« JR紀勢線全線復旧! 地味な事だが大切な事 | トップページ | バカバカしいサラリーマンの成れの果て社長が「オリンパスの損失隠し」 »

2011/12/06

ド派手に多重衝突し大破させたラテンのエネルギー「フェラーリ」に「ランボルギーニ」

ハタ迷惑なヤツラだよ!
イイ歳した大人が、よくヤルよなぁ~!

多少なりとも「恥」って言葉を理解してればネェ~!?

高慢ちきだったのかな?
それとも単なるA呆で自慢シだったのかな?

まぁ、どいつもこいつも、人生としてはそれなりに一廉の成功はしたかも知れないけれど、人間的には全くの未熟者って事だろうなぁ~!

事故車一台当たりの車体総額は2億円だとか?
そうか、まず「廃車」だろうから、次を買えばイイじゃん!?

どっちみち、バカほど保険かけているだろうから、2億円って言っても1億円ほどは保険で出るだろうヨ。
それより、中国自動車道の復旧費用を保険で賄われちゃぁ困るよねぇ!
ナンたって、6時間近い通行止めも含めりゃぁ、チョッとした金額だろうしなぁ~!
それを自動車保険の事故支出されちゃぁ、またぞろ保険金が高止まりになるかもねぇ!?
こんなヤツラからは、復旧費に重加算してやりゃぁイイんだよ!
オオガネモチなんだろうから、しっかり、テメーのカネで復旧費を出して貰いたいネ。
でも、こんなヤツラに限って、意外にケチなんだろうねぇ~!

引用開始→ フェラーリ8台、ランボルギーニなど衝突…中国道
(2011年12月5日  読売新聞)

4日午前10時15分頃、山口県下関市の中国自動車道上り線・小月インターチェンジ付近で、外国製の高級スポーツカーなど14台が絡む事故があった。

10人が病院に運ばれたが、いずれも打撲などの軽傷という。

山口県警高速隊などによると、14台のうち8台がフェラーリ、1台はランボルギーニ、3台はベンツ。残る2台はトヨタ車だった。このうちベンツ1台は、対向車線を走行中で、飛んできた壊れた部品などが当たったという。

県警は追い越し車線を走行していた福岡県の男性(60)が運転するフェラーリがスリップして中央分離帯のガードレールに衝突し、この車を避けようとした後続車同士が次々に衝突したとみている。現場は緩やかな上り坂の左カーブで、当時、雨で路面がぬれていた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

引用開始→ 先頭のフェラーリ「速度出してハンドル誤った」
(2011年12月5日21時54分  読売新聞)

山口県下関市の中国自動車道で4日に発生した高級スポーツカーなど14台が絡んだ事故で、発端となる事故を起こした福岡県筑紫野市の自営業男性(60)が山口県警に対し「スピードを出していてハンドル操作を誤った」と説明していることが5日わかった。

県警は道交法違反(安全運転義務違反、速度超過)の疑いもあるとみて、男性から任意で事情を聞いている。

県警によると、追い越し車線を走っていた男性のフェラーリが車線変更する際にスリップしてガードレールに衝突。同車を避けようとした後続車が次々に事故を起こした。10人が打撲などの軽傷を負った。

関係者は携帯電話やファクスで連絡を取り合うなどしていたスポーツカーの愛好家仲間で、この日は少なくとも20台で福岡から広島までドライブする予定だった。メンバーとは面識がなく、インターネットで情報を知った参加者もいた。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« JR紀勢線全線復旧! 地味な事だが大切な事 | トップページ | バカバカしいサラリーマンの成れの果て社長が「オリンパスの損失隠し」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR紀勢線全線復旧! 地味な事だが大切な事 | トップページ | バカバカしいサラリーマンの成れの果て社長が「オリンパスの損失隠し」 »