« 暴力団関係者は、「どこにも宿泊させない」って事か | トップページ | ご祝儀相場の小・野田・澤内閣への支持率だが 野田の限界は間もなく表れるだろう »

2011/09/03

小・野田・澤 談合傀儡内閣が始まった パチ・パチ、ポチ・ポチ、バチ・バチ、バツ・バツ

ヤッパリなぁ!
そうだろうなぁ!
顔ぶれ見ると「小澤傀儡の顔」を納得してしまうなぁ!

野田個人には多少の期待もあるけどなぁ!?

裏に隠された「貌」は明らかに「貌」が見えるよなぁ!

というワケで、手荒ではなく、柔らかく裏面を整理しておこうかな?

まず、亡霊・細川、ドジョウ・野田、ヤミ利権・小澤が、談合会談をしていた事実を讀賣が報じている。これをどう読み解くかは、アクセス頂いた皆様の判断に委ねたい。

基本的に、9月3日のスレッドは、関連する記事を「コラコラコラム」の視点でクリッピングしてみた。ご判断は、いつもどおりアクセス頂く皆様に委ねたいと考えています。

引用開始→ 細川元首相「野田、小沢両氏と3者会談した」
(2011年9月3日03時06分  読売新聞)

細川護煕元首相は2日、読売新聞社のインタビューに応じ、先の民主党代表選を巡り、野田首相と小沢一郎元代表を仲介して3者会談を行ったことを明らかにした。

また、1994年に細川政権が導入した衆院小選挙区比例代表並立制度に関し、自民党一党支配を終える役割を果たした今、見直すべきだと明言した。

野田氏は93年に、細川氏が結成した日本新党から衆院に初当選している。3者会談は、小沢元代表、野田氏双方から「同じ党にいるのに、話もしたことがない」との話を聞いた細川氏が、「顔合わせぐらいはした方がいい」と設定した。細川氏はインタビューで、「百数十人いる小沢氏のグループを抜きにして、民主党は動かない」と語っており、元代表が代表選で野田氏支持に回ることを期待したものとみられる。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

石原東京都知事は、個人としての野田佳彦を褒めている。
今後、どのよう評価が変化するかを見守りたい。

引用開始→「自分の言葉を持っている」 石原慎太郎知事が野田首相を評価
(産経MSN2011.9.2 23:58)

「野田(佳彦)君は自分の言葉を持っている。これは大事なことだ」-。東京都の石原慎太郎知事は2日の定例会見で、野田首相をこう評価した。

石原知事は「松下政経塾出身の政治家は、話に内容がなくて嫌い」と述べた上で、「最近の作家も自分の言葉で書かず、薄っぺらいが、野田君は身も心もこもった言葉を使う。あとはやってみないと分からない。運動選手と同じで、走ると思った人間が走れなかったりするから」と語った。

また、菅直人前首相が朝鮮学校の高校無償化適用の審査手続き再開を文部科学相に指示した問題に触れ、「絶対に許せない。北朝鮮は質的に何も変わっていない」と指摘。「菅というのはどこの人間かと思う。金銭面での北朝鮮系の人間との関係も含め、あんなに怪しい政治家が総理大臣になったことは驚き。言語道断だ」と非難した。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

ドジョウ・野田が組織する内閣の舞台裏で表へ出せるネタは、夕刊フジが報じたものが興味深い。
最大のクエッションは、安住 淳の財務大臣就任だ!
当初は、前幹事長の岡田克也が想定したものの固辞されたってワケでナルシスト安住 淳なのだ。
人品、力量、ともに大いに疑問だ。

次に、成権(なりけん)のジャマオカ・ウソ八こと山岡賢次が国家公安委員長だと!?
日本の治安を成権ヤロウに任せるっていうのは、トツベン・オザワの差し金の証左である。

そして平岡秀夫の法務大臣だ。
これはバッカンこと菅直人の頭上に北朝鮮献金疑惑でオフダが舞い降りない事の担保だナ。売国政権を基本的に踏襲する姿勢を見せている。何より平岡は死刑廃止論者である。

