« 劇団員が自分の公演チケット売るのは当たり前だろう! 何が問題なのか甘えちゃイケナイ | トップページ | 小澤一郎の手下ドモへ有罪判決 不正な脱法行為を裁いた東京地裁判決を支持する »

2011/09/26

大阪府警への質問 橋下大阪府知事は暴排条例の適用対象者ではないのですか?

こんな質問を受けると困るでしょうなぁ~!?
でも、本当にこの質問を真面目にしてみたいと思ってしまいます。
橋下徹って御仁は、政治的リーダーシップと勝手な思い込みによる我が儘との区別がつかない幼児みたいなヤロウです。
政治の世界を目指すのは、もともと自信過剰で変わったオカタが多いようですから、それらの中でもとりわけ尖ったオカタどもで、手に負えないクッソヤロウどもが、政治的乱暴狼藉者の腰巾着っていうか、傘の下で生きる事を頼よろうとするのは、ある意味で人間社会の常ともいえますがねぇ。

その観点に立てば、橋下徹の下に結集した「大阪維新の会」議員ドモは、暴力団組織を自らを守る傘として集まり言論の暴力を仕掛続け続けているようなモノだから、その本質において暴力団と大差ないと受け止めている。
大阪府・市政専横会とでも名乗る方が正しいにも関わらず、「維新の会」などとふざけた名称を使いやがる不届きなヤロウドモだ。
見ようによれば、これほどの社会悪はないといえる。
橋下徹は差し詰め初代組長ってとこだろうが。

橋下徹は、島田紳助しゃんって半端なヤロウに、一宿一飯の恩義があるって事を自ら公言している。

周辺人物って事になりはしないか?

北朝鮮は、金日成・金正日親子という暴力団に乗っ取られ、勝手放題・好き放題でいいようにされているワケだが、
大阪府政も、橋下徹というチンピラ一人に乗っ取られ、配下を組織されて以来、勝手放題・好き放題・やりたい放題に、専横され続けている。
ヒョッとすれば、大阪府の実態は北朝鮮と同じ構図かも知れないナ。

つい先頃まで、「大阪民国」を論じたブログがあった。
なかなか鋭い突っ込みやら鋭角的な批評をオモシロおかしく展開していたが、主宰者が東京は足立区へ亡命政権を樹立したって宣言してから、「大阪民国」は残滓になっちゃった。

橋下徹と腰巾着のマスゴミ・ウソメディア・瓦版屋にIQの低い大阪維新の会に肩を寄せ合う府・市議会議員ドモは、「大阪維新民国」みたいな専横政治を創り上げ北朝鮮と競い合う考えなのかと、思わず疑っちまうよネ。

日刊ゲンダイは、誇大メディアの代表チャンプで決して好きではないが。
羞悪で臭悪な誇大メディアにしては珍しく、橋下徹を扱き下ろした記事を流していたので、少しばかり称えながら、WEB上からキャッチしたものを引用紹介しておこう。

最初は、クレーバーな御仁だと評判もあった。
(多分、そのように評価したヒトの目は曇っていたのだろう)
やがて、クレーバーはクレージーに急変した。
(これが当たり前だったと受け止め考えるが)

引用開始→ 紳助との“深イイ”仲がアダに 大阪ダブル選 橋下落選危機
(日刊ゲンダイ2011年9月21日掲載)
(2011年9月24日(土)10時0分配信 日刊ゲンダイ)

11月に府知事選と大阪市長選のダブル選挙を仕掛ける考えの橋下徹知事(42)に逆風が吹き始めている。7~8月の各紙世論調査で、約半分の市民が「(ダブル選は)強引すぎる」などと反対の回答をしたのだ。

「橋下知事肝いりの府立高校の全校長公募などを盛り込んだ『教育基本条例案』も、今月16日に身内の陰山英男委員がダメ出しし、大きく報道されました。また島田紳助と暴力団との交際が次々明るみになっているのもマイナスです。紳助が大阪で競売物件を買い漁っていた時、橋下は法律的な助言をしているし、紳助の飲食店を利用していることも明らかになっている。2人は番組共演以上のズブズブの関係です。紳助の悪い評判が出れば出るほど、橋下の人気も下がっているのです」(地元紙記者)

泣きっ面にハチの橋下だが、思惑通りに大阪市長選出馬となれば、対決するのが現職の平松邦夫市長(62)だ。最近、「人柄が良い」と人気が上がっており、支持を受けている民主党だけでなく、早くから自公両党の幹部に接触。「反独裁の戦いを一緒にして欲しい」と頭を下げている。目指す政策に開きはあるものの、「大阪市まで橋下に好き勝手やられてはたまらない」と、民自公3党は“反橋下”でまとまりつつある。

「人気が落ちている橋下知事は、この動きにかなり焦ったようです。14日の記者会見では一転、『価値観が合うグループと一緒にやれるところはやりたい。職員と教育の基本条例案は自民党の価値(観)そのもの。福祉の充実も公明党が言っていることと同じ』と、いきなり自公両党にラブコールを送ったのです。なんとしても“反橋下”の動きを崩したいのでしょう」(府関係者)

橋下の楽勝と思われた大阪市長選が、紳助のタタリで一転接戦に。目が離せなくなってきた。←引用終わり
Copyright (C) 2011 日刊ゲンダイ
Copyright(c) NIFTY 2011 All Rights Reserved.

島田紳助しゃんをシッカリ庇うところが同類っていうか、一宿一飯の義理を感じての事ってワケか。
実際には、一宿一飯ではなく、かなりディープなんだよねぇこれが。
笑って済まされないと思うんだけどねぇ。

という事で、
大阪府警への質問 「橋下大阪府知事は暴排条例の適用対象者ではないのですか?」
って事になるワケだ。
大阪府警には、「コラコラコラム」の質問提議に、賛成するヒトは多いと思うけどねぇ。

それでも大阪府知事は、大阪府警を統括する最高権力者だから、「暴排条例」違反の疑いで現役中に引っ括るちゅうのはむりかねぇ~?
なら一日も早く、府知事を辞めさせ、引っ括る事を考えましょうかぁ。

引用開始→ 橋下知事「番組なければ府知事になれなかった」 でもやむを得ないとの認識
(産経MSN2011.8.24 18:03)

大阪府の橋下徹知事は24日の記者会見で、島田紳助さんの引退表明について「娯楽バラエティー界の宝であるのは間違いなく、残念。お気持ちも分かりすぎるくらい分かったのでつらかった」とコメントした。

知事は「番組で世間に知ってもらえた。紳助さんの番組がなければ、府知事になれるわけがなかった」と謝意を口にする一方、「府でも暴力団排除を掲げている。旗振り役の僕があれくらいいいじゃないかとは言えない」と述べ、引退はやむを得ないとの認識を示した。

引退会見後の24日未明、知事から紳助さんへ「お疲れさまでした」とメールを送信し「ありがとう」と返信があったことも明らかにした。←引用終わり
© 2011 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 劇団員が自分の公演チケット売るのは当たり前だろう! 何が問題なのか甘えちゃイケナイ | トップページ | 小澤一郎の手下ドモへ有罪判決 不正な脱法行為を裁いた東京地裁判決を支持する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 劇団員が自分の公演チケット売るのは当たり前だろう! 何が問題なのか甘えちゃイケナイ | トップページ | 小澤一郎の手下ドモへ有罪判決 不正な脱法行為を裁いた東京地裁判決を支持する »