« 銀行間の振込手数料を下げる方向へ! ようやくネット利用の個人間少額決済の普及に押され重い腰を上げざるを得ずか!? | トップページ | メディアの外資保有制限超過:「フジ HD」も超過事実がバレバレに »

2021/04/06

素晴らしい天才スイマーが復活へ向け! 世界の頂点を目指し、着実な一歩を!

池江璃花子選手に、日本中が感動した。 世界も感動した!
「天才スイマー」が戻ってきた!
「天才スイマー」は、深刻な病を克服し、東京五輪代表を手に入れた!
復活と活躍は、白血病で苦闘する、多くの患者に希望と勇気を与え!


Congratulation! Get For TOKYO Olympic game / Swimming!


引用開始→「優勝はずっと先と思った」 池江の一問一答―競泳日本選手権
(時事通信2021年04月04日21時49分)

 競泳日本選手権女子100メートルバタフライで優勝し、メドレーリレーの東京五輪代表に決まった池江璃花子との一問一答は次の通り。
【特設】東京五輪・競泳~池江ら代表入りへ~

 ―今の気持ちは。
 気持ちの整理ができていない状況で、これから徐々に実感が湧いてくる感じじゃないかなと思う。
 ―3年ぶりの優勝。
 100メートルで自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていたけど、勝つための練習もしっかりやってきた。
 ―タイムを見て。
 57秒台が出ると思っていなかった。順位が見えた瞬間は驚いた。その後に「あっ、リレーの派遣記録を切ってる」と思ってそこで初めてうれしさというか、いろんな感情がこみ上げた。
 ―57秒77まで縮められたのは。
 最後の踏ん張りがしっかりできたのと、あとは気持ちでここまで来たかなと思う。レース中は他の選手を気にせず泳げた。
 ―2024年パリ五輪が目標だったが、東京五輪代表に。
 バタフライで可能性があるとは思っていなかった。(東京五輪は)いけなくてもいいかという気持ちでもあった。東京を経験して次につなげられたら、いい自信を持ってレースに臨める。←引用終わり

引用開始→ 池江瑠花子の五輪切符に日本骨髄バンクも「感激しました」白血病乗り越え… (デイリースポーツ2021.04.05)

 競泳の池江璃花子(20)が4日に行われた日本選手権で東京五輪の代表切符をもぎ取ったことに、日本骨髄バンクも公式ツイッターで「感激しました」との思いを投稿した。

 池江は19年2月にSNSで白血病を公表。その後、辛い闘病生活を経て同年12月に退院。20年3月に406日ぶりにプールに入ったことを報告すると7月に退院後初めて練習を公開した。

 一歩ずつ病を乗り越えてたどりついた五輪切符。泣きながらインタビューに答えた池江の姿が多く人の胸を打った。

 池江が白血病を公表した際、骨髄バンクにも多くの問い合わせがあった。19年2月の骨髄バンク公式ツイッターでは「たくさんのお問い合わせを頂いております」と反響があったことをつぶやいており、実際に池江と交流があったロックバンドflumpoolの山村隆太が骨髄バンクのドナー登録を行ったことをツイッターで明かしていた。

 池江自身も白血病公表後、発表した文書で「骨髄バンク登録をした」などの声が届いていることに「私だけでなく、同じように辛い思いをしている方達にも、本当に希望を持たせて頂いています」と感謝の言葉を記していた。

 そんな池江の五輪切符。日本骨髄バンクの公式ツイッターは池江のニュースを添付すると「池江さん、感激しました」との思いをつぶやいていた。←引用終わり

引用開始→ 池江の東京五輪内定 IOCバッハ会長が祝福「東京でお会いできるのが待ちきれない」 (デイリースポーツ 2021.04.05)

 女子100メートルバタフライ決勝が行われ、白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20)=ルネサンス=が、57秒77で優勝した。メドレーリレーでの派遣標準記録(57秒92)を突破し、東京五輪代表入りが確実となった。

 池江の涙の復活Vに、国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長も祝福のコメントを発表。「五輪選手は決して諦めません。白血病と診断されてからわずか2年で東京五輪に出場する、がんサバイバーの池江璃花子さん、おめでとうございます。東京でお会いできるのが待ちきれません」と、祝福した。

 池江の復活は世界でも大きな反響を呼んでおり、ライバルのリオ五輪100メートルバタフライ金メダリストのサラ・ショーストロム(スウェーデン)が自身のインスタグラムで、「Amazing(アメイジング)」とハートマーク付きで感動を綴った。

 世界のメディアも速報し、オリンピックの公式ツイッター「彼女はやってのけた!」とつぶやいた。AP通信は「白血病と診断されてからわずか2年で、五輪出場を決めた」、欧州メディアの「RTL」も「2年前に白血病となった池江璃花子が東京五輪のチケットを獲得」と、驚きをもって報じた。←引用終わり

|

« 銀行間の振込手数料を下げる方向へ! ようやくネット利用の個人間少額決済の普及に押され重い腰を上げざるを得ずか!? | トップページ | メディアの外資保有制限超過:「フジ HD」も超過事実がバレバレに »