« 党代表の郵政キングのクビを斬る! ドロドロ! これぞ正しく「酷眠珍党」そのものだ! | トップページ | ルーピー・ハトヤマ そのアホォ~さを国際社会でコミカルに振り撒き日本の地位低下を推進! »

2012/04/10

瀕死のソニー 出井伸之(元会長・アドバイザリーボード議長)+ストリンガー(前会長)は責任をとらなくても許されるのか?

どうなんだろうね!?
本当は、経営責任をハッキリとるべきじゃないのかな?

ソニーは「薄型パネル」がダメで長期低迷しているワケじゃないんだから、元は、どこかで背伸びしながら、でも十分な「研究力」「開発力」「競争力」を削いでしまった経営者は、一体全体どこの誰なんですかねぇ?

やがて、
「昔ねぇ、日本には『SONY』という一世を風靡した会社があってねぇ、次々に興味深い製品を創り出してねぇ、世界中で売って、大した人気だったんだよ」ってなっちゃうのかなぁ。
強烈なソニーのファンとしては立ち直って貰いたいですネ。

まず何より、①経営体力を確保する事で、次に、②製品開発力を維持すべきだ。これは、短期の製品と、中長期の製品を考えなきゃならないけれど、ホントに情けないじゃないか。
「品川・高輪」村の元住民としちゃぁ、SONYよガンバレ、ガンバレSONYだよ!

SONYは、日本の誇りなんだから!

引用開始→ ソニーの最終赤字、過去最大の5200億円
12年3月期、3000億円下方修正
(日本経済新聞2012/4/10 16:55)

ソニーは10日、2012年3月期の連結最終損益(米国会計基準)が5200億円の赤字(前の期は2595億円の赤字)になったようだと発表した。従来予想の2200億円の赤字から3000億円下方修正した。主に米国で繰り延べ税金資産に対する評価を見直し、追加の税金費用約3000億円を計上したことが響く。最終損益の赤字は4期連続で、赤字額は過去最大になる見通し。

米国ではエレクトロニクスやゲーム部門が重荷になっており、累積損失が発生している。足元でも目立った回復の兆しが見られないため、将来は回収できると見込んで計上した繰り延べ税金資産を評価し直す必要に迫られた。今回の下方修正は引当金計上が主因のため、売上高や営業損益、税引き前損益の予想は据え置いた。

併せて13年3月期の営業損益は1800億円の黒字(前期推定は950億円の赤字)に転換しそうだと公表した。エレクトロニクス事業を中心にコスト構造の見直しを進めることが寄与する。前提として円相場が1ドル=80円前後、1ユーロ=105円前後を想定し、前第4四半期の連結業績で前提にしている為替レートから円安方向に振れることも黒字転換につながるもよう。13年3月期見通しの詳細は5月10日に12年3月期決算に併せて発表する予定だ。

ソニーは10日午後5時30分から、都内の本社で説明会を開く。加藤優最高財務責任者(CFO)が出席する。〔日経QUICKニュース〕←引用終わり
Copyright © 2012 Nikkei Inc. All rights reserved.

引用開始→ ソニー、年内に数千人規模を削減へ 事業再編分と合わせ1万人
(産経MSN2012.4.9 16:00)

ソニーは9日、経営再建策の一環として、年内にも数千人の従業員を削減する方針を固めた。これまでに化学事業の売却や中小型液晶事業の分離などで5000人の人員減が決まっていたが、新たに国内外で人員削減を行う結果、削減総数は計1万人規模となる見通しだ。

ソニーはテレビ事業などの不振で2012年3月期の最終損益が2200億円の赤字となる見通しで、4期連続の最終赤字となることが確実となっており、大幅なコスト削減が急務となっていた。

12日に開く経営方針説明会で平井一夫社長が、テレビ事業の収益改善策などとともに発表する見通し。←引用終わり
© 2012 The Sankei Shimbun & Sankei Digital

|

« 党代表の郵政キングのクビを斬る! ドロドロ! これぞ正しく「酷眠珍党」そのものだ! | トップページ | ルーピー・ハトヤマ そのアホォ~さを国際社会でコミカルに振り撒き日本の地位低下を推進! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 党代表の郵政キングのクビを斬る! ドロドロ! これぞ正しく「酷眠珍党」そのものだ! | トップページ | ルーピー・ハトヤマ そのアホォ~さを国際社会でコミカルに振り撒き日本の地位低下を推進! »