« 皇族が問題を抱えているとされる平民との結婚に嫉妬した世間が勝手に騒ぎたてた4年間だった! | トップページ | いわゆる「反社組織」も生き抜くためにアタマを使い、巧妙で絶妙な民事でチームワークの頭脳プレイでマチバの無知を罠に落とし様々に喰い千切る! »

2021/10/28

アァ、ガッカリの「帝国ホテル」新しい本館 発表されたイメージから受ける素朴な印象 宮殿とは名ばかりの経済合理性の集積にしか見えぬ

新しく整備する「帝国ホテル」
構想をデザインコンペし発表したイメージは、
重厚さも感じられず「アァ、ガッカリ」だけどネ。


明らかに、目的別に集約しようとの意図が、容易く見え見えじゃ、宮殿や塔のイメージには、インペリアルのメンバーとしての感想は、狙いの表現には程遠い印象ですが。


15年後に完成した時に、自らが、使える立場かどうか「クラブステータス」は維持していても、実際は怪しいけれど・・・・・・・


引用開始→ 帝国ホテル東京の新本館、「宮殿」と「塔」を融合した階段状に…田根剛さんがデザイン
(讀賣新聞 2021/10/27 19:44)

Photo_20211028100301

新本館のイメージ Image: Atelier Tsuyoshi Tane Architects(帝国ホテル提供)

 帝国ホテルは27日、2031年度着工、36年度完成を見込む東京・内幸町の「帝国ホテル東京」の新本館について、外観イメージを公表した。米建築家フランク・ロイド・ライト氏が手がけた2代目本館の通称「東洋の宝石」をコンセプトに、「宮殿」と「塔」を融合した階段状のデザインを採用した。

 帝国ホテル東京は1890年に開業。現在の本館は3代目で、1970年に開業した。帝国ホテルは今年3月、隣接するタワー館を含め、総額2000億~2500億円を投じて建て替える計画を発表していた。

 新本館は、国内外の建築家によるコンペを経て、パリを拠点に活動する田根剛氏の案を採用した。内装や客室数などについては今後詰める。記者会見した 定保さだやす 英弥社長は「どこから見ても存在感があり、独自性を体現できる」と述べた。←引用終わり

|

« 皇族が問題を抱えているとされる平民との結婚に嫉妬した世間が勝手に騒ぎたてた4年間だった! | トップページ | いわゆる「反社組織」も生き抜くためにアタマを使い、巧妙で絶妙な民事でチームワークの頭脳プレイでマチバの無知を罠に落とし様々に喰い千切る! »