« 小・野田・澤 談合傀儡内閣が始まった パチ・パチ、ポチ・ポチ、バチ・バチ、バツ・バツ | トップページ | 台風12号の記録的豪雨災害 民主党の内閣は、危機対応の初動が遅すぎる »

2011/09/04

ご祝儀相場の小・野田・澤内閣への支持率だが 野田の限界は間もなく表れるだろう

ドジョウを料理するなら速攻が大切だ。
ヌルヌル魚は掴み所がないのでネ、とりあえず掴むと速攻だろうナ。

世間は、ご祝儀相場もあって共同通信の支持率調査は「62%」の大盤振る舞いだ。
一応の期待値を込めた「初値」がついたってワケだ。

手を拱き、ただただオタオタして見守るだけだった谷垣自民党は、政党支持率でアッサリ逆転されちまった。
まぁ、政党支持率に一喜一憂する必要はないワケだが、この間、手を拱きただただ事態の推移を指咥えて見守るだけで過ごした自民党は、この間のツケを後で払わされる事だろう。
単にヒトがイイだけじゃ、やってられないよねぇ~!
勝負所の勘が冴えてないとダメだよね!

市井の志民はともかく、愚者愚者珍民は目先を少し捻り変えられるだけで、アッサリ意見が変わったり諦めちゃうモノなぁ~。
イイ面の皮だよ、ホントに。

引用開始→ 野田内閣支持62% 共同通信世論調査
(2011/09/03 16:26【共同通信】)

共同通信が2、3両日に実施した全国緊急電話世論調査によると、野田内閣支持率は62・8%。政党支持率も民主党が27・2%で、自民党23・6%を上回った。野田政権への国民の期待が表れた。

小沢元代表に近い輿石参院議員会長の幹事長起用を「評価する」は45・1%、「評価しない」は41・2%。小沢氏の党員資格停止処分を「解除しない方がよい」は77・3%で、「解除した方がよい」の15・9%を大きく上回った。

震災復興費用を賄うための増税に「賛成」「どちらかといえば賛成」は58・7%、「反対」「どちらかといえば反対」は38・3%だった。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2010 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

ほんの少しばかり騒がれた、韓国居留民団員からの献金問題は時効だから、国会で追究してみたところで、どのみち消耗戦だから積極的な意味がない。
尤も、民主党が外国人参政権に拘る理由は明らかになったし、民主党の主要構成員は全員が全員と言っていいほど、在日外国人から献金を受けた事実が明らかになった。
もっと、もっと、入念に調査し事実を公表する事が望まれる。
それにより、民主党がなぜ在日外国人に異常なまでに肩入れするかも明らかになる。

しかしながら、退陣したとはいえ、バッカンが冒した北朝鮮関係の市民団体に対する政治献金(贈与)は厳しく罰せられる必要がある。

ここで一つ指摘しておきたい事がある。
「民団」と聞けば、「在日本韓国居留民団」であるがゆえに「韓国籍」の人物が集まる団体と考えるヒトが一般的なようだけど、一面では正しいといえるその判断は40%程度は間違っていると指摘したい。

もともと、「北朝鮮」の出身者で「朝鮮総聯」に囲い込まれ属していたものの、世間(日本)の空気を感じ取り、命がけで逃げるように「朝鮮総聯」を脱退し「民団」へ身を寄せた者も随分いるのだ。
しかし「紐帯」は断ち切れず、結局、二股に身を寄せる者もシッカリいる。
従って、「民団」関係者からの献金だから、「朝鮮総聯」の関係者からの献金より身綺麗だなんて言われたら困り果てる。
また、民団も基本的には在日社会の事情を事情を諒解しているフシもある。

「コラコラコラム」の知り合いが伝えるところでは、在日ながら日本の社会でビジネスを成功させた人物が、このところのグローバル化も手伝い、海外でのビジネスチャンスが増えたこともあり、あっさり「朝鮮総聯」を抜け、韓国籍に変え「民団」へ所属を移している。
パスポートが「大韓民国」になった事で、米国へ自由に行けると喜び、大いにビジネスを伸ばしているとの事だ。
もちろん、一族は北朝鮮の側にいるのだろうから、抜けたとはいえ「朝鮮総聯」への献金は十分に行っているハズだ。
この人物と二三度会った事がある。
その経験によると、「世間は『カネ』次第で、どうにでもなる」と嘯いていた強い印象がある。
従って、韓国系の「民団」の構成員から献金を受けていたと、ドジョウが説明するなら必ずしも「北朝鮮」と関係がないとまで言い切れないのである。

追究しても、「(とっさに思いついた事を)口で、口先で交わす」事だろう。
それが、松下政経塾(マネシタ整形塾)卒塾者に共通する無責任と軽さである。

引用開始→「ドジョウが出てきてこんにちは」では済まない野田政権の前途
(産経MSN2011.9.3 18:00)

結論から先に言えば、今回の民主党代表選挙は日本の政治にとって「前進」だったのではないか。野田佳彦氏が代表に選ばれたことで、「鳩・菅」時代に国民が漠然と抱いていた野田氏や前原誠司氏らニューリーダーに対する期待が、単なる幻想に過ぎないと証明される日が、ついに到来したと考えるからだ。

8月29日の代表選は、さながら「スピーチコンテスト」の様相を呈した。5候補者の中で最も演説が巧みとされた野田氏を例にみると、最初の演説は字数にして実に8割が自分の略歴を振り返った内容だ。

終盤で増税の必要性に若干触れてはいるが、詩人の相田みつを氏の言葉を紹介し、「ドジョウの政治をとことん、やりぬく」と締めくくった。ルックスや政治スタイルは地味で華に欠けると言いながら、演説に限って言えば、なかなかの「厚化粧」ぶりだ。

