« 香港の「国家安全維持法」について現実を識ろう! G7も、国際社会も「香港の民主派」切り捨てを突きつけられ何も行動しないのか!? | トップページ | 一国の様々な政治権力を統括統御し究極の「政治権力」を握り指揮号令しても「行政機構や組織」は必ずしも万全に機能するワケではない! »

2020/08/28

体調不全で「安倍晋三首相」辞任へ 8/28 夕方の記者会見で表明へ

ここまでよく頑張った!
いくつかの懸案や課題を辛抱強く解決した!
一番の目標に掲げた最大の案件は積み残しとなったが、
それは全ての日本人と日本の政治が向き合い実現しなければならない。

既に、前回とは違い「必要な手立て」は準備されている。
安心して、養生されよ!

呆れ~ェは、反省を込めて尽くせよ!
血祭りに上げられぬよう、国民は見ているゾ!

与党は、団結し全力で目前の危機を突破せよ!


引用開始→ 安倍晋三首相、辞任へ
(産経新聞2020.8.28 14:11)

 安倍晋三首相は28日、辞任する意向を固めた。新型コロナウイルス感染症への対応で、年明けから6月20日まで147日連続で執務するなど激務が続いており、健康状態の悪化が理由とみられる。複数の関係者が明らかにした。

 首相は今月17日、東京・信濃町の慶応大病院に約7時間半滞在し、日帰りで検診を受けた。官邸関係者は「休み明けの体調管理に万全を期すためだ」と強調。病院関係者は、6月13日に首相が受診した人間ドックの「追加検査」だとしたが、健康状態を不安視する声が出ていた。

 首相は平成18年9月に第1次内閣を発足。しかし、持病の潰瘍性大腸炎が悪化し約1年で退陣した。24年12月の第2次内閣発足以降は薬の効果もあり、長期政権を実現。今月24日には連続在職日数で歴代最長の佐藤栄作を抜き1位になった。←引用終わり

引用開始→ 安倍首相が退陣の意向、持病が悪化…記者会見で表明へ (讀賣新聞2020/08/28 14:41)

 安倍首相は持病の悪化を理由に退陣する意向を固めた。28日夕の記者会見で表明する。新型コロナウイルスへの対応が長期化する中、体調に不安を抱えながら難局のかじ取りに当たるのは困難と判断した。第1次内閣を含め、歴代最長を記録した長期政権が幕を閉じる。

 自民党は後継の総裁を選出するが、党内には岸田政調会長や菅官房長官、石破茂元幹事長らを推す声がある。

 首相は持病の潰瘍性大腸炎の悪化を受け、8月17日と24日に東京・信濃町の慶応大病院で診察を受けた。しかし、体調は思わしくなく、退陣を決めた。第1次内閣の2007年9月に退陣した際も潰瘍性大腸炎の悪化が原因だった。

 首相は12年9月の党総裁選で総裁に返り咲くと、同12月の衆院選で民主党に大勝し、第2次内閣を発足させた。大胆な金融緩和を柱とした経済政策「アベノミクス」を推進し、経済・雇用を回復軌道に乗せた。外交・安全保障政策では日米同盟を基軸とし、集団的自衛権の限定行使を認める安全保障法制を整備した。

 党総裁としては衆院選と参院選をあわせて「国政選6連勝」を達成。18年9月の総裁選で石破氏を破り、総裁連続3選を決めた。総裁任期は来年9月まで。←引用終わり

|

« 香港の「国家安全維持法」について現実を識ろう! G7も、国際社会も「香港の民主派」切り捨てを突きつけられ何も行動しないのか!? | トップページ | 一国の様々な政治権力を統括統御し究極の「政治権力」を握り指揮号令しても「行政機構や組織」は必ずしも万全に機能するワケではない! »