« 原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ! | トップページ | 平成24年(2012年) 灘のけんか祭り 本宮の一日は豪壮華麗で長かった! »

2012/10/15

平成24年(2012年) 灘のけんか祭り速報! 宵宮の報道より

今年は、昨年とは一転し、雨にも遭わず、猛烈な晴天というワケでもなく、曇りから高曇りで爽やかな秋風も心地よい抜群の「祭り日和」でした。

松原八幡宮の境内では、妻鹿、宇佐崎、中村の屋台が三台練り合わせを競い合ったあと、恒例の東山、木場、八家の屋台の三台練り合わせが続きました。

今年は、東山が神輿練り番に当たる事もあり、宵宮だけの屋台練りですので、気合いが入っていましたが、昨年の本宮で最終章に当たる御旅山練り場で10分近い八家との練り競いで練り勝ちました。
そこで八家の屋台は今年の境内練りで、雪辱を晴らさんばかりに、東山屋台との練り競いを果敢に挑み、見事に錬り勝ち「さすがに”八家”の練り上手」と拍手喝采でした。

宮戻し後の、宮前広場での各村自慢の7台練り競いが展開されました。
井戸敏三兵庫県知事も、観覧に駆けつけられ、大いに熱が入った次第です。

少々、疲れていますので、詳細は本宮終了後に写真を含め掲出する事にします。
(引用紹介記事と写真は神戸新聞ニュースを活用致します)

引用開始→ 屋台が続々宮入 姫路・灘のけんか祭り宵宮 
(神戸新聞ニュース2012/10/14 18:30)


05450305knp20121014
境内で勇壮な練り合わせを披露する(左から)妻鹿、宇佐崎、中村地区の屋台=姫路市白浜町(撮影・斎藤雅志)

「灘のけんか祭り」として知られる松原八幡神社(姫路市白浜町)の秋季例大祭は14日、宵宮を迎えた。金銀で装飾され豪華な刺繍(ししゅう)を施された旧灘7カ村の祭り屋台が地区内を練り歩き、続々と宮入りした。

この日、朝湯に漬かって身を清めた氏子らが、祭り装束で各地区の屋台蔵へ。まずは地元を巡行した後、松原八幡神社を目指した。

「ヨーイヤサー」「ヨッソイ」。締め込み姿の男たちが勇壮な掛け声と太鼓の音を響かせる中、屋台が進んだ。一番乗りの東山地区に続き、木場、松原、八家、妻鹿、宇佐崎、中村の順に境内へ入った。

境内や宮前広場で、屋台が練り合わせると、観衆から大きな拍手と歓声が沸いた。

15日の本宮は舞台をお旅山へと移し、祭りを仕切る「年番」の東山地区が、3基の神輿(みこし)をぶつけ合う「神輿合わせ」を披露。豪快な屋台の練り合わせがある。←引用終わり
Copyright© 2011 神戸新聞社 All Rights Reserved.

|

« 原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ! | トップページ | 平成24年(2012年) 灘のけんか祭り 本宮の一日は豪壮華麗で長かった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原発ゼロで国滅ぶ! アホエじゃなかった大江健三郎は、韓国へ出向き原発反対デモをやれ! | トップページ | 平成24年(2012年) 灘のけんか祭り 本宮の一日は豪壮華麗で長かった! »