« 米国の「世界戦略」の基本理念は「米国の利益」の有無と多寡で「米国市民の命の値段」を常にドライに思考し日本や台湾の安全は当事国の責任だ! | トップページ | 日本は、未だ「農業生産社会」で利益を分け合い、慰め合い扶け合い「不運」を受け止め「怒らず」に「井の中の小宇宙」を害なく夢見て「平和」を愉しみ! »

2021/05/19

日本は全固体電池では「トップランナー」だと自慢しているが!? 気が付けば周回遅れのトップランナーだったり・・・・・

EVの普及を決定づけるのは「全固体電池」と言われている。
「全固体電池」のコンパクト化に向けた研究開発が進むと、スマホの使用環境も変われば、再生エネルギー発電と蓄電の関係性が一気に刷新される事は間違いないと考えます。


そして更に改良が進む事で、エネルギー供給蓄積基盤そのものが大変革されるのでしょうね。


水素と固体電池の技術開発が、この先を決めるのかなぁと!?


引用開始→ VW、全固体電池をドイツで生産へ 大量供給見込む
(日本経済新聞 2021年5月15日 0:44更新)

【フランクフルト=深尾幸生】独フォルクスワーゲン(VW)がドイツに次世代電池の「全固体電池」の生産ライン建設を検討していることが明らかになった。VWが出資し合弁を組む米電池開発会社クアンタムスケープが14日に発表した。現在の大型電池工場と同等の20ギガワット時規模の生産能力を持つ考えだ。

クアンタムスケープとVWは年内に合弁会社の全固体電池の試験生産ラインの設置場所を決めることで合意した。VWの電気自動車(EV)用電池の主力拠点がある独ザルツギッターが候補だという。まず1ギガワット時で商業生産を始め、さらに20ギガワット時を追加する。実用化したときに1台あたりの全固体電池の搭載量がどうなるかは不明だが、現在のリチウムイオン電池ならEV約40万台分となる。

VWとクアンタムスケープは24年にも全固体電池の商業生産を始めると公表しており、VWは25年以降に同電池を搭載するEVを発売する方針だ。開発中の全固体電池を使えば、体積あたりの走行距離を3割延ばせ、450キロメートル分を充電するのに必要な時間が12分と現在の約半分になるとしている。VWはクアンタムスケープにこれまで3億ドル(約330億円)以上を出資している。

全固体電池をめぐっては、トヨタ自動車が先行し20年代前半に発売するモデルに搭載すると表明している。独BMWと米フォード・モーターは3日、全固体電池を開発する米スタートアップ、ソリッドパワーへの出資拡大を発表。BMWとフォードはそれぞれ22年に試験用の自動車向け全固体電池を調達する。BMWは25年までに全固体電池を搭載した車両の路上試験を始め、30年までに発売する計画だ。

各社がEVを強化するなかで、消費者にとっては走行距離の短さと充電時間の長さなどが購入への障害になっている。こうした使い勝手を向上させると期待される全固体電池の実用化が現実味を帯びてきている。←引用終わり

|

« 米国の「世界戦略」の基本理念は「米国の利益」の有無と多寡で「米国市民の命の値段」を常にドライに思考し日本や台湾の安全は当事国の責任だ! | トップページ | 日本は、未だ「農業生産社会」で利益を分け合い、慰め合い扶け合い「不運」を受け止め「怒らず」に「井の中の小宇宙」を害なく夢見て「平和」を愉しみ! »