« 京都・亀岡の無免許暴走事故 第3弾!なんと京都府警亀岡署も大暴走! | トップページ | 中国で薄煕来の失脚が見せた事 »

2012/04/27

小澤一郎 無罪判決で、政治ショーが終わり、新たな政治ゲームの始まりか

まぁ、お騒がせな政治ヤロウに違いない。
とにかく、胡散臭い政治屋には違いない。
いやいや、政治乞食かも知れませんゼェ~!
もう、政治屋としてもゴキブリとしても終わってるじゃない!

でも、祝賀会(?)には、100人押しかけたってぇからスゴイねぇ~!

巷で政治乞食っていうかゴキブリ政治屋の小澤一郎閣下を痛烈に皮肉ってきた、市井の志民を代表する「コラコラコラム」としては、政治ショーが終わって新たな政治ゲームが始まるワケで、これでますます日本の混迷が強まるだろうって事だねぇ~!?

まぁ、どうするんだろうねぇ~!
どじょうの内閣もねぇ~!
文字どおり「泥まみれ」って事かナ?
いやいや「泥仕合」って事かも知れねぇ~ナ。

無罪判決は予想された事とはいえ、小澤一郎が無罪だなんて笑わせちゃぁイケマセンぜ!
納得できないヤ。

いつになく不機嫌な気分だよね。25日~26日にかけての「夢見」が悪かったよなぁ~!
何せ「豚に、ヘソ舐められる夢を見ちゃったからな」って言うのが、落語の振りなんだけどなぁ~、ホントにこれからの夢見が悪くなるだろうなぁ~!

一つひとつの事実は認めてるんだけど、政治資金の虚偽記載について、認識していたって認定しながら、でも共謀共同正犯の点は認めながら、具体的な事情は小澤一郎が違法であると認識していなかったから無罪だ。
刑事事件としては無罪だけれど、政治家としての責任は逃れられない、って東京地裁は言っているワケだけど、こんな煮え切らないバカな判決は受け容れられない。
こんなバカな判決があるか!?

指定弁護士は、一日も早く東京高裁へ上告しろ!

日本の不幸が改めて始まるって事だわ。

その点、「中華饅頭低国」は凄いネ、薄なんて一発で引っ捕らえられてオシマイだものねぇ~!
「ジ・エンド」だよねぇ~!

巷では、小澤一郎閣下が政権の長に就けば、「中華饅頭低国」と同じ構図になる事だけは請負だってサ!

引用開始→ 小沢元代表無罪:民主に亀裂 野党が攻勢
(毎日新聞2012年04月26日14時13分)

自民、公明両党など野党は26日午前、民主党の小沢一郎元代表に無罪判決が出たことで、消費増税法案に反対する元代表の復権に警戒を強める。なお元代表の「政治とカネ」を問題にして、野田佳彦首相に元代表を排除する「小沢切り」を迫り、民主党の内紛を誘う構えだ。ただ、自民党幹部からは、「元代表が息を吹き返し、首相の求心力は低下する。消費増税法案をてこにした『話し合い解散』の見通しは暗くなった」として、消費増税法案への協力は難しくなったとの声も出ている。

自民党の石原伸晃幹事長は26日午前、元代表の無罪判決について、党本部で記者団に「元代表の政治的、道義的責任は免れないのでしっかりと国会で説明責任を果たすことを求めたい」と述べ、国会での証人喚問などを求める方針を示した。その上で、消費増税法案の成立と引き換えに衆院解散を確約する「話し合い解散」について「首相が(元代表ら消費増税に)反対する方と決別しなければ協力して法案を通すというのは聞いたことがない」と述べ、「小沢切り」を求めた。←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

引用開始→ 小沢元代表無罪:高かった政治資金規正法の壁
(毎日新聞2012年04月26日13時35分)

26日の東京地裁判決は「秘書任せ」とした元代表の説明を疑問視し元秘書らからの「報告・了承」も認め「灰色判決」の印象が強い。それでも無罪としたのは、指定弁護士が示した複数の状況証拠や元代表の関与を認めた元秘書の一部の供述調書を「共謀を認めるには不十分」と評価した結果と言える。背景にはそもそも検察が2度不起訴にするほど証拠が「薄い」ことに加え、政治団体代表者を刑事責任追及から守る構造になっている政治資金規正法の「壁」の高さもあるだろう。

規正法は政治団体代表者について、会計責任者の選任・監督の注意義務違反を罰するなどにとどまり、公選法のような連座制の規定もない。代表者が有罪とされるのは会計責任者に虚偽記載を指示して共犯を認められた場合などに限られる。

元代表の関与を直接的に示した元秘書たちの供述調書の大半は、地裁が「取り調べの違法性」を理由に証拠から排除。指定弁護士は「(虚偽記載の隠蔽=いんぺい=工作と主張する)4億円融資の際に元代表が署名・押印した」といった状況証拠を中心に据え、裁判官に共謀の「推認」を求める戦術をとらざるを得なかった。

公判では、元秘書を取り調べた検事が実際にはなかったやりとりを捜査報告書に記載した問題も発覚。判決は「検察審査会を誘導して誤った議決をさせた」との弁護側主張は採用しなかったが、検察審査会制度に深刻な課題を残した。検察は捜査手法の検証が求められよう。【和田武士】←引用終わり
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

|

« 京都・亀岡の無免許暴走事故 第3弾!なんと京都府警亀岡署も大暴走! | トップページ | 中国で薄煕来の失脚が見せた事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京都・亀岡の無免許暴走事故 第3弾!なんと京都府警亀岡署も大暴走! | トップページ | 中国で薄煕来の失脚が見せた事 »