« 鳩山由紀夫 日本を貶め続ける どうしてここまで恥さらしなんだ!? | トップページ | 偵察衛星打ち上げ成功を祝す! これでまた一つ高性能の眼を得たワ! »

2011/12/12

米軍、パキスタンから全面撤退! 対テロ戦争も手詰まりで、中国が嘲笑うだけだ

日本の政治にとり直接的な影響はないと考えるヒトが多いものと思うが、実際には見逃せない事態と言わなければならない。
日本は、米国の求めに対パキスタンODAを増額(確か750億円)する方法で応えたのである。
それら有償無償の多くがどのように費消されたか定かではない。

鳩山由紀夫が内閣を組織した時期も、外務大臣であった岡田克也は特別機を仕立てパキスタンへ乗り込み、ODAの増額を始め様々な支援を約束し、民生部門で米国を応援したのだ。
それが、在パキスタン米軍の無軌道な作戦の繰り返しにより、パキスタン辺境のパシュトン族とアフガニスタン側のパシュトン族から相曽を尽かされたワケだ。

結局、追い立てられ基地の撤退へ追い込まれたようだ。
で、パキスタンからの全面撤退となったワケだが、この10年にわたり繰り広げられた結果がこれでは引き合わないではないか。

中国は、パキスタンから米軍を追いだすために様々な工作を展開していた。
中国にとりパキスタンに米軍が存在する事実は、自らが西インド洋への出口(カラチ港の自由使用)を塞がれる事と同じで、新彊ウイグル族自治区を根刮ぎ収奪しようとする魂胆を達成する上からも見逃せない戦略上の要諦でもある。

ミャンマーで達成したのと同様の手法でパキスタンを縦断する石油パイプラインを建設する事だろう。
ミャンマー国内を縦断する石油パイプラインは、雲南省昆明を拠点にチベット開発(根刮ぎ収奪)のエネルギーとして戦略上の意義がある。
同様に、パキスタンを縦断する石油パイプラインは新彊ウイグル族自治区での根刮ぎ収奪のエネルギーとして重要な戦略上の意義を持っている。

そして何よりも、対インド政策の上からインド亞大陸の西側(パキスタン)と東側(ミャンマー)を制圧し従えることでインドを挟撃するワケである。

先頃の国賓訪日で関心を高めたブータン王国やネパールを含め一呑みしてしまう戦略を展開しようと、中国は虎視眈々と工作活動を続けている。

一方、パキスタンではイスラム神学校を拠点にイスラム原理主義が勢力を増している。
パキスタンの政財界は、英国と米国の御用聞きが実権を握り、やりたい放題を繰り広げている。
これに対する怒りは激しいモノがある。

なおかつ、パキスタンは「核兵器保有国」である。
誰が「核兵器」のボタンを保持しているのか、全く不明な国である。
常に、米国は国際社会へ向け「戦争の危機」を自ら描き創り出している。

もうイイ加減にしろ、米国の戦争屋ドモ!

引用開始→ 米 パキスタン空軍基地から撤退
(NHKNEWS Online 12月11日 20時2分)

アフガニスタンに駐留する国際部隊による攻撃でパキスタンの兵士24人が死亡した事件を受けて、アメリカはパキスタン政府の要求に応じて、対テロ作戦の前線基地として使用してきたパキスタン南西部の空軍基地から撤退しました。

この事件は、先月26日、パキスタン北西部でアフガニスタンに駐留する国際部隊のヘリコプターが国境を越えて攻撃し、パキスタンの兵士24人が死亡したものです。パキスタン政府は報復措置として国際部隊向けの物資の輸送を停止したほか、南西部バロチスタン州のシャムシ空軍基地にいるアメリカ政府関係者に、11日までに退去するよう求めていました。パキスタンの治安当局によりますと、シャムシ空軍基地では、11日、アメリカの国旗が降ろされたあと、アメリカ軍の輸送機が駐在していた人員や機材を載せて離陸し、基地の管理権がパキスタン側に返還されたということです。

この基地は10年前にアメリカで起きた同時多発テロ事件のあと、パキスタン政府がテロとの戦いを進めるアメリカとの協力の一環として提供したもので、アメリカは無人機の出撃基地などとして使用していました。アメリカは前線基地を失い、対テロ作戦にも影響が及ぶものとみられています。←引用終わり
Copyright NHK (Japan Broadcasting Corporation) All rights reserved.

引用開始→ パキスタンから米軍撤退 10年来の対テロ協力後退
(2011/12/11 21:47【共同通信】)

米国旗を燃やす男性=11月27日、ラホール(ロイター=共同)
【イスラマバード共同】米軍は11日、パキスタン南西部バルチスタン州のシャムシ飛行場からの撤退を完了した。アフガニスタンに展開する米軍中心の国際部隊が先月26日、パキスタン北西部の検問所を誤爆し24人が死亡した事件を受け、同国政府が要求していた。

米軍はパキスタン国内の拠点を全て失ったことになり、2001年に起きた米中枢同時テロ後の両国の対テロ協力は大きく後退、米軍は戦略の変更を迫られる。

シャムシ飛行場は、同国北西部などを拠点に活動するイスラム武装勢力を爆撃する米無人機の発着に使われているとされる。飛行場はパキスタン政府の管理下に置かれた。←引用終わり
Copyright (C) 2006-2010 Press Net Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

|

« 鳩山由紀夫 日本を貶め続ける どうしてここまで恥さらしなんだ!? | トップページ | 偵察衛星打ち上げ成功を祝す! これでまた一つ高性能の眼を得たワ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鳩山由紀夫 日本を貶め続ける どうしてここまで恥さらしなんだ!? | トップページ | 偵察衛星打ち上げ成功を祝す! これでまた一つ高性能の眼を得たワ! »