« 被災地域の復興・復旧に「定期借地」を検討、実際に役立つ知恵と技術が必要だ! | トップページ | 菅の官邸は機能不全と 「東日本大震災」の前から囁かれていたが!? »

2011/04/23

宮城県知事が、復興構想会議で、消費税増税の「災害対策税」を提唱したらしい!?

よく分からない。
被災自治体の知事として、一日も早い地域復興を念頭に様々なアイデアを提案したワケだ。
しかしながら、全く以て「よく分からない」というのが正直な感想だ。

「災害対策税」って、まぁ、踏み込んだ提案をしたものだなぁ~?
基本的に、政府(特に財務省)の意向を受け先取りする考えなのだろうか。
さすがに、防衛大学校出の自衛隊を経た、(短慮がウリの)「松下政経塾」出身の若造だけの事があるワ。
「天命に従って人事を尽くす」ってのが座右ノ銘だそうである。

またぞろ、水産業が壊滅的打撃を受けている事を踏まえ、水産業の国有化を提唱したという。
いよいよ「社会主義」の途を選択するって事らしい。
より「大きな政府」で、地域の産業を丸抱えしようって発想は、余りにも大胆だねぇ~。
首相のバッカンは、大いに心を打たれ「我が意を得たり」と膝を打ち涙したのではないか。

早く復興すりゃぁ、ナンでもイイのか。
「全く以てよく分からない」。
ホントに、仰天者っていうか、お調子者にしか見えない。

考えが及んでいるように聞こえるが、実際は思考停止なんじゃないか?
もっともっと、水産業者の声を聞き、それを素に検討し、議論を尽くすべきだろう。
それらの地道な実態把握にどれだけの時間を割いたのだろうか。

東北沿岸の漁業従事者は、北海道沖から茨城県沖まで、つまりオホーツク海流と黒潮が交差する海域を軸に、実態は協業化状態にあるじゃないか。
しかも「魚種」も幅広いし、養殖水産も混在している。
いずれのどれを国営化するのだ。

水産業って、漁業をする側だけじゃないだろう。
流通に乗せない限りダメじゃないか。
それが乗せられない状況もあるワケでしょう。

東電は、放射線物質による「放射能汚染水」を、一方的に安全だと言って太平洋へ垂れ流しちゃったじゃないか。
その検証も、評価も、責任も追究する事なく、いきなり東北沿岸の水産業を国営化して、何が解決できるっていうのだ。

国営化すれば水産従事者が元気になるっていうのか、それとも御用水産業者を大量に創り出し権力基盤にしようって魂胆か。
自由な流通や流通環境を、よく理解し考えてから発言した方がヨイぞ!

復旧を支援する事と、事業を国営化する事は全く別の次元だろう。
そんな事と一緒に、ドサクサ紛れに「災害対策税」など持ち出して貰いたくないね。
もっともっと、よく考えてから「提案」や「発言」をして貰いたい。

引用開始→ 宮城知事、水産業の国営化提唱=復興構想会議
(jiji.com 2011/04/23-17:06)

東日本大震災の復興ビジョンをつくる政府の復興構想会議(議長・五百旗頭真防衛大学校長)は23日午後、菅直人首相も出席して、官邸で第2回会合を開いた。

宮城県の村井嘉浩知事は、津波で甚大な被害を受けた水産業の国営化や、消費税増税を念頭に置いた「災害対策税」の創設を提唱する。

五百旗頭議長は、復興ビジョンについて「被災地の実情を踏まえ、創造的な文明史的な展開も視野に入れた案」を目指す考えを強調。岩手県の達増拓也知事、福島県の佐藤雄平知事も復興の考え方を説明する。

村井知事が示す宮城県の構想は、水産業の再生に向けて、国が必要経費を直接助成。小規模漁港などを大幅に集約・再編するとともに、水産加工場、市場、漁船など関連施設の共有化を進める。
また、生産施設が破壊された事業者への工場・設備の無償貸与、規制緩和や予算・税制面での優遇措置を盛り込んだ特区創設などを求めている。←引用終わり
(時事ドットコム)

|

« 被災地域の復興・復旧に「定期借地」を検討、実際に役立つ知恵と技術が必要だ! | トップページ | 菅の官邸は機能不全と 「東日本大震災」の前から囁かれていたが!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 被災地域の復興・復旧に「定期借地」を検討、実際に役立つ知恵と技術が必要だ! | トップページ | 菅の官邸は機能不全と 「東日本大震災」の前から囁かれていたが!? »