« 「阪神タイガース」は恒例の「ストーブリーグ」では断トツの王者ですが、冬が寒い今季はシーズン開始前にアホウの矢野燿大は今季限りで監督退任を表明 | トップページ | 「橋下徹と維新の会は、ヒトラー」だと、菅直人がTWへ投稿し、維新の馬場は公党に対する侮辱だと通過儀礼の抗議に出かけるも話は平行線に終始し »

2022/02/03

故・石原慎太郎(元東京都知事)の、ご逝去を悼み、深甚よりお悔やみを申し上げますとともに、御霊の靖らかなることと、ご冥福をお祈り申しあげます。

石原慎太郎(元 東京都知事)のご逝去を慎み、
心より、靖らかなれと、お悔やみを申し上げます。

20220201-1
<生誕の地。神戸新聞社が放った号外>


引用開始→ 石原慎太郎氏が死去、89歳 都知事、運輸相を歴任―芥川賞受賞、保守論客
(時事通信 2022年02月01日20時21分)

 元東京都知事で、運輸相、旧日本維新の会共同代表などを務めた石原慎太郎(いしはら・しんたろう)元衆院議員が1日死去した。89歳だった。神戸市出身。葬儀は近親者のみで実施し、追って「お別れの会」を執り行う予定。

 一橋大法卒。在学中の1956年、若者の無軌道な生き方を描いた「太陽の季節」で芥川賞を受賞。その後、保守の立場からの評論活動を展開するとともに、国会議員、都知事としても活躍し、2015年に旭日大綬章を受章した。

 政界デビューは68年。自民党公認で参院全国区に立候補し、300万票を超える得票でトップ当選を果たした。72年に衆院にくら替えし、75年に辞職して都知事選に出馬したが、現職の故美濃部亮吉氏に敗れた。その後、国政に復帰し、環境庁長官、運輸相を歴任。89年には自民党総裁選に立候補するなど衆院通算8期を務め、95年に再び辞職した。99年に都知事選に再挑戦し初当選。以後、2011年に4選を果たすまで、いずれの知事選でも他候補を圧倒した。

 都知事としてディーゼル車の排ガス規制に取り組んだほか、中小企業支援を目的に「新銀行東京」を設立するなど存在感を示したが、12年10月に突然辞任。当時の橋下徹大阪市長率いる日本維新の会に合流し、同12月の衆院選に比例代表東京ブロックから立候補して当選、17年ぶりに国会に戻った。

 13年1月には橋下氏とともに共同代表となったが、「東京勢」と「大阪勢」の路線対立もあり、同党は分裂。石原氏は次世代の党を結成し、最高顧問に就任したが、14年12月の衆院選で落選し、政界を引退した。

 保守派ながら、米国とは一線を画す立場を取り、現行憲法の破棄と日本の核保有を主張。また、自衛隊式典のあいさつで差別的表現を用いたり、東日本大震災に関連し「天罰」と発言、後に撤回したりするなど、配慮を欠く発言で物議を醸すことも多かった。
 戦後の国民的スターで俳優の故裕次郎氏は実弟。長男は自民党元幹事長の伸晃氏。次男はタレントの良純氏で、三男の宏高氏は同党衆院議員。←引用終わり

引用開始→「既成概念に挑戦」「歯に衣着せぬ」 政界から石原氏悼む声 (時事通信 2022年02月01日21時00分)

 石原慎太郎元東京都知事の死去を受け、政界からは1日、悼む声が相次いだ。
石原氏死去、「寂しい限り」 岸田首相

 自民党の安倍晋三元首相は衆院議員会館で記者団に「大変驚き、本当に残念だ」と惜しんだ。「戦後、形作られた既成概念に挑戦した政治家だった。批判を恐れず言うべきことは言うという姿勢で一貫していた」と故人をたたえた。

 同党の茂木敏充幹事長は党本部で記者団に「威風堂々、歯に衣(きぬ)着せぬ、そして国家観を語る素晴らしい政治家だった」と評価。二階俊博元幹事長は国会内で「世界の近代化のため、新しい感覚、角度で、積極的な発言をなさってきた。われわれも大いに触発されてきた。惜しい政治家を亡くした」と悔やんだ。

 石原氏は旧日本維新の会で共同代表を務めた。維新の松井一郎代表(大阪市長)は大阪市内で記者団に「経験豊富で日本の問題点を熟知している中で、丁寧にご指導いただいて本当に感謝している。親分だった」と振り返った。

 立憲民主党の泉健太代表は国会内で「政界に大きな足跡を残された。心からご冥福をお祈りしたい」と述べた。←引用終わり

|

« 「阪神タイガース」は恒例の「ストーブリーグ」では断トツの王者ですが、冬が寒い今季はシーズン開始前にアホウの矢野燿大は今季限りで監督退任を表明 | トップページ | 「橋下徹と維新の会は、ヒトラー」だと、菅直人がTWへ投稿し、維新の馬場は公党に対する侮辱だと通過儀礼の抗議に出かけるも話は平行線に終始し »