« 一生懸命「仕事をするフリ」で一日を過ごす行政職員を何人抱えても「事態」の打開は無理で「不作為」が生む社会的弊害による損失は救いようがない! | トップページ | 「演劇の街は要らない」 世界に名を馳せ、世界でポジションを得ようとする必要などはない! 嗚呼、文化不毛の阿呆利屋が煽り勝ちしたとか »

2021/04/26

国政選挙(参議院広島再選挙・参議院長野補選・北海道2区補選)は既知の事とは言え3連敗で+名古屋市長選挙でも退けられ4戦連敗!菅スガしいか?

既知のこととは言え、現実の壁は厚く高い!
河合が撒き、二階が温め育てしを、安倍が獲ろうとカネを与え、
得票買収の稚拙がバレて大騒動になり、東京地検は河合夫婦に小菅を用意し。
「擦った揉んだ」の末に「裁判にかけられ有罪」と・・・・・


この間に、焦った安倍と菅は、もみ消しを企図し、黒川を最高検察庁の検事長に就ける事をタクラマカン砂漠であったが、さすがにこの企みは検察内部から猛烈な批判を浴び、決定的には昨年この時期に「コロナ禍 緊急事態宣言中」に黒川は、産経と朝日の記者を相手に賭け麻雀をしていたと暴露され、世論を激高させた事を忘れちゃイケナイ。
自民党を再生させるために、再選挙の候補を引き受けた側は、背水の陣で「お詫び選挙戦」を強いられ、惨めなことになった。


もぅ一つ、衆議院北海道2区の補欠選挙は、醜い西川が農水大臣の時に鶏卵事業者から収賄の罪を問われ、得意技の「不整脈入院」と議員辞職の果てで、秋には衆議院総選挙が予定されるため候補者を出さず、素知らぬ顔で過ごしたが・・・・・


さてさて、何れも「二階俊博」の傘の下に腐りヘタレを競い合ったのが、西川であり、河合の夫婦であり、二階の肩を利用した安倍晋三だったワケで。


現在時点で、
「コロナ禍」の最大の癌となっているのが「小池百合子」だが、自民党を離れても「二階俊博」に擦り寄る二階を頼る腐れドモ駄!


二階の選挙区で市議に就いた人物を識るが、
大口で「日本の防衛」「郷土の発展」を掲げるが、防衛は建前で、タックスイーターとして税金を喰らうための郷土の発展=土建の拡充だ。
地元では、二階の行く先、行く所には「ゼニ」が転がっていると・・・・・
従って、それが見え見えの市議は、2回目は落選し取り除かれた。
狭い地域で、取り除くには「勇気」も要るが、選挙では表向き支持を見せながら「投票」はしなかった。
狭い特殊な地域でも、見え見えなので、嫌われるのだ。


従って、呆けヅラの「二階俊博」の長男が鳴り物入りで、市長選挙に立候補し、二階の一派が大臣経験者まで動員され駆けつけ応援したが、大惨敗だった!


ナンで、国賊と言って不思議はない「二階俊博」を自民党は幹事長に担ぎ据えているのか?
現実の自民党の混乱は、その殆どが「二階俊博」の傘の下に集まる、カスの「ゼニゲバ議員」ドモだろうが。
二階俊博の一派は、土木公共事業にタカる「田中角栄」譲りで「小沢一郎」経由の " 土木タカリ " のクズ議員を捨て集めた「ゴミ箱」だろう


引用開始→ 衆参3選挙、自民全敗 菅政権に打撃―「五輪前解散」厳しく
(時事通信 2021年04月26日00時42分)

 菅政権初の国政選挙となった衆院北海道2区、参院長野選挙区の両補欠選挙と参院広島選挙区の再選挙が25日、投開票され、自民党は全敗した。与党は北海道2区で候補擁立を見送り、与野党対決の構図となった長野、広島の両選挙区で立憲民主党などが擁立した候補に苦杯を喫した。
自民、募る地元の党本部不信 立憲、避ける共産前面―衆院北海道2区補選

 与野党は秋までにある衆院選の前哨戦と位置付け、新型コロナウイルス対策などを争点に激しい選挙戦を繰り広げた。就任後初の国政選挙での全敗は菅義偉首相に大きな打撃で、政権運営への影響は必至。首相が7月の東京五輪開幕前の衆院解散に踏み切る余地は一段と狭まりそうだ。共闘が奏功した野党は衆院選へ向け、候補者調整を急ぐ。
 自民の山口泰明選対委員長は党本部で記者団に「残念だ。有権者の審判を厳粛に受け止め、反省を踏まえやっていきたい」と述べた。立憲の福山哲郎幹事長は「半年間の菅内閣に極めて厳しい審判が下された」と語った。

 収賄罪で在宅起訴された吉川貴盛元農林水産相=自民党離党=の議員辞職に伴う北海道2区補選では、立憲元職の松木謙公氏(62)=共産党道委員会、国民民主、社民両党推薦=が無所属新人で元民放アナウンサーの鶴羽佳子氏(53)ら5人を破り、5回目の当選を決めた。
 新型コロナに感染した立憲の羽田雄一郎元国土交通相の死去を受けた長野補選では、立憲新人で羽田氏の実弟の羽田次郎氏(51)=共産、国民、社民各党推薦=が「弔い選挙」を展開。自民新人で元衆院議員の小松裕氏(59)=公明党推薦=ら2人を下した。

 2019年参院選をめぐる買収事件で有罪が確定した河井案里氏=自民離党=の当選無効に伴う広島再選挙は当初、保守地盤が厚い土地柄から与党有利との見方があった。しかし、「政治とカネ」の問題をめぐる与党への有権者の反発は強く、諸派新人でフリーアナウンサーの宮口治子氏(45)=立憲、国民、社民各党推薦=が自民新人で元経済産業省課長補佐の西田英範氏(39)=公明推薦=ら5人を破った。←引用終わり

|

« 一生懸命「仕事をするフリ」で一日を過ごす行政職員を何人抱えても「事態」の打開は無理で「不作為」が生む社会的弊害による損失は救いようがない! | トップページ | 「演劇の街は要らない」 世界に名を馳せ、世界でポジションを得ようとする必要などはない! 嗚呼、文化不毛の阿呆利屋が煽り勝ちしたとか »