きょうの叩きの最後は、見せパン・オンナの代表チャンプだった、バナナ・レン呆を行財政改革担当大臣に復帰させた事だ。
徹底的に扱き下ろさなければならないナ。

引用開始→“どじょう内閣”の全容!安住氏が財務相になった本当のワケ
(夕刊フジ2011.09.02)

野田佳彦首相(54)は2日、内閣を正式発足させた。だが、日本経済の再生を託される財務相には門外漢の安住淳衆院議員(49)を起用し、外相には、代表選で自身を支持した玄葉光一郎衆院議員(47)を抜擢。小沢一郎元代表(69)に近い山岡賢次衆院議員(68)も国家公安委員長に任命するなど、党内のバランスに配慮した。民主党政権下で3人目の首相による内閣は、「論功行賞」と「派閥順送り」という旧態依然とした体制でスタートした。 

「適材適所だ。どじょうのように泥にまみれて仕事をして、政治を前進させたい」

藤村修官房長官(61)は2日午前、官邸で閣僚名簿を発表し、人事の狙いを語った。同日午後、皇居での任命式・認証式を経て、内閣が発足。被災地復興や日本経済再生、政治の信頼回復に向けた仕事が始まる。

最大の驚きは、安住氏の起用だろう。

安住氏は被災地・宮城県石巻市の出身。野田首相と同じ当選5回で農水行政や外交安保、国会対策などは経験しているが、国家財政や金融・為替などを所管する財務畑はほぼ門外漢といえるのだ。

「野田氏は当初、官房長官を固辞した岡田克也前幹事長(58)に財務相就任を打診していた。だが岡田氏は、小沢一郎元代表(69)の党処分を主導して小沢グループの反発が強いため、『自分が閣僚になれば、挙党一致の妨げになる』と考え、断った。安住氏は岡田氏に近く、いわば代役だろうが、日本経済の危機に対応できるのか」(民主党関係者)

日本外交の立て直しを担う外相には、野田首相にとって松下政経塾の後輩である玄葉氏が抜擢された。

「玄葉氏は保守政治家。昨年、菅直人前首相(64)が独断専行的に日韓併合100年の首相談話を発表した際、『(党側に)相談があってしかるべきではなかったか』と異議を唱えた。野田首相は、鳩山、菅両政権による弱腰リベラル外交を修正する意向ではないか」(同)

年金問題などを所管する厚労相には、元NHKアナウンサーの小宮山洋子衆院議員(62)を起用した。

ベテラン議員は「ひどい人事だ。小宮山氏は財務委員長だった昨年の参院選で、落選濃厚な候補にも一律に活動資金を配った。『参院選惨敗のA級戦犯』といわれたのに…。仙谷由人官房副長官(65)がゴリ押ししたのだろう」と憤る。

同じ女性で、蓮舫首相補佐官(43)は、行政刷新相・公務員改革担当相になった。

仙谷氏本人の入閣は見送られたが、側近の古川元久衆院議員(45)が国家戦略・経済財政担当相。文科相には、岡田氏側近の中川正春衆院議員(61)が起用された。「仙谷、岡田両氏本人ではなく、側近に論功行賞を与えた」(若手議員)とみられている。

野田首相が掲げる「挙党態勢」の言葉どおり、各グループのベテランも配置された。

代表選で激突した小沢・鳩山グループからは、海江田万里衆院議員(62)が閣外に去り、山岡氏に加え、一川保夫参院議員(69)を防衛相に抜擢した。新進党・自由党時代から小沢氏と行動をともにしてきたグループの重鎮だ。

中間派では、旧民社党グループの川端達夫衆院議員(66)を総務相、旧社会党グループの鉢呂吉雄衆院議員(63)を経産相に据えた。

法相に決まった平岡秀夫衆院議員(57)は、菅グループが入閣候補として推薦。代表選の決選投票で「野田支持」に回った鹿野道彦農水相(69)は、懐刀の筒井信隆農水副大臣(66)を後任大臣に推したが、野田首相の意向で再任が決まった。