「誠実でぶれない」との人物評も、代表選を見る限り、そうとは言えない。野田氏といえば、前原氏や仙谷由人氏らと並ぶ「反小沢」の急先鋒の一人で、「財務省の組織内候補」と揶揄(やゆ)される増税論者だ。だが、代表選モードに突入した8月には増税論がすっかりトーンダウンした。小沢氏に関しても8月18日の千葉県内の講演で「(初当選した1993年、政権交代の推進力になってから)依然として政局の中心にいる希有な存在、政治力量のすごい方だ」とヨイショしてみせた。

これを「ブレ」と言わず何と言うのか。増税論に関しては代表選終盤で持論に戻したが、政権基盤に不可欠な「党内融和」のためか、「反小沢」はすっかり封印している。近年の自らの政治姿勢が未熟で、小沢氏に対する認識が不十分だったと言うのなら国民の前で総括すべきだ。それが誠実というものだろう。

そうでなければ、所詮は「票ほしさ」や「政権の座」を獲得するための変節としか人は受け止めない。野田氏以上に派手に「反小沢」を訴え続けた前原氏の場合、代表選で小沢氏と会談するなど、より臆面もなく振る舞った。

野党時代の民主党は「鳩・菅」でもダメ、それならと、岡田克也氏や前原氏を党代表に据えた歴史がある。だが、岡田氏は郵政選挙で歴史的大敗を喫し、前原氏は偽メール問題で党を解党の危機にさらした。彼らの政治家としての資質は再度、記憶に留めておく必要がありそうだ。

発足した野田内閣は党内には「挙党態勢」、対野党には「低姿勢」、霞が関には「協調路線」で臨む「融和内閣」だ。だが、党内融和と対野党融和を両立させる作業は不可能に近い。

民主党は「親小沢」と「反小沢」でくくられることが多いが、底流には積極財政と緊縮財政という主義主張の反目もある。

二大政党制が機能していた昭和のはじめ、政友会が「景気か不景気か」、民政党が「節約か浪費か」を訴え、互いに激しく攻撃したように、マニフェストをめぐる両者の意見の相違は、敵対政党並みの対立軸だと言っても過言ではないのだ。

党内の思想対立と1年余にわたる感情面のしこり。なおかつ自民、民主双方に積極財政論者と緊縮財政論者を抱える思想の「ねじれ」。もつれた糸を解きほぐすのは「解のない連立方程式」を解くのに等しい。

自民党の高村正彦元外相は1日の派閥会合で「野田首相は政権交代の原点回帰を言い、一方で野党との協調のため3党合意を順守すると言う。マニフェストを見直すのか見直さないのかという点で大きな矛盾を内包したままの船出となっている」と述べた。

党内融和で「政治を前に進める」という野田氏の認識に宿る構造的な矛盾を言い当てている。ドジョウの泥臭い政治を掲げ、代表選出後には「民主党が大好きです」と感極まる野田氏が突破するには、現状の壁はあまりに厚く、大きい。(森山昌秀)

◇…先週の永田町語録…◇

(29日)
▽美意識
枝野幸男官房長官 菅直人首相が辞めた後の首相を選ぶ民主党代表選について、官房長官という立場で事前も事後も話すべきでないというのが政治家としての美意識だ。(投票先を明かさない理由について記者会見で)

▽漢方薬
石破茂自民党政調会長 野田佳彦財務相が首相になれば、じわじわ漢方薬のように効いてきて「なかなか良いやつ」となり、攻めづらいかもしれない。(民主党代表選について民放番組で)

(30日)
▽5年、10年先
枝野幸男官房長官 自らの年齢と今の日本の置かれた歴史的な立ち位置から、5年、10年先の日本を考えて勉強や思考を重ねたい。(官房長官退任後の議員活動について記者会見で)

▽スポンジ
渡辺喜美みんなの党代表 野田佳彦新首相は吸収の良いスポンジだ。財務相の間に財務省から吸収した増税路線をこれから吐き出す。ツケは全部国民に行くので徹底して糾弾する。(野田新首相について記者団に)

(31日)

▽泥になる
平野博文民主党国対委員長 厳しいねじれ国会を乗り切りたい。野田佳彦代表がドジョウなら、私はドジョウが住みやすい泥になる。泥にまみれて頑張りたい。(今後の国会運営について党両院議員総会であいさつ)

▽ジグザグ
園田博之たちあがれ日本幹事長 菅直人首相がジグザグジグザグを続けて、本当に大事なことは何なのかが議論されずに終わってしまったのではないか。(記者会見で通常国会を振り返って)

(1日)
▽ドジョウ
古賀誠自民党元幹事長 野田佳彦首相は自らをドジョウと言うが、柳川鍋のドジョウは煮れば煮るほど骨さえ溶けてしまう。形のない人を攻めていくのは難しい。(野田首相に関し派閥総会で)

▽国民新も入れて
下地幹郎国民新党幹事長 民主、自民、公明と3党協議をよくやるが、本当は国民新党を入れて4党じゃないかと思う。私どもが足を引っ張るわけでもないから。配慮していただきたい。(輿石東民主党幹事長らに)←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 小・野田・澤 談合傀儡内閣が始まった パチ・パチ、ポチ・ポチ、バチ・バチ、バツ・バツ | トップページ | 台風12号の記録的豪雨災害 民主党の内閣は、危機対応の初動が遅すぎる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小・野田・澤 談合傀儡内閣が始まった パチ・パチ、ポチ・ポチ、バチ・バチ、バツ・バツ | トップページ | 台風12号の記録的豪雨災害 民主党の内閣は、危機対応の初動が遅すぎる »