« いよいよ「米国大統領選挙」が佳境に、熱狂的な集団ヒステリーを幅広く形成した側が勝利に輝くだろう! | トップページ | 香港の「国家安全維持法」について現実を識ろう! G7も、国際社会も「香港の民主派」切り捨てを突きつけられ何も行動しないのか!? »

2020/08/27

コロナを「指定感染症2類」から外す事は一日も早く! 経済を再生・再建しなければ国も国民も保たない事を正確に知れ!

「コロナ禍」との戦い制圧で、
「コロナ」を「感染症2類」の指定解除へ向かうという・・・・・


一貫して、指摘され求められてきた事だ。
基本は「重症者」「重篤者」のみを収容(入院)措置に振り向ける事が大切だ。
ヒステリーで「医療体制を崩壊」させてしまえば、元も子もないでしょ。
「社会の安全」維持は「国家の安全維持」そのものですから。


この間に喪ったエネルギーを回復しよう!


引用開始→ 新型コロナ「2類相当」見直しへ 首相、28日にも対策パッケージ表明 入院、重症者に特化
(産経新聞 2020.8.26 05:00)

 政府が今秋以降のインフルエンザの流行に備え、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた新たな対策パッケージを策定することが25日、分かった。介護施設の検査強化に乗り出すほか、医療提供体制についても、感染者のうち無症状や軽症者は宿泊施設か自宅療養とする方向で見直すことも検討する。今後、インフルによる発熱患者の増加が予想される中、新型コロナで重症化リスクが高い高齢者などに医療資源を集中させる狙いがある。

 早ければ今月末にも新型コロナ感染症対策本部会合で決定する。安倍晋三首相が記者会見を開き、パッケージの狙いについて説明することも検討している。

 対策パッケージには、病院や保健所など医療従事者だけでなく、介護事業者など高齢者施設の職員に対するPCR検査体制の強化や検査機器の整備拡充などが盛り込まれる見通し。

 新型コロナの感染拡大に関する最新の知見では、陽性反応が出た患者のうち、高齢者や基礎疾患がある人は重症化しやすい一方、40代以下は無症状か軽症の人が多い。ただ、新型コロナは感染症法上の指定感染症に指定され、患者に入院勧告する「2類相当」に位置づけられている。このため医療機関では陽性反応が出た患者は症状が軽くても入院措置となるケースが多い。

 現在は新型コロナ患者向けの病床数は確保できている。だが、インフルの流行期に発熱などを訴える患者が医療機関に殺到すれば、新型コロナの患者の受け入れ可能な病床数が不足したり、新型コロナの集団感染が発生するリスクが高まり、医療現場が混乱するおそれがある。指定感染症の運用のあり方を見直し、高齢者など重症化する可能性が高い患者への治療体制を手厚くしたい考えだ。←引用終わり

加えて、必要な情報提供をせず、然して意味を持たない「感染者数」だけを挙げ騒ぎ立て、情報格差を造り出し利用し、脅し続け「集団ヒステリー」を拡散し続け、本来の行政業務(責任)を果たさず、売名だけに走るタヌキババァことオイケポチャコを踏み付け、タヌキ汁にでもして葬り去ろう!

|

« いよいよ「米国大統領選挙」が佳境に、熱狂的な集団ヒステリーを幅広く形成した側が勝利に輝くだろう! | トップページ | 香港の「国家安全維持法」について現実を識ろう! G7も、国際社会も「香港の民主派」切り捨てを突きつけられ何も行動しないのか!? »