« 米軍、パキスタンから全面撤退! 対テロ戦争も手詰まりで、中国が嘲笑うだけだ | トップページ | 無法中国漁船に天誅を加えるため、中国と韓国で戦争でもしたら、どうですか!? »

2011/12/13

偵察衛星打ち上げ成功を祝す! これでまた一つ高性能の眼を得たワ!

北朝鮮に中国と韓国またロシア、こいつ等の監視に必要な偵察衛星の打ち上げ軌道乗せに成功したという。
今度はレーダー波の照射と反応で監視する衛星だとか。

まぁ、日本の高度技術に期待しよう!
無法者国家に、ならず者国家が、隣で虎視眈々としているワケだから。
もっともっと日本人は喜んでイイはずなんだけど、あまり喜びを感じないですな。
ちょっとショックだねぇ。

さて、中国は今後どのような手を打つことか?
北朝鮮は上から覗かれ丸裸なワケだけど、小児病国家は「どのような反応」を見せるだろうか、実に興味深いねぇ。

北朝鮮への圧力が一段とアップしたワケだからネ。

引用開始→ H2A打ち上げ、衛星を分離 成功率95%に
(asahi.com 2011年12月12日10時46分)

政府の情報収集衛星を載せたH2Aロケット20号機が12日午前10時21分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約20分後、衛星は分離され、所定の軌道に投入された。H2Aの打ち上げ成功は14回連続で、20回中19回目。成功率は信頼性の高さの目安とされる95%に達した。軌道投入された情報収集衛星は7機目(実験機をのぞく)。

H2Aは純国産のH2を改良した日本の主力ロケットで、初号機の打ち上げは2001年8月。03年11月の6号機で打ち上げに失敗した後は成功を重ね、増強型のH2Bも2回成功している。信頼性は米国のアトラス5(96.4%、文部科学省調べ)や欧州のアリアン5(94.9%、同)など海外の有力ロケットと比べても遜色ない水準だ。打ち上げ業務は07年に民営化され、三菱重工業が国際市場で衛星打ち上げ受注を目指している。

情報収集衛星は1998年の北朝鮮のミサイル発射を受けて導入が決まった事実上の偵察衛星で、03年から打ち上げている。今回は夜間や曇天でも電波で地上を調べられる「レーダー」衛星の3号機。詳しい性能は公表されていないが、商業衛星と同程度の能力で、地上の約1メートル以上の物を見分けられるとされる。開発・製造と打ち上げの費用は計約500億円。←引用終わり
(朝日新聞社asahi.com)

|

« 米軍、パキスタンから全面撤退! 対テロ戦争も手詰まりで、中国が嘲笑うだけだ | トップページ | 無法中国漁船に天誅を加えるため、中国と韓国で戦争でもしたら、どうですか!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米軍、パキスタンから全面撤退! 対テロ戦争も手詰まりで、中国が嘲笑うだけだ | トップページ | 無法中国漁船に天誅を加えるため、中国と韓国で戦争でもしたら、どうですか!? »