« 「中国」を批判し刃向かう「オーストラリア」を弱体と観て、暴力団と同じく締め上げようと恐喝する! 傲慢で腐ったヤツラだ・・・・・ | トップページ | コロナを「指定感染症2類」から外す事は一日も早く! 経済を再生・再建しなければ国も国民も保たない事を正確に知れ! »

2020/08/26

いよいよ「米国大統領選挙」が佳境に、熱狂的な集団ヒステリーを幅広く形成した側が勝利に輝くだろう!

米国は、大統領選挙も既に佳境のようで、先日、民主党は「バイデン」+「ハリス」を正副大統領候補に党大会で決定し、共和党は、いよいよ現職の「トランプ」+「ペンス」を正副大統領候補に党大会で決定するワケです。


既に「バイデン」は米国の巨大企業を軸に「大増税」を打ち出し、同時に「親中国」姿勢を直隠しにしています。


まぁ、此方は、米国にとり外国人ですから、批評し評論しても投票はできません。ひたすら眺めるだけに過ぎません。


「トランプ」は対中経済戦争を強化し全世界へ戦線を拡大するでしょう。
これは「自由原理社会」と「独裁強制社会」の戦いなので、単なる米国が大統領を選ぶ話題に閉じ込める事じゃナイので。
トランプの選出再選もかなりのリスクですが・・・・・


バイデンを選択するのは、振り子を大きく戻す事になるワケで、ハリスが主張している「白人中間層」の雇用拡大は、経済社会政策を具体的に示さないままなら達成不可だろうが、それに釣り上げられる米国の有権者は不思議な人達です。
対するトランプも「1000万人の雇用創出」を正面に掲げた。
雇用創出の基本は「経済政策」です! 現段階では、トランプが掲げる方に実現に向けた具体性があるように・・・・・・・
いずれにしても、米国社会の混乱は拡大し、再生統合は難しいままだろうと考えますね。


しかしながら「二者択一」以外に選択がないのは、オカシな話だと冷ややかに眺める以外にないのです。
大統領選挙は熱狂を呼ぶために様々な演出や仕掛けがされます。
米国は「多様な価値観」を尊重しようと言いながら、多様な政治的価値観の尊重はないので、それが国家を背負う政治と言うモノだと言われりゃ、それまでなのですが、選択肢がないという意味では「中国」も「米国」も然程変わらないと冷ややかに眺めています。


その、二国に「世界」は振り回されるワケですから、やりきれませんね。


WDCで取材報道する信頼できる知人と意見交換したテーマです。

|

« 「中国」を批判し刃向かう「オーストラリア」を弱体と観て、暴力団と同じく締め上げようと恐喝する! 傲慢で腐ったヤツラだ・・・・・ | トップページ | コロナを「指定感染症2類」から外す事は一日も早く! 経済を再生・再建しなければ国も国民も保たない事を正確に知れ! »