国交相の前田武志参院議員(73)ら、参院からは5人が入閣。ねじれの主戦場となる参院への配慮も忘れていない。

被災地復興や原発事故対応を継続・強化する姿勢を示すため、平野達男復興担当相(57)を再任。「原子力安全庁」の環境省設置を主導した細野豪志原発事故担当相(40)も再任のうえで環境相を兼務。国民新党の自見庄三郎金融・郵政担当相(65)も再任した。

政治ジャーナリストの角谷浩一氏は「昔の自民党ばりの論功行賞と派閥順送り人事だ。これなら党内から文句は出にくいだろう。安住氏や小宮山氏ら軽量級を入れたのは、わざと自民党に明け渡せるポストを作った、大連立シフトではないか」と話している。←引用終わり
Copyright © 2011 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved.

それでは野党を代表して、「みんなの党」渡辺喜美代表の、端的でキツ~イ評を紹介しておこう。

引用開始→ みんな・渡辺代表「増税一直線の論功行賞内閣」
(産経MSN2011.9.2 18:06)

みんなの党の渡辺喜美代表は2日午後の記者会見で、野田佳彦新内閣について「組閣の手法が、昔の自民党政治に先祖返りした印象だ。増税反対とうたっていた人が一人も入っていない増税一直線の論功行賞内閣だ。国民が望む政治とはほど遠い結末に終わる可能性が最初から出ている」と批判した。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

成権のジャマオカ・ウソ八の閣僚就任に対し、拉致被害者家族は悲嘆を受けている。
大体、胡散臭いマルチビジネス組織から献金を受けていた疑いを払拭できないクズが、消費者担当大臣だなんてヘソが茶を沸かすワ。虫酸が走る。

引用開始→ 担当相兼務の山岡氏「拉致軽視としか…」被害者家族は悲嘆
(産経MSN2011.9.3 00:44)

「野田佳彦首相の拉致問題への考え方が出ている。拉致問題軽視としか言えない」。消費者相と国家公安委員長と兼務で山岡賢次氏が拉致問題担当相に就任したことに、増元るみ子さん=拉致当時(24)=の弟で拉致被害者の家族会事務局長の照明さん(55)は、失望感をあらわにした。

山岡氏は、超党派の国会議員でつくる拉致議連にも所属せず、拉致問題に関しては全くといっていいほど活動実績がない。拉致被害者家族らは「拉致問題での発言を聞いたことがない」と声をそろえる。

山岡氏は2日、官邸で記者団に「家族会とは、今まで直接、お話はしていないが、お気持ちは心得ているつもり。全力で対応していきたい」と語った。

しかし、家族会などが平成21年の総選挙前に行った拉致問題への取り組みを問う議員アンケートでは、回答すらなかっただけに家族らの不安はぬぐえない。

菅直人前首相ら民主党議員側による拉致事件容疑者の長男が所属する政治団体側への巨額献金の発覚に続き、菅前首相は辞任直前に家族らが反対する朝鮮学校無償化の審理再開を指示するなど、家族らの民主党政権への不信は募る一方だ。

その中で、家族らは政策の継続性を訴え、中野寛成前担当相の留任を求めたが、その声も無視され、民主党政権の2年間で5人目の拉致問題担当相の就任となった。

野田首相は2日の会見で頻繁に担当相が替わることを問われ、「拉致問題を含め、その継続性で信頼を取り戻すことがこの内閣の最初の課題だ」と述べた。

しかし、山岡氏は2日の会見で野田首相からの拉致に関する指示が6項目中の5番目だったことを明かしており、拉致問題軽視の姿勢が浮かぶ。

消費者相などとの兼務に対する家族の懸念も大きい。田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(73)は、「これまで兼務になると、拉致問題がおろそかにされてきた。また一から出直さなきゃいけないと思うとつらい」と力なく語った。

横田めぐみさん=同(13)=の母、早紀江さん(75)はこう嘆く。「こんなことの繰り返し。いつまでこんな状態が続くのか、言葉にもなりません」←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

フランケン・オカダが財務大臣就任を固辞した背景が報じられている。
もう二度と同じ轍を踏まないのだという決意でもあろう。

引用開始→ 野田流組閣の舞台裏、岡田氏はなぜ固辞したのか
(2011年9月3日08時41分  読売新聞)

2日に発足した野田内閣は、閣僚人事でポスト調整に手間取るなど、多難なスタートとなった。「野田流」の組閣の舞台裏を検証した。

組閣作業が難航した最大の要因は、野田首相が、最も信頼を寄せる岡田克也民主党前幹事長の意向を読み違えたことだった。

「重要な役割をお願いするかもしれません」

8月29日。代表選で当選した直後、野田は岡田にこう告げた。内閣の要である官房長官への就任を求めるつもりだった。

岡田は「幹事長退任後は、しばらく休みたい」と公言していた。

しかし、野田は、岡田が大きな期待を自分に寄せていることを自覚していた。その自分が心から説得すれば最後は受けてもらえる、と踏んでいた。

野田はまず、岡田に近い安住淳前国会対策委員長を通じて意向を探った。1日午前には自ら電話で頼み込んだが、岡田は「僕ではまとまらない」と答えた。

野田は諦めなかった。岡田が日ごろ信頼する藤井裕久元財務相にも説得を求めた。しかし、藤井が1日午前に電話すると、岡田は午後の早い時間にはもう、「やはりお断りします」と電話を返してきた。

「あのムードでは無理だ」

藤井が報告すると、野田は「残念です」と肩を落とした。

なぜ、岡田はそこまでかたくなだったのか。

最大の理由は、首相と肩を並べるような「大官房長官」はうまくいかないと岡田が考えていたことだ。

過去には、菅首相に「実力長官」として迎えられた仙谷由人前官房副長官が結局、首相と反りが合わなくなり、わずか7か月で退任した。

野田以上に経験豊富な自分が官房長官に就けば、野田の求心力にとってマイナスになる――。

岡田は憂慮した。

岡田側は財務相ポストの打診はなかったとしている。だが、野田周辺は「1日夕にお願いしたが、了解を得られなかった」と話す。

岡田に近い議員の間には「増税を担当する財務相をやれば、また敵を増やす。来年秋の代表選を考えれば、絶対に受けてはダメだ」と、岡田の政治生命へのダメージを危惧する声があった。岡田が“体力温存”を優先させた、という見方も党内では消えない。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

トツベン・オザワの草履取りのアホスケが、早速、舌禍を引き起こしている。
軽いリップサービスのノリで、口にしたコトだろうが、この発言は解任に値する。
基本的な事柄が全く分かっていないってコトだ。
「防衛に素人」なら、国防の責任者を引き受ける事は適切性を大きく欠いている。
何よりも、外交国防の観点における、現在の周辺事態を全く理解していない。
ここまでアホ~の発言を就任時点で行う事は、防衛大臣としての資質を欠いている。
何よりも、ドジョウ・野田の国防観がこの程度である事を露呈している。
小澤と輿石の差し金による人事だという事を露骨に表している。

それゆえ、小・野田・澤内閣と称するワケである。

引用開始→ 一川防衛相「素人だから文民統制」
(asahi.com2011年9月3日2時38分)

一川保夫防衛相は2日、正式に就任する直前に一部の記者に対して「私は安全保障の素人だが、それが本当のシビリアンコントロール(文民統制)だ」と述べ、朝日新聞の取材にもそう発言したと認めた。これに対し自民党の石破茂政調会長(元防衛相)は「閣僚解任に値する。任命した野田佳彦首相の見識も問われる」と批判。国会などで追及する考えを示した。

文民統制は本来、国民から選ばれた政治家が軍隊を統制するという考え方。一川氏は朝日新聞に「私は軍事の専門家ではないし、銃器を扱ったこともない。国民目線で判断しながら、国民に防衛政策や安全保障を理解してもらったうえで政策を推進しなければいけない、という気持ちで言った」と説明した。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 暴力団関係者は、「どこにも宿泊させない」って事か | トップページ | ご祝儀相場の小・野田・澤内閣への支持率だが 野田の限界は間もなく表れるだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暴力団関係者は、「どこにも宿泊させない」って事か | トップページ | ご祝儀相場の小・野田・澤内閣への支持率だが 野田の限界は間もなく表れるだろう »