« 国会議員に自覚がない、政府官僚にも自覚がない、これを国難というのでしょうね | トップページ | ギリシャも、イタリアも、財政危機は不安の連鎖を深めるばかり »

2011/11/07

倉田薫大阪府知事候補の公約 まちも、人も、行政も、潰す事はヤメにしよう!

おそらく、窮余の一策、背水の陣で臨む、倉田薫大阪府知事候補は、タイトルに掲げた気持ちなのだろう。

橋下徹の無責任、後継の松井一郎候補と維新の会が打ち出した、公約って言うか、それは行政府が手がけるものではない。
全く、話にならない、検討にも値しない、お粗末な代物だ。

維新の会と松井一郎が示した公約の目玉は、
① 大阪にカジノを開設し、年間650万人の外国人観光客を呼び込む。
② なにわ筋新線を早期に着工し大阪を活性化する。
あとは、公務員制度改革と教育制度改革である。

①と②で、新たな利権を開発し独占的に獲得する、というワケだ。
橋下徹の親衛隊を自ら呆言して止まない「桂ざこば」は、カジノ、カジノと、どこででも誰にでも、ところ構わず相手構わず言い募っている。
韓国でも、マカオでも、シンガポールでも、カジノは翳りを見せている。
A呆の話は、つねに虚実ないまぜだから、聞く方がA呆だったら現実と架空の区別もつかずで始末に負えない。
大阪でA呆が大量生産され続けるのは、A呆を産み出す土壌もあると考えるが、現実と架空の区別もつかない「桂ざこば」のような存在が、余計にA呆の核分裂を刺激し拡大再生産の片棒を担いでいるのではないか。

この辺りで、シッカリした行政能力を持つ人が知事や市長に就かないと、回復不可能な事になり取り返しがつかないのではないか。
それらの点からも、倉田薫府知事候補に期待する。
その意味で、「コラコラコラム」は、選挙戦が始まるまで可能な限りスレッドを立て応援する。

引用開始→ 倉田氏「維新の時代から卒業を」…公約概要発表
(2011年11月6日11時38分  読売新聞)

10日告示、27日投開票の大阪府知事選に立候補する同府池田市長の倉田薫氏(63)が5日、府内の全43市町村と府政の諸課題を協議する「ALLおおさか会議(仮称)」の新設など公約の概要を発表した。

倉田氏は記者会見で、橋下徹・前大阪府知事が率いる大阪維新の会を念頭に、「大阪を変えるには、上から目線を脱却し、混乱した維新の時代から卒業することが必要」とし、橋下氏の府政運営について「スクラップ・アンド・スクラップで、大阪から元気が失われてしまった」と批判。公約で、橋下氏が補助金カットを断行した文化団体の活動支援や、大阪の文化資源を活用した観光ルートの構築などを打ち出した。

さらに、NPOなどの活用で住民サービスは維持しつつ職員削減で人件費を3割カットした池田市での実績を挙げ、「10万人の池田市でも、880万人の大阪府でも理屈は一緒。行財政改革を進める」と自信をみせた。また、大阪を「東京と並ぶツインエンジン」にするため、都市基盤整備に努める考えも明らかにした。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun.

|

« 国会議員に自覚がない、政府官僚にも自覚がない、これを国難というのでしょうね | トップページ | ギリシャも、イタリアも、財政危機は不安の連鎖を深めるばかり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国会議員に自覚がない、政府官僚にも自覚がない、これを国難というのでしょうね | トップページ | ギリシャも、イタリアも、財政危機は不安の連鎖を深めるばかり »