« バッカンは不正のお山の大将だ バッカンは小菅に収容せよ! バッカンを小菅へブチ込め! | トップページ | 節電で切り抜けた!? 「脱原発狂想曲」が創り出した電力不足2011年の夏 »

2011/09/08

トツベン・オザワ、テメーの利権獲得とはいえ、たまには「まともな」発言もできるんだナ!?

「コラコラコラム」はトツベン・オザワが大嫌いだ!
原則として、存在を認める事はできないが、勝手に存在する事までは拒否しないし否定しない。
勝手に存在してろって態度だ。
でも目障りだから、反発するし、ブログでカラカイもするし糾弾もする。
しかし、たまには、まともな事も言うものだと、今回は珍しく発言に耳を傾けてやろうじゃないか。

どうせ、参議院の選挙も近い谷岡郁子が組織固めの目的で招いたパーティーだろうが、トツベンもたまには聞き取れる言葉を発する事もできるんだナ。

そのとおりだよ!
まず、民主党の国会議員のほとんどは「勉強」しない。
「ぞうきんがけ」しない。

する事といえば、テレビからお呼びがかかれば颯爽と出向き、脈絡なく無責任発言を繰り広げる事だ。
何よりも、一端のA呆タレント気取りで、原則もなく、もちろん政策的な裏付けもなく呆けた珍論を開陳するだけである。しかもヒステリックに。

この大親分が、トツベン・オザワのペットだと吹聴して平気なホラグチ・イチバンである。
最も知能指数と思考能力に問題を抱える、尊大な言動だけがウリのチンピラ議員だ。
こんなヤロウに平気で議席を与える佐賀県民の投票行動は糾弾されるべきだ。
次に選挙までに、「ゴミは、分別し、お近くのクズカゴへお捨て下さい」って、佐賀県民に警告してやろう。

その子分っていうか、パートナーが安住淳だろう。
ぞうきんがけもしないまま、間違って、財務大臣になっちゃったネェ~!
「マネした整形塾」出の口クズ議員ドモは、大体がA呆である。特に民主党はオB過の大コレクションだ。
それ以外にも枚挙に暇がないけれど、オバカウチなんて「天然満天の恥さらしヤロウ」だ!
オォ~!忘れちゃイケナイ、天下満天無双の見せパンオンナだった「バナナ・レン呆」って稀少珍種(台湾種)も揃えてるよなぁ~!
なんだか、またぞろ行政改革担当大臣なんてヅラに戻っちゃった。
行政改革担当大臣ってぇのは、またぞろ予算カットのアフォーマンスで着替えを強制するらしい。バカも休み休み言いやがれ!
まぁ、民主党ってのは、「オB過」「A呆」の珍種コレクション政党だともいえる。

なぜここまで「オB過」や「A呆」を集積できるのか?
それは、民主党が「自民党」で公認されなかった「議員になりたい、オB過、A呆」の寄せ集めで「選挙互助会」だからに過ぎない。
選挙に勝つには、嘘も方便ってワケで「方便政党」ともいえる。

従って、民主党の議員のほとんどが、国会議員になって、「この政策を政治に反映させたい」と勉強し政策立案できる議員はいないのだ。
民主党の国会議員のほとんどは、「失業対策事業」で国会議員になった「オB過」「A呆」も数多い。
根本的にコンセプトが間違ってる。

だから、国会議員(としての収入を得る事)だけが目的なのだ!

従って、これも国会議員である事が生業であり手段である歴戦の強者トツベン・オザワから見ると、物足りないし危なっかしくてやってられないのだろう。
トツベン・オザワも、国会議員である事が自らの目的を達成するための手段なのだ。
トツベン・オザワは「白蟻」である。国の資産・資源を食い散らし私腹を肥やすために政治家をやっている。
従って、民主党の「オB過」や「A呆」を見ると志が低いって感じるワケだ。
そんな甘いこっちゃ、私腹を肥やすために利権を手に入れることはできない。
利権を得るための大談合に参画する事は勿論、参与すらできないと指摘しているワケだ。

国民の信頼を得ることができなければ、政権の座を追い払われるじゃないか、そうすれば私腹を肥やす利権の獲得ができない、何よりも利権を手に入れる談合ができないじゃないか、と真底から怒っているわけだ。
とてもトツベン・オザワらしい「直裁的な指摘」だよな。
解りやすくってイイやね!? そう思いませんか?

従って、「勉強とぞうきんがけ」が欠けていると指摘しているワケだ。

ホォ~!トツベン・オザワにも基本原則があるのだなぁ~、と感心したゾ!

引用開始→「ぞうきんがけや勉強に欠けているから問題が起きる」 小沢氏が民主党に苦言
(産経MSN2011.9.7 20:21)

民主党の小沢一郎元代表は7日、名古屋市内で開かれた党所属議員のパーティーであいさつし、民主党の政権運営について「民主党は新しい政党なのでポンと偉くなった人が多い。地道なぞうきんがけや基礎的な勉強にどうしても欠けている。だから、実際に政権を取っていろんな問題が起きてくる」と苦言を呈した。

野田佳彦内閣や代表選についての言及はなかったが、マニフェスト(政権公約)について「都合が悪くなったから約束はなし、ということでは人間社会、お互いの信頼関係は生まれない」と持論を展開し、「政権を与えてくれた本来の民主党の原点、初心を忘れずに今後の2年間を一生懸命がんばって国民の信頼を取り戻すしかない」と語った。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« バッカンは不正のお山の大将だ バッカンは小菅に収容せよ! バッカンを小菅へブチ込め! | トップページ | 節電で切り抜けた!? 「脱原発狂想曲」が創り出した電力不足2011年の夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッカンは不正のお山の大将だ バッカンは小菅に収容せよ! バッカンを小菅へブチ込め! | トップページ | 節電で切り抜けた!? 「脱原発狂想曲」が創り出した電力不足2011年の夏 »