« 中国大使館の李春光一等書記官(工作員)は、個人事業も活発だったようで | トップページ | 地下鉄サリン事件 オウムの菊地直子指名手配犯を逮捕したと、第一報! »

2012/06/04

またもや、全日空のボンバルディア機がエンジントラブル事故か?

伊丹空港の使用制限もあるからって、全日空もボンバルディア機材を使うのは分かるけれど、もう、いい加減にした方がよいんじゃないか?

そのうち取り返しのつかない大事故を起こしそうでヒヤヒヤしている。
世界で最もというか、全く信用できない機材じゃないか。
一年のうち、何度、トラブルを起こしているんだ?

オカシイだろうが!
こんな機材を平気で使い続ける全日空も信用できないって事になる。

引用開始→ ボンバル機が緊急着陸、「ボーン」と音…松山
(2012年6月3日20時13分  読売新聞)

3日午後1時30分頃、熊本発伊丹行きの全日空1626便(ボンバルディアDHC8―Q400型、乗客乗員68人)が離陸直後、機体左側から「ボーン」と音がして、機体が揺れた。

水平飛行に移った後にコックピットと客室後方で白いもやのようなものが発生。油が蒸発するようなにおいもした。同機は約45分後に松山空港に緊急着陸した。けが人はなく、乗客64人は松山発伊丹行きの全日空機に乗り換えた。同社が原因を調べている。←引用終わり
Copyright © The Yomiuri Shimbun. 

|

« 中国大使館の李春光一等書記官(工作員)は、個人事業も活発だったようで | トップページ | 地下鉄サリン事件 オウムの菊地直子指名手配犯を逮捕したと、第一報! »

コメント

離陸時はフル回転でエンジンの(機体を含む)各処に付加が懸ります。何れかの個所に故障が発生したものと
判断しなければなりません。:機器を扱う者の常識です。直ちに引き返す方法を講じるべきが常道であり、そのまま飛行を継続するなど、この道に携わる者に許されないことです。

  昔の飛行機整備者(84歳)

投稿: 宮澤 稔 | 2012/07/29 17:05

6月3日のポンパルディア熊本発大阪行きに乗り合わせました。離陸直後の異臭と音、その後の水平飛行中の油煙のようなものが出て、私を含む乗客は恐怖に襲われました。

離陸直後に異常が発生したのですから、即座に引き返すべきなのに、機長が問題ないと判断しています。
この機体は、過去にもトラブルが多発して、乗る前から嫌な感じでしたが、まさか現実になるとは思いませんでした。ANAにこの件をメールしましたが、6/11時点では梨の礫です。ANAの危機管理と経営体質には問題があります。

投稿: 工藤 毅 | 2012/06/11 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国大使館の李春光一等書記官(工作員)は、個人事業も活発だったようで | トップページ | 地下鉄サリン事件 オウムの菊地直子指名手配犯を逮捕したと、第一報! »