« アァ、ガッカリの「帝国ホテル」新しい本館 発表されたイメージから受ける素朴な印象 宮殿とは名ばかりの経済合理性の集積にしか見えぬ | トップページ | 「関西スーパー」は阪神地域を中心に日々の「食文化」を支える ”高質食品スーパー” だ! 安価安売りの「オーケー」に喰い千切られてはならない »

2021/10/29

いわゆる「反社組織」も生き抜くためにアタマを使い、巧妙で絶妙な民事でチームワークの頭脳プレイでマチバの無知を罠に落とし様々に喰い千切る!

京都で観た反社傘下の企みと結果そのオドロキ:


長い歴史の古都で繁華な一角に昨秋「天麩羅屋」が出店した。
1年が経過し、お約束どおり目出度く閉鎖・閉店に。


斡旋する不動産屋も店舗設備事業者も設備リース業も店の人材派遣も、反社の意を汲む一声で働くのが周囲を固め、開業時も動員し行列させて人目を引き、目も回る忙しさで、無知の店主をヌカ喜びさせ舞い上がらせ。


基本的にカウンター営業で、オープン・キッチン・スタイルをオペレーションもできない店は、1ヵ月もすれば、目も舌も肥えた都人の口に戸は立てられず。
何処からか呼び寄せた「見習いの小僧」達も、1人去り亦去り行き、遂に店主が1人で総てに対処する事になり、いよいよ万事休すとなりにけり。


この間に、様々な相談を持ちかけたと思われるが、その相手も反社の傘下で、いわば仲間というワケだったのではないかと。
おそらく
「コロナで観光客も来ぃひんし、今が辛抱の時やろなぁ」と言い、
相談に乗るような姿勢は保ち、相談料はシッカリ巻き上げ。


日々の資金手当も窮すため、それには傘下の「マチキン」を斡旋し、いよいよクビが廻らない状況へ追い込み追い立てる。


店主が「店をたたみたい」と言っても、基本の賃貸契約期間内には解約できぬと言い張り、
何やらで少なく見積もっても「5億」はタカリ、シャブリ尽くし、担保は「根抵当」で押さえているため、それを執行し回収する。


「店主」本人へは、借金を全額払うまで「働いて貰う」と、傘下の組織やらナニやらで、スレスレの鉄砲玉で扱き使う。
反社の傘下全体としては、表向きも真っ当な「経済活動」で合法的な「民事行為」に過ぎず、様々な契約文書は着実に保存登記(法務上の権利を確保)しており、対抗が難しい謂わば「合法頭脳プレイ」を積み上げているから難儀な事だろう。


一人の無知が追い込まれたのだなぁと!
(詳しくは記述できないのが残念だが)


これ、大阪の「某反社」が考え出した方法です。
最初は、注目地に「アパレルショップ」を出したいとの
若いヒトが絶えない事に目を付け、空きが出ると、その地の所有者と「傘下の不動産屋」が総合管理契約を交わし、契約料を支払い手に入れ。


それを貸し出すと、立地がヨイので、オバカな若いのが借りに来るワケで、敷金・権利金・家賃・管理費を一括しリース契約し、その上に内外装・設備もリース契約で、オマケにアルバイトの派遣契約やら、税務指導やら、社労士斡旋やら、コンサル契約やら、金融の斡旋やらを仕組むのですが、最初に田舎の両親やらの資産を連帯させ「根抵当」で押さえ登記してしまうのです。


勿論、パートナーの女史も同様に、返済不能事故ある時は連帯し、飲食業に就いて(風俗に身を沈めて)でも弁済する事を最初に約束させ記述(自著)押印させての事で。
まぁ、実に罠は重層的に仕掛けられ合法であり巧妙です。


その方法が、物販よりも飲食の方が出退店の入れ替え回転率が早く儲かると考え、そちらへシフトし全国制覇を目指しているのではないかと。
勿論、早く気付いて、反社組織を逆手にとり、いわゆる「ケツモチ」させ、大儲けする経営者もいますが。


以前の大阪では、注目の場所を確保し、物事の善し悪しを冷静に判断しない若者(と、云っても30~40代だが)の、アパレル志向を逆手にとり、
いわゆる「反社組織」が巧妙に仕組んだ悲劇が連続していたのです。
(多分、いまも)

|

« アァ、ガッカリの「帝国ホテル」新しい本館 発表されたイメージから受ける素朴な印象 宮殿とは名ばかりの経済合理性の集積にしか見えぬ | トップページ | 「関西スーパー」は阪神地域を中心に日々の「食文化」を支える ”高質食品スーパー” だ! 安価安売りの「オーケー」に喰い千切られてはならない »