« 米ドルは国際決済通貨としての信認を維持できるか? | トップページ | 日本海は日本海だ、テーハ韓国よ、トンマな東海(トンヘ)じゃねぇぞォ! »

2011/08/09

NHKの内閣支持率調査は18%だ! バッカンは、しがみつかずに早く辞めろぉ!

NHKは2011年8月8日の夕方19時のニュースで、5日~7日にかけて実施した世論調査(内閣支持率)の結果を報じた。

未だに18%もの支持率があるというから不思議な国だ!
しかも前回より2%支持率が上昇したという。
ナメた話だ!
NHKの内閣支持率調査は、厳しいのか緩いのか分からないけど、まぁ、全体には15%程度が関の山だろうヨ!
そんな支持率のバッカンは、それでも辞めない!
石にしがみついても辞めないのだそうだ。
こうなりゃぁ、ルーピー鳩山の敵前逃亡は、いよいよ罪が重いと言うべきだろう。

2%の支持率アップは、「脱原発」を口にしたオマケで祝儀支持率か?
「反原発」を唱える勢力のみが支持率を形成しているとまでは言わないけれど、ヒステリックに主張しても、日本の産業政策や国防政策を論じない。
そのまま、「脱原発」を厚顔にも主張して平気の平左だ。

学級崩壊の民主党の政党支持率もアップしているっていうから二重三重のオドロキだ。
日本は、国際金融体制が音を立てて崩壊しようとする状況を前に、全く無能な内閣でどのように政策を打ち立て凌いでいこうとするのか。
「米ドル」基軸で維持してきた国際貿易体制が基軸通貨を失おうとしている。
EU欧州連合も政策金利の調整やら何やらを打ち出すだろうが、国境を越えて迅速に移動を繰り返す投機マネーを抑え込む事はできない。
投機マネーは、当面の間、日本円に向かう事が想定される。
それを受けて立たねばならない日本(政府)は、ほとんど為す術もなく指を咥え傍観するだけか。
途上国の金融政策、経済政策よりもヒドイ無能ぶりを発揮するだけだ。

その頭目は、どれだけ批判されても国を破壊し続ける事を止めないという。

日本国民は、えらく軽く扱われ、ナメられたものだ。

一番悲しい事は、
”菅総理大臣の次の総理大臣に誰がふさわしいと思うか、
「ふさわしい人はいない」と答えた人は38%に上りました。” である。

日本国民は諦めてしまったのか、諦めさせられたのか?
この間にも、間違いなく「日本の国益は喪失」され続けている。

引用開始→ NHK調査 内閣支持率18%
(NHK On line NEWS 8月8日 19時52分)

NHKが行った世論調査によりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は18%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は65%でした。

NHKは、今月5日から3日間、全国の20歳以上の男女を対象に、コンピューターで無作為に発生させた番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。
調査の対象となったのは1706人で、62%に当たる1052人から回答を得ました。

それによりますと、菅内閣を「支持する」と答えた人は、18%で、
おととしの政権交代以降、最も低くなった先月の調査に比べて2ポイント上がりました。

一方、「支持しない」と答えた人は65%で、3ポイント下がりました。
支持する理由では、「他の内閣より良さそうだから」が44%で最も多くなっているのに対し、支持しない理由は、「実行力がないから」が40%で最も多くなっています。

次に、菅総理大臣の退陣の時期は、いつごろが望ましいと思うか尋ねたところ、
▽「国会会期末の今月末までに」が45%、
▽「来月から年末までの間」が28%、
▽「来年以降」が14%でした。

また、菅総理大臣が、赤字国債発行法案が今の国会で成立しなければ、続投する考えを示していることについて聞いたところ、
▽「支持する」が12%、
▽「支持しない」が49%、
▽「どちらともいえない」が33%でした。

そして、菅総理大臣の次の総理大臣に誰がふさわしいと思うか、現職の国会議員の中から名前を挙げてもらったところ、
▽前原誠司氏が5.6%、
▽石破茂氏が4.2%、
▽小沢一郎氏が2.7%、

以下、回答率が0.5%以上の人は、ご覧のとおりの順となっていて、
*(以下はNET上では省略されている)
▽「ふさわしい人はいない」と答えた人は38%に上りました。

また、菅総理大臣が退陣したあと、「ねじれ国会」に打開に向けてどうすべきだと思うか尋ねたところ、
▽「与党と野党が政策ごとに連携すべきだ」が35%、
▽「与党と自民党以外の野党が連立政権を組むべきだ」が5%、
▽「与党と自民党が大連立政権を組むべきだ」が11%、
▽「衆議院の解散総選挙を行うべきだ」が37%でした。

次に、民主・自民・公明の3党が、子ども手当の見直しで、来年度から、所得制限を導入するなど、事実上、自公政権当時の児童手当を復活させる内容で合意したことについて聞いたところ、
▽「大いに評価する」が16%、
▽「ある程度評価する」が41%、
▽「あまり評価しない」が25%、
▽「まったく評価しない」が12%でした。

さらに、衆議院の解散・総選挙の時期については、
▽「できるだけ早く行うべきだ」が24%、
▽「ことしの年末までには行うべきだ」が26%、
▽「来年中には行うべきだ」が20%、
▽「再来年の任期満了まで行う必要はない」が20%でした。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ NHK世論調査 各党の支持率
(NHK On line NEWS 8月8日 19時52分)

各党の支持率は、
▽民主党が先月より3ポイント近く上がって16.4%、
▽自民党が2ポイント近く上がって25%、
▽公明党が3%、
▽みんなの党が2.7%、
▽共産党が2.7%、
▽社民党が0.8%、
▽国民新党が0.2%、
▽新党改革が0.1%、
▽「特に支持している政党はない」が42.8%でした。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ なお地位に恋々「やるべきことはやりぬく」首相 週刊朝日インタビュー 好意的メディアに応じる?
(産経MSN 2011.8.8 16:38)

菅直人首相は8日発売の週刊朝日のインタビューに応じ、自らの退陣時期に関し「いずれ去る日が来るその時まで、言うことは言い、やるべきことはやりぬく。原子力行政の抜本改革の道筋はつけたい。これが今の率直な思いだ」と述べた。原子力安全庁新設にも意欲を示すなど、首相の地位に恋々とした心情を吐露しており、再生エネルギー特別措置法案成立など「退陣3条件」がクリアされても、なお居座りを決め込む公算が大きい。

衆院解散については「『延命のために解散した』『復興の過程なのにどうして?』という話になるだけだろう」と否定的な考えを表明。その一方で「理由はともかく菅直人を降ろしたい。残念ながらそういう力学がかなり感じられる」と述べ、与野党そろい踏みの「菅降ろし」に対する強い不快感を示した。

将来のエネルギー政策のあり方については「極端に言えば、電力供給を現状の半分にしても国は成り立つようにしていかなければならない」と強調した。

首相は3月11日の東日本大震災発生後、ぶらさがり取材を拒否するなどマスコミ取材をできる限り排除してきた。今回のインタビューには108分間も応じており、自らに好意的なメディアの取材にだけ応じる独善的な姿勢がまたも浮き彫りになったといえる。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 米ドルは国際決済通貨としての信認を維持できるか? | トップページ | 日本海は日本海だ、テーハ韓国よ、トンマな東海(トンヘ)じゃねぇぞォ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米ドルは国際決済通貨としての信認を維持できるか? | トップページ | 日本海は日本海だ、テーハ韓国よ、トンマな東海(トンヘ)じゃねぇぞォ! »