前横浜市長(46)の名前も挙げ、「市役所改革に関しては全く同じ思い」と述べた。

維新の会は、10日の大阪・堺両市議選で第1党に躍進し、府議選では単独過半数を獲得。これを受けて橋下知事は「(大阪市長選は)維新で取ることが必要」と明言していた。関係者によると、橋下知事や維新幹部は昨年以降、辛坊氏に会食などの場で連携を呼びかけているという。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

引用開始→「辛坊さんと組みたい」 橋下知事、番組でラブコール
(asahi.com 2011年4月13日5時7分)

「辛坊さんと組みたい」

大阪府の橋下徹知事は12日放送の読売テレビの番組で、11月ごろの大阪市長選と来年2月に任期満了となる知事選の対応を問われ、元同局キャスターの辛坊治郎氏(55)の名前を挙げて「ラブコール」を送った。番組は前日収録された。

橋下氏が率いる「大阪維新の会」は、橋下氏が知事を辞めて市長選に出馬し、知事選との「ダブル選」に持ち込む戦略を描く。その際の知事選候補として、辛坊氏が検討されている。

橋下氏は市長選出馬についてこれまで否定も肯定もしておらず、辛坊氏への言及も知事選と市長選のどちらを念頭に置いたものかははっきりしない。番組では「僕は辛坊さんを尊敬している。いろんな経験や知見をもとにして、ぜひ(一緒に)やりたい」と持ち上げた。一方、辛坊氏はこれまで橋下氏らの打診に対し、出馬を固辞している。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

引用の順は、Yチャンネルの親分「讀賣新聞」に敬意を表し先に配しておきたい。

|

« 東電・福島原発の危険度判定 国際社会は「レベル7」、日本政府は渋々認める! | トップページ | 「東電福島原発」の廃炉計画が示されたとか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東電・福島原発の危険度判定 国際社会は「レベル7」、日本政府は渋々認める! | トップページ | 「東電福島原発」の廃炉計画が示されたとか!